上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
児童ポルノ法、与党・民主党の改定案対照表

民主党案を見るとかなり対象が限定されてきたようですが、まだまだ甘いなというのが正直な感想です。しかし、その中で純粋に評価できる改定案がありました。

第三条
この法律の適用に当たっては国民の権利を不当に侵害しないように留意し、その本来の目的を逸脱して他の目的のためにこれを濫用するようなことはあってはならない。


これはかなり重要な部分だと思います。なぜなら今回の性的好奇心のように突っ込まれた場合、無視して法案を進めることができなくなるからです。(と信じたいです)
たぶん公明党のバックにいらっしゃる方々はこの案に大反対をするか、もしくは逆切れを起こすか、無視を決め込むか、それでも写真や正規に流通された雑誌は虐待行為の一部だと声高く主張することによって目的を逸脱していないことを主張するか、どれかなのではないでしょうか?個人的にはこの第三条でどんなアクションをとってくるか非常に楽しみです。

第七条に民主党案にも【自己の性的好奇心を満たす目的】が書いてありますが、どうやら違うようです。

民主党PTの状況

あとは第二条の定義です。三号は削除されて、二号も

【殊更に】他人が児童の性器等を触り、若しくは児童が他人の性器を触る行為に係る児童の姿態又は殊更に児童の性器等が露出され、若しくは強調されている児童の姿態

とかなり限定されています。性欲を興奮させ又は刺激するものが削除されることによって曖昧な判断で捕まえられる可能性は低くなったと言えるのではないでしょうか?

児童の保護の管轄も、第十五条で厚生労働省と表記されておりますので、より個人的法益を主張することができるようになると思います。

さて対して与党案ではどうでしょう?なんと大変なことが条文として検討されています。

第三条
政府は、漫画、アニメーション、コンピュータを利用して作成された映像、児童であることを装った児童以外の者の姿態を描写した写真等であって児童ポルノに類するもの(次項において「児童ポルノに類する漫画等」という。)と児童の権利を侵害する行為との関連性に関する調査研究を推進するとともに、インターネットを利用した児童ポルノに係る情報の閲覧等を制限するための措置(次項において「インターネットによる閲覧の制限」という。)に関する技術の開発の促進について十分な配慮をするものとする。

2 児童ポルノに類する漫画等の規制及びインターネットによる閲覧の制限については、この法律の施行後三年を目途として、前項の規定する調査研究及び技術の開発の状況等を勘案しつつ検討が加えられ、その結果に基づいて必要な措置が講ぜられるものとする。


なんと付則と言ってたはずが、条文化されているではありませんか。そして一番危惧すべきことは

アニメ、ゲーム、マンガ、そして、18歳以上の方が出演しているAVまでもが対象に入っていることです。

漫画、アニメーション、コンピュータを利用して作成された映像、児童であることを装った児童以外の者の姿態を描写した写真等であって児童ポルノに類するもの

そしてこれらは規定路線で段階ごとに規制されるとはっきり書いてあります。

児童ポルノに類する漫画等の規制及びインターネットによる閲覧の制限については、この法律の施行後三年を目途として、前項の規定する調査研究及び技術の開発の状況等を勘案しつつ検討が加えられ、その結果に基づいて必要な措置が講ぜられるものとする。

つまり三年ごとにこれらの創作物(AVを含めて)段階的に規制されるということです。もはやこれはロリコンや小児性愛だけの問題ではないのです。もうここまでくると国民の権利、表現の自由や思想の自由の侵害だとはっきり主張できると思います。与党、特に公明党は表現の自由、思想の自由を許さない党ということがはっきり致しました。

極論になりますが公明党は男は女を性の対象としてみてはいけないとはっきりと主張しており、それは思想の弾圧、さらに男と女という生物としての仕組み(枠組み?)をも否定することにつながります。もはや常人が取るべき行動を大きく逸脱している公明党に明日はあるのでしょうか?



番外編

子供の表記問題を取り扱ってるサイトです。興味がございましたら読んでみていただければ幸いです。

えっ!「子供」って差別表現だったの!?

古代において、子どもを献上した例はありますか?

「子供」か「子ども」か

子ども教の信者は目をさましましょう


スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mudaken.blog103.fc2.com/tb.php/105-19e2e8e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アニメーション をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると…
2008/06/07(土) 02:35  気になるワードを詳しく検索!
コメント

おろかな法案と思います

この法案の感想を、以下のページに書きました。
http://like700.hp.infoseek.co.jp/42.html#manga

 小説(アニメーション)内で殺人事件(強姦事件)があったので、
「この小説の殺人事件(強姦事件)で誰かを逮捕しないといけない思う義憤にかられたが、どうしたら良いか分からない」
と困惑したので、

「小説(アニメーション)自体が無ければ自分はいやな思いをしなかった」
と気づいたので、

「この小説(アニメーション)の事件に対して、政府は良く考えて小説(アニメーション)を滅ぼす方法を考え、その結果に基づいて必ず犯人(アニメーション作品)を逮捕するために必要な措置が講ぜられるものとする。」

というような法案を作っているように思います。
2008/06/08(日) 21:44 ランナー URL [編集]

ランナーさん こんばんは。

まさしく本音はそこですね。

創作物を悪だと認識しているので、なんとかその要因を取り除きたい。しかし日本には、表現の自由、思想の自由があり、なかなか手が出せない。だったら児童ポルノ法案を利用して創作物を規制すればいい。しかし創作物にも人権があるという主張は論破されてしまったから(当たり前だ)

1、創作物が犯罪を助長する

2、創作物が結果的に児童を傷つけていることにつながる

3、18以上の方が児童を演じることによって、結果的に児童を傷つけていることにつながる

この要件でなんとか世論を味方に付けよう

ということだと思います。

付則を見たところ、1を主張しているみたいですが、推進派の団体はおかまいなしに2、3 を主張していますね。2、3、ははっきり申し上げて説得力に欠けるものがあります。

しかし今回の法案どうなるか分からないですが、もしこのまま成立するようであれば、2、3 の要件でも成立する可能性は多いにあるということです。なぜかというと、反対派が主張する矛盾点を、公明党だけで押し切ってる構図が見えるからです。誰も暴走を止められない、これは民主主義に反するものです。さすがにこれに対して正論で反対するのは無意味ではないかと思うわけです。ですから業界関係者もさすがに常識では考えられないだろうという認識をはやく捨てて頂かないとこういう動きに対応できないと思われます。

今回も引用して頂き、ありがとうございます。

最近、更新が少し遅くなってまして最新の情報をお届けできておりません。申し訳ありませんが、私事都合とご理解下さい。
2008/06/11(水) 23:44 mudan URL [編集]

ポルノは児童への性犯罪を少なくするらしい

おはようございます。

>1、創作物が犯罪を助長する

児童ポルノ規制問題を勉強中のランナーです。

何と、アメリカの大統領命令で、この問題をアメリカの大統領委員会が
心理学者とスタッフを動員して数年かけて緻密に調査して
結論を出していたようです。

「凶悪性犯罪をポルノは予防できないが、
ポルノは児童への性犯罪を予防する明きらかな証拠があった。」

そうです。
2008/06/15(日) 06:51 ランナー URL [編集]

ポルノは児童への性犯罪を少なくするらしい

追伸:
「ポルノは児童への性犯罪を予防する明きらかな証拠があった。」
ことが記載されている箇所を以下のページにコピーしておきました。
http://like700.hp.infoseek.co.jp/42.html#sinrigaku
2008/06/15(日) 06:54 ランナー URL [編集]

ランナーさん、情報ありがとうございます。

どこかでこういうことを聞いたことがございまして、記憶もおぼろげだったのですが、実際にまとめて下さったみたいで、ありがたい限りです。

しかしながら、ポルノが児童への性犯罪を少なくするという論、又は調査結果には、慎重に発言する必要があります。

ポルノというのも一種の創作物に含まれますが、もしそのまま、ポルノ(創作物)が児童の性犯罪を抑制していると主張すれば、それは創作物そのものが現実世界に影響を及ぼしていると確認できることになります。

ここでのポイントは、【創作物が現実世界において影響を及ぼしている】という点にあります。

秋葉原では無残な事件が起こってしまいましたが、一部のマスコミでは創作物が犯人の人生を変えてしまったかのごとく報道されています。また、円より子議員の請願騒動でも、美少女アダルトゲームソフトが青少年の人格を変化させたというものがありました。

これらに共通するものも又、【創作物が現実世界において影響を及ぼしている】という点にあるのです。

私が考えるあたり、これでは推進派にエサを与えることになりかねないと危惧するわけです。

この研究結果では、ポルノが解禁になったデンマークにおいて

1、幼児への性的な悪ふざけのような性犯罪は年々めだって減少した

2、ポルノに刺激されて性犯罪が増えたと言う事実は、まったく認められなかった。

と書いております。

1では年々めだって減少したとありますので、【創作物が現実世界において影響を及ぼしている】ということになります。

2では性犯罪が増えた事実は認められないということですので、、【創作物が現実世界において影響を及ぼしていない】ことになります。

ですので、推進派あるいは中立派や議員さんにアピールするには、2を主張したほうが効率がいいわけです。

またこのことはROSFという性的空想を守る団体が主張しています。

よって、この調査結果から主張するのならば、【創作物が現実世界において影響を及ぼしていない】ことをより強く主張するべきなのではないかと私は思っています。

ただランナーさんのHPにおいてはこういう資料があるということで載せておいても支障はないと思われます。

今回も貴重な情報どうもありがとうございました。またなにかあればよろしくお願いします。

しかし悪魔教の推進者だけあって、ニクソン大統領の行動はなかなか面白いものがありますね(笑)
2008/06/16(月) 02:35 mudan URL [編集]

ちょっと訂正します

>2を主張したほうが効率がいいわけです

というのは、少し誤解をうみかねないので少し訂正します。

環境犯罪誘因説(強力効果論ともいう)というものがありますが、これは現在では否定されていますので、そういう観点から、、【創作物が現実世界において影響を及ぼしていない】のことを主張すればいいということです。

あと、ROSFという団体がこれと同じようなことを主張してたかどうかはちょっと不明です。でもたぶんどこかで見た記憶がありますので、少し内容が違うかもしれませんが、主張していたんだと思います。
2008/06/16(月) 02:49 mudan URL [編集]

限定効果論

おはようございます。

>環境犯罪誘因説(強力効果論ともいう)というものがありますが、
>これは現在では否定されています

Wikipediaで「環境犯罪誘因説」を調べたら、
「現在に於いて同説は、犯罪行為の全てが、単純に環境によってのみ影響されるものではなく、
当人に内在する性格的な問題(人格障害など)により強く関連するものとする限定効果論によって否定されている。」
と書いてありました。

本件、了解しました。
性犯罪者の数(犯罪を犯す性格)はポルノによっては作られないことがわかりました。

ただし、性犯罪を犯す犯人の割合は変わらないが、
犯罪の実施は、ポルノを見る代償満足によって、
リアル世界での犯罪件数が減らせるとは思います。
(特に、児童に対する性的虐待を行う犯人には、
ポルノを見ることによる代償満足効果が
児童への犯罪の抑制に顕著な効果があるようです。)
2008/06/21(土) 07:30 ランナー URL [編集]

ランナーさん コメント有難うございます。

たぶんランナーさんなら分かっていらっしゃると思いますが、いちよう申し上げておこうと思います。

まず私はランナーさんのご紹介していただいた記事が間違ってるとは思っていませんし、ましてやそういう調査結果に対して批判を申し上げているわけでもありません。ですからランナーさんがおっしゃっている

>ただし、性犯罪を犯す犯人の割合は変わらないが、
犯罪の実施は、ポルノを見る代償満足によって、
リアル世界での犯罪件数が減らせるとは思います。

このことは、私としても支持できる意見だと思っています。

ただ、いわゆる規制推進派に対する【対抗戦略】という意味においては悪用される危険性がありますので、ご指摘させていただいたまでです。

以前私は、小売業(売買系)を営んでいたことがございました。そこは赤字を抱えている所でした。

赤字は節約して(人件費や必要経費等)無くすものだという方法もあるにはありますが、でもそれだけだと出て行くお金は少なくすることはできますが、入ってくるお金を増やすことは期待できません。ここではブックオフのようなシステムでも考えたいところですが、基本的にはお客さんを増やさないと収入は得られなくなります。

ここでお客さんを増やすにはどうすればいいのかという話になりますが、すぐに結果をださなければいけない以上、ノンビリと構えていくことはできません。だとすればお客さんの心情といいますか、思考を素早く読み取らなければいけません。このお店にはどういう人が来て、どういう品物を買っているのか?、又は、好んでいるのか?ライバル他店舗にはどういう人が集まっていて、自分の店舗にいないタイプの人はどれぐらいいるのか?基本的に店舗の構えている地域以上の絶対数(ここでは自分の店舗で売っている商品、同じような商品を取り扱ってる他店舗、を買っている、又は、好んでいる人という意味)は決まっているので(今はインターネットという裏業がありますが、しかし今の市場価値はインターネットが上といっても過言ではありません)基本的に他店舗のお客さんの取り合いになります。そういう意味において、他店舗の研究をして、そのお客さんがどういう心情で他店舗の商品を買っているのか、そういうお客さんたちを理解したうえで自分の店舗にはなにが足りないのかということを絶えず考えていかなくてはいけません。

どの店舗でもある程度リピーターはいらっしゃいます。しかし目的は大勢の新規のお客さんをリピーターにするのが目的ですので、いろんなタイプのお客さんの思考を読み取らないといけなくなるワケです。

私は、今回の件でもこれと同じようなことがいえるのだと確信しております。

民主主義という名目上、少数の意見でも聞くのが民主主義です。しかし、最終決定では多数決をとりますので、言ってみればどれだけ味方を増やすのかが目標となります。

その為にはこちらも戦略を練る必要があります。しかし戦略を練るためには相手の思考を読み取らなければいけません。失礼にあたりますが、相手がどの程度の思考をお持ちで、どういう狙いで意見を述べているかを知る必要があります。

味方につけるのも同様で、どういう意見が好まれるのか(もちろんすべて事実でなくてはいけません)たとえば法律の性格上、相手の矛盾点を指摘するだけでも味方となってくれる人はいるかもしれません。

しかしこれは相手にも同じことが言えるわけです。つまり、今回のポルノによって、児童の性犯罪が少なくなるというのは、漫画等の影響を人が受けて犯罪を起こすことと言ってることが同義だと指摘することもできるのだということです。

もちろん私たちはそんなことはありえないと思っています。しかしよく事情がよく分かっていない人達はどう思うでしょうか?特に女性たちには(全てではありません)ポルノが児童の性犯罪を抑制すると言っても、果たして信じてくれる人がいるでしょうか? たとえ研究結果を見せたとしても

「でもそれがポルノを見せる理由にはならない、少なくても私はそう思います」

「でもそんな社会は不健全だから取り締まればいい」

等の意見がでることでしょう。ここで分かることはたとえそれが事実だとしてもこういう方たちは否定するということです。

この法案は反対するとロリコンのレッテルを貼られます。これは推進派が戦略として利用している一手でもあります。だからこそ私たちは一切の矛盾点も許されないのです。

これらのことは私個人の考えです。ただ、女性の意見が少ないのはこういう側面も持っているからだと思われます。 まわりに児童ポルノ法のことを話しても理解してもらえなかったというのはよく聞きます。そういう方の中に女性と話してる方もいらっしゃるかと思いますが、普通女性に向かって「ポルノを見ることによって児童の性犯罪を抑制する効果がある」といってどういう反応がかえってくるでしょう。まずいい返事をもらった方はいらっしゃらないと思います。

誤解してほしくないのは、私自身も【児童に対する性的虐待を行う犯人には、
ポルノを見ることによる代償満足効果が児童への犯罪の抑制に効果がある】とは思っています。ただその場合、その犯人は、児童限定で興味のある犯人ではないと思っています。基本的に児童をそういう対象で見る人は成人女性においてなんらかの恐れを抱いており、成人女性が出演するポルノは見るのもイヤなはずです。また児童をそういう対象で見ている人はすべてが性行為を望んでいるとも思えません。それは山本弘氏の記事を見て思ったことです。

日本の社会の風潮はマスコミによって決まっています。公務員が動くのも国会議員が動くのも世論を作り出すのもマスコミです。児童ポルノ法もマスコミの報道が一般人の思考だと思ってもらってもかまわないと思います。そう思った上で戦略を練ったほうがいいのではないかと思っています。

最後に、もし【児童に対する性的虐待を行う犯人には、ポルノを見ることによる代償満足効果が児童への犯罪の抑制に効果がある】という風潮が日本に広がった時は、この調査結果を前面に出して批判するべきではないかと思います。
2008/06/22(日) 03:56 mudan URL [編集]

単純所持規制法に反対する理由

>ただ、女性の意見が少ないのはこういう側面も持っているからだと思われます。
>まわりに児童ポルノ法のことを話しても理解してもらえなかったというのはよく聞きます。

本件、了解しました。
私も、「児童ポルノ規制法案」に反対していると言うよりは、
「単純所持規制法案」に反対していると言う方が言い易いです。

また、「児童への性犯罪抑制効果があるからポルノを規制すべきでは無い」と言うよりは、
「家で子供をお風呂に入れるのを児童の性虐待と定義する法案に反対しています」と言う方が言い易いです。

そして、本気で反対する理由は、
「単純所持規制法案により、自分のパソコンの中身が覗かれるようになって、
しかも、そのパソコンに書いた私自身の内面の吐露や日記の内容を見られるのがガマンできない。
また、パソコンに記録した、銀行口座の暗証番号を他人に見られるようになるのがガマンできない」からです。
2008/06/22(日) 14:55 ランナー URL [編集]

児童ポルノ法による冤罪

追伸:

>まわりに児童ポルノ法のことを話しても理解してもらえなかったというのはよく聞きます。

こういう状況であると聞きましたので、
児童ポルノ規制法による、実際にあった冤罪事件を掲載しました。
http://like700.hp.infoseek.co.jp/42.html#star
に掲載しましたので、参考にしてください。
2008/06/27(金) 21:53 ランナー URL [編集]

ランナーさん 1週間ぶりです。

ランナーさんにおいては、こまめに当ブログを見て頂いて本当にありがとうございます。

拝見しました。

前に冤罪では効果が薄いと言ったことがありましたが、実際にあった冤罪事件を書き連ねるだけでも実はかなり効果があったりします。

このことは、少年犯罪データベースさんですでに実証済みです。

ということで、ランナーさんのホームページもすでにお気に入りに登録しておりますので、これから多いに活用させて、かつ、参考にさせて頂こうかなと思っております。(あと、リンクにも入れておきます)

冤罪事件を集めるのは骨がいる作業だとは思いますが、数があればおいそれとは賛成できないはずです。

ところでこの話、私にもけっこう耳がいたい話です(^^; とりあえず今後の課題としておきます。
2008/06/28(土) 13:50 mudan URL [編集]







非公開コメント
応援よろしくお願いします!
 
プロフィール
 

mudan

Author:mudan
元販売業のはず。なんの知識もなかったはずだが、なぜか店長をまかされるにまで至る。

とある事情があって業界から引退したはずだったが、本業とは別にその後もこっそりと知人の事業に関わったりしているようだ。

最近は冷却期間をおいたこともあって、また業界に返り咲こうと画策している。

野球が好き。

座右の銘は ”思い立ったが吉日”


どうも個人的なサイトではなくなってきたような気がするので、責任感を持たせる為にプロフィールを今までよりも少しだけ情報公開してみました。

当サイトはリンクフリーです。

YAHOO! ニュース
 
ココロ
 
ブログ内検索
 
ためになるリンク集
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。