上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »

このエントリーでは毎日新聞英語版サイトWaiWaiの根拠のない捏造記事、ユニセフのマッチポンプ疑惑等を取り扱っているサイトやニュース等をご紹介していこうと思っています。ただし紹介する情報に対して信憑性を補償するものではありませんので、最終的にみなさまで判断していただきたく思います。なおこのエントリーは情報を見つけ次第随時更新していく予定です。

毎日新聞捏造記事のこまかな説明や、常に最新情報が知りたい方は以下のサイトがおすすめです。

毎日新聞の英語版サイトがひどすぎる まとめ@wiki

毎日新聞問題の情報集積wiki

毎日新聞おりこみ広告出稿企業不買リスト@既婚女性板

 New  Зона  New  
毎日デイリーニューズ・変態記事配信問題

--------------------------------------------------

J-CASTニュース

毎日新聞英語版サイト 「変態ニュース」を世界発信

毎日新聞英語版 「変態ニュース」コーナー閉鎖

 >毎日新聞社はJ-CASTニュースに対し、批判を受けてこれらの問題記事を削除したことを明らかにしたが、2008年6月20日の時点で「WaiWai」のコーナーでは記事配信を継続していた。また、問題となった記事を書いた外国人記者の署名入り記事も引き続き掲載されていた。   

「低俗過ぎる記事」で毎日新聞が謝罪 関係者を処分

「変態」記事に漫画家が抗議 毎日側の対応にネットで批判

> J-CASTニュースは毎日新聞に対し、「ブログに書くな」と言った理由について取材を申し込んでいるが、まだコメントはきていない。


朝日新聞

毎日新聞英文サイト英訳コーナー廃止 「低俗」批判受け

>毎日新聞社は、同社の英文サイト「毎日デイリーニューズ」のコーナー「WaiWai」に掲載した雑誌などの英訳記事に「低俗すぎる」「日本をおとしめた」などの批判があったため、21日に同コーナーを廃止した。

不適切な英訳記事問題で担当記者らを処分 毎日新聞社

>毎日新聞社は27日、同社の英文サイト「毎日デイリーニューズ」のコラム「WaiWai」に不適切な英訳記事が掲載された問題で、担当の英文毎日編集部記者を同日付で懲戒休職3カ月とするなど5人の処分を発表した。


読売新聞

みだらな表現に抗議受け、毎日新聞が英文サイト一部閉鎖

>毎日新聞社は24日、英文サイト「毎日デイリーニューズ」上に設けていた英文記事のコーナーについて、「内容が不適切だった」として閉鎖し、監督責任者の同社デジタルメディア局長と担当部長、コーナーを担当した嘱託記者の計数人を処分することを明らかにした。

>担当記者は、1997年から特別嘱託記者として同社に勤務。WaiWaiは2001年に設けられ、この記者はごく初期からかかわっていたという。

不適切サイト問題で毎日新聞社長ら処分、担当記者は休職3か月

>このほか、監督責任を問い、当時の担当役員だった朝比奈豊社長を役員報酬返上10%1か月、長谷川篤・取締役デジタルメディア担当を同20%1か月、磯野彰彦・デジタルメディア局長を役職停止1か月、高橋弘司・英文毎日編集部長を同2か月の懲戒処分とした。


産経新聞

毎日新聞が英文サイト閉鎖 「低俗過ぎる」と批判300件

英語版サイトに「低俗」な日本紹介記事を掲載 毎日新聞がおわび

>■「WaiWai」は毎月40万近いページビュー

 この問題を取り扱った大手ポータルサイト「ヤフー」の記事には、読者から1万3000件以上のコメントが殺到。「目茶苦茶かつ卑猥な内容の記事を公然と掲載していた毎日新聞の責任は重い」「なぜ影響力の大きい日本の新聞社が海外に対して国を貶(おとし)めるような記事を配信するのか」などと、報道機関としての品位を問う声が相次いだ。

 毎日新聞社によると、「Mainichi Daily News」の月間ページビューは260万にもおよび、そのうち「WaiWai」が15%前後を占める。「2ちゃんねる」上では、「(外国人の社員から)ここからの変態記事を引っ張り出してきてよくからかわれたものだ。新聞記事だから嘘じゃないだろって(言われ)しまいに否定するのも面倒くさくなってきた」と嘆く書き込みもみられた。海外から見た日本人のイメージに、少なからぬ影響を与えたのは間違いなさそうだ。


毎日新聞

毎日新聞社:「WaiWai」問題で処分

>インターネット上には、今回の処分とは全く関係のない複数の女性記者、社員個人の人格を著しく誹謗(ひぼう)・中傷する映像や書き込みが相次いでいる。毎日新聞はこうした名誉を棄損するなど明らかな違法行為に対しては、法的措置を取る方針でいる。


共同通信

毎日が英文サイト一部閉鎖 「低俗」と抗議3百件

毎日英文サイトの記者停職 社長ら4人も処分


痛いニュース

「日本の母親、息子の勉強前に性処理」「日本の女子高生、食物でセックス依存症に」…毎日新聞、“変態ニュース”を5年に渡り世界発信→批判受け削除

>「『ネット君臨』も書いている通り、ネットによって『一度つけられた傷は簡単には回復しない』(P76)のだ。日本国全体につけられた汚名に対し、いったい毎日新聞はどのような責任を取るつもりなのだろう」

【毎日新聞・変態報道】 担当者の処分決定!現社長は役員報酬1ヶ月の10%返上、コラム担当記者は懲戒休職3ヶ月など

【毎日新聞】 「ネット上で無関係の社員を中傷する書き込みに対し、名誉棄損で法的措置を取る」…“変態報道・謝罪記事”に追記


IT Media News

毎日新聞「低俗過ぎ」英文記事問題で余波 “引用元”釈明、「hentai」メタタグも


日刊サイゾー

毎日新聞が引用したとされる『サイゾー』記事について


deco★decocool

なにそれ!◆ 毎日新聞英語版サイト 「変態ニュース」を世界発信

>いや私も直接問い合わせたんだけど、記者の名前とかそういうのは直接明かせないので連絡先を聞いた上で必要なら責任者から連絡しますとか言われました。
そうですか明かせませんか。
「御社記事に取り上げられたメイド漫画の作者ですが」言うたら、電話連絡してくることになったけど、かかってくるのかな。かな。

>ほんとだよ!
個人のサイトさんで取り上げて下さるぶんには、どう書かれても別に有り難いことと受け止めてるんだけど、「新聞」ってついただけで信じるアレな人だっていっぱいいるんだから!
HENTAI漫画描くんなら最初からHENTAI漫画いうて描くってば!

>先方様は「でこくーる一個人の損害」という卑小な形に話を落としたいようでしたが、問題は約一年前に掲載削除された記事でありながら、「緊急措置として削除という形を取ったし、それで終わらせるつもりはない」と仰る姿勢です。一年あったらこんな祭り状態になる前に何らかの行動は起こせたかと思うのですが。

全部『サイゾー』さんからの引用ということにしている「パールハーバーと南京大虐殺の後継である政府省庁」という表現ですが、私はこの表現は今回初めて目にしましたし、個人ブログから各マスコミ媒体までを通観しても、仮にも「新聞社」の名前でこうした今でも議論の最中にあるような内容に関する、扇情的な表現を殊更選択使用するのはいかがなものかと思います。
防衛省さんに正式に謝罪があってもいい表現だと思います。しかも海外に向けて発信しちゃったわけだし。

何より、記事タイトル自体が「防衛省の『ロリータ』漫画キャラクターでその内実が明らかに」との、どこの引用でもないコピーなので、言い逃れはできないのではないかと思うのですが。

んで、単なる漫画家個人のブログなのに「これはあくまでここの部署の問題で、毎日新聞社全体の問題ではないので、ブログに書くな」と強調しているあたりの変な慎重さ(?)がまたすごく馬脚感満点です。

二階堂ドットコム

毎日新聞は朝日か創価学会に吸収されちゃいなさい。

>毎日新聞の低俗英語サイト問題、ネットでの怒りはいまも冷めず

 毎日新聞の英語版サイトの1コーナー「WaiWai」がネットユーザーの皆さんから批判を浴びた一件。

>当欄では19日に扱ってからネット上に問題が広まり、21日にはWaiWaiが閉鎖となってしまった。 低俗すぎる内容の記事をそのまま信じた外国人が、日本人女性に狼藉をはたらいた、などという書き込みも2ちゃんねるにはあった。また、ネタ元にされた雑誌「日刊サイゾー」の報告にもあるとおり、 翻訳するなかで表現を大げさにねじ曲げ、元ネタとはまるで様相の違うテキストに改変されていたらしい。 さらに、責任者に当たる毎日新聞の重役の皆さんが、25日付で昇格する人事も発表されていたこともあって、 ネットでは怒りがまだまだ収まらないのが現状だ。



>372 名前:可愛い奥様[] 投稿日:2008/06/25(水) 00:37:05 ID:RmTb16850
シーファーが日本を児童ポルノ大国呼ばわりした原因は、毎日新聞英語版でやった捏造記事が原因らしい
>http://society6.2ch.net/test/read.cgi/giin/1206967952/599-601

日本ユニセフがこの問題を重大視しないのは、彼らも毎日新聞と手を組んでいたから
毎日新聞の捏造記事で外圧を仕掛け、そ知らぬ顔をして自分達がキャンペーンをしかけるという典型的なマッチポンプってわけ
児童ポルノ禁止法問題は日本ユニセフと毎日新聞の典型的な自作自演だったんだよ
知らぬは国会議員だけってわけね

441 名前:可愛い奥様[] 投稿日:2008/06/25(水) 01:07:24 ID:RmTb16850
>>417
日本ユニセフが毎日新聞を不問にしてるのがまさにその証拠
それにシーファーの「日本が児童ポルノ大国」発言も根拠が無くて、どうしてそういう発言が飛び出したのか今まで不明だったけど、
日本三大新聞のうちの一つが公然とこういう事をやってたなら納得もの
新聞に書いてあるなら事実だろう、と思われても仕方ないしね

だいたい毎日はこんなもみ消し工作までやってるし
”HENTAI”も含んでいたというMETAタグも削除してる

545 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/06/25(水) 01:40:20 ID:p6q1MDxG0
誘導とか思われるのも何なので、たとえば一つ

本家ユニセフが日本ユニセフの支持を表明
ttp://www.unicef.or.jp/special/0705/cyberporn06.html

日本ユニセフが出した「日本は児童ポルノ大国」と言う
でたらめな主張を本家ユニセフは支持しているのです。
(日ユニの主張は今回の毎日の記事と同じく愚劣な虚構です)
両者の立場(主張)って実はそんなに相違はありません。


せと弘幸Blog『日本よ何処へ』

毎日新聞英語版「変態ニュース」騒動!


博士の独り言

毎日「英語サイト」一考


Mozu@の囀

毎日新聞英語版は誰にハックされているのか



電凸結果まとめ

>●知らぬ存ぜぬ、無回答
読売新聞、大塚製薬、日本マクドナルド、クラブツーリズム、トヨタ、
週刊女性(主婦と生活社)、Mozilla Japan、KDDI au
万有製薬(AGA)、TBS、日本ユニセフ協会、任天堂、
防衛省、日本新聞協会


児童ポルノ法規制推進議員には二度と投票しません!

>608 :無党派さん:2008/06/25(水) 01:54:07 ID:c9W0GAcT
日本ユニセフがさっそく尻尾を出したw

227 :転載1:2008/06/24(火) 23:49:11 ID:M7gs16cu0
634 名前:名無しさん@全板トナメ参戦中[] 投稿日:2008/06/24(火) 23:47:19 ID:s7pnBzYz0
日本ユニセフ協会からのメール返信が来ていたので晒してみる。
http://www.unicef.or.jp/top2.html

○○ ○○ 様
はじめまして。
日本ユニセフ協会 個人・企業事業部の△△と申します。
この度の新聞広告での募金キャンペーンを担当しているものでございます。
今般○○様より、情報のご提供とお問い合わせのメールを頂戴し、深くお礼申し上げます。
掲載させていただいた広告に関して、ご意見やご指摘、ご質問等をいただけることは、当方にとって大変有り難いことでございます。
ユニセフの掲げる理念の中に、「中立性」と「子ども最優先」というものがございます。
これは文字通り、政治・宗教・文化等の面においてユニセフは中立性を保ち、かつあらゆる面(政治・宗教・文化含む)において、まず子どもの権利を最優先に考える、ということでございます。
この原則により、当協会は子どもの権利が侵害されない限りは、新聞社がどのような主義主張を持とうとも、子どもの権利の進展、ユニセフ活動の広報・普及に貢献するものであれば、出来る限り多くの新聞社と協力関係を持たせていただきたいと思っております。



609 :無党派さん:2008/06/25(水) 01:54:31 ID:c9W0GAcT
229 :転載2:2008/06/24(火) 23:49:30 ID:M7gs16cu0
ご指摘の英字配信については、私どもも記事の適切性について疑問を持ちました。
但し、毎日新聞社は批判を謙虚に受け止め、記事を削除した、との情報もございました。
記事の適切性には疑問を感じますが、子どもの権利を侵害するまでのものであるという断定はできず、また新聞社も記事を削除したことを総合的に鑑み、当方として本件について特にアクションを起こす必要性を現在は感じておりません。
今後の広告掲載については、事態がエスカレートし、同新聞への広告掲載が、子どもの権利に対して、またユニセフの活動に対して悪影響を及ぼすことになれば、掲載について再検討する必要が生じるかもしれません。そのような事態にならなければ、引き続き、ユニセフ活動の広報・普及のために有用な広告掲出先の一つとして、選択肢に入れさせていただきたいと思っております。
何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
末筆ではございますが、○○様のご健勝をお祈り申し上げます。
財団法人日本ユニセフ協会
個人・企業事業部 
△△ △△


自動ニュース作成

毎日新聞「低俗過ぎ」英文記事問題で余波 “引用元”釈明、「hentai」メタタグも

>毎日の別特集と似てる日本ユニセフ(アグネスの方)が出した「日本は児童ポルノ大国」て主張を本家ユニセフも認めちゃってて◇、今まで根拠が謎だったシーファーによる日本児童ポルノ大国呼ばわりも、三大新聞と言われてる毎日がこんな記事出してた事に寄るんじゃないかとか、色々火種が転がってる。徹底的に追った方が良さげ。


探偵ファイル

毎日新聞・変態記事で謝罪&関係者処分も

>現在、下記のようなコピペも貼られている。

>日本ユニセフがこの問題を重大視しないのは、彼らも毎日新聞と手を組んでいたから
毎日新聞の捏造記事で外圧を仕掛け、そ知らぬ顔をして自分達がキャンペーンをしかけるという典型的なマッチポンプってわけ。


【報道されない真実12】毎日新聞変態ニュース事件における各広告企業の対応の差!!

>日本人女性へのイメージが定着してしまったかもしれん。一度ついたイメージは解消されるのは難しいぞ。

>チェックが甘かったでは済まされない。きちんと日本国民に対して過去数年にわたって延々と日本が誤解される卑猥な記事を発信してしまう事になったのか記者会見で説明するべきだ!

>毎日新聞及びスポンサー会社で働く女性の方へ。社員としてではなく、まず一人の女性として この事件を考えてください。あなた自身を侮辱している会社で働きたいのですか?

>この記事信じた外国人が日本女性を襲ってる事実もあるんじゃないのか?  


ネットゲリラ 

毎日新聞にはカンガルーの記者がいる

変態毎日vs便所の落書き+蛆虫


義によりて勇を馳せる、保守派へ

毎日新聞英語サイト、未だに偏向中!!!

>『sex slave』と入れて、検索したら、思ったとおり、出てきた。

『NHK cleared of breaking law over changed angle in sex slave program』
mdn.mainichi.jp/national/news/20080613p2a00m0na009000c.html
なんと、慰安婦を『sex slave』としているのである。

当たり前の事だが、『慰安婦』を英訳する場合、われわれは、『comfort wormen』と呼ぶべきであり、一部の反日活動家が使う、『sex slave』を安易に使うべきではない。

ちなみに、これに対する毎日新聞の読者対応室(?)は、「英語は何通りにも訳す事ができ、『sex slave』を性奴隷と訳すのは、誤訳だと」
これに対し、Mainishi Daily News編集長は、『いや、えー』と口を濁し、同様の指摘(慰安婦を『sex slave』と訳す事)が何件もあったことをあかした。

見えてきた、毎日新聞変態報道問題


止めろ!規制社会・監視国家ブログ版

毎日新聞英語版の変態的捏造ニュースについて

>んで、その記事によると防衛省発行の児童性愛者向けキャラ《ピクルス王子とパセリちゃん》なるロリータ漫画とは、これのことなんだそうです。(詳細はリンク先にて)

>“日本では幼稚園児の売春婦も珍しくない”
>“日本の漁師は例外なく海でマンタとセックスをしている”
>“幼児ポルノの販売とその売人が日本の街を占領”
>“日本では風俗寿司店が流行中、40分2人前ペロリ”
>“日本の主婦の間ではコインシャワーで売春がトレンド”
>“六本木のレストランで日本人は食材の生きたブタを獣姦してから調理”

>こんな酸鼻極まりない俗悪ニュースを、毎日新聞海外版は、全世界に向け、“大手新聞社の信憑性の高い真実”として(日本でいう朝日新聞とか産経新聞とか中日新聞とかのお堅い新聞社のヘッドラインと同等記事として)、10年間も!世界に垂れ流し続けてた!?!?!? は?????

 じゃあ、海外からことあるごとに“日本は児童ポルノ大国”と叩かれる風評の発信源は、ここだったのか!毎日新聞か!


 New  ZAKZAK  New  

変態、芸者…毎日新聞英文サイト“エロ”挿入
担当者の処分は発表したが…



デジタルマガジン

毎日新聞に学ぶ「売春で捕まらないための11の方法」


1.未成年は避ける。
2.メールで顔文字や絵文字を多く使う少女は避ける。
3.少女に年齢を教えてくれるようにし向け、18歳以上であると明記したメールを送って貰う。
4.待ち合わせ場所には、待ち合わせ時間よりも早く行く。
5.少女があなたの好みかどうかを隠れた場所からチェックし、少女があなたがいない間に何をしているかを観察する。
6.待ち合わせの場所を前もって訪れておき、逃走ルートを確保しておく。
7.少女が未成年だった場合、友達が近くにいて彼女がそれを終えて帰ってくるのを待っている場合があるので気をつける。
8.少女が美人局の場合は、男が近くにいる場合がある。
9.美人局は、近くのファミレスやコンビニで待っていることが多いので、疑わしいと感じたらその場所をチェックしろ。
10.ホテルに行く時はかならず別々に入り、できれば出る時も別々に出た方が良い。
11.車で行く時はナンバーを覚えられないように、離れた場所に駐車せよ。

>「もしこれで捕まっても、正直に話せば少額の罰金で済む。それに家族や恋人、会社にもバレないよ」

毎日新聞が伝える日本人の休日「海外でレイプと人狩り」

>エクアドルではジャングルに放たれた子供たちを、日本人がライフルでハンティングしている。報告によれば10人の男性がこのツアーに参加し、3人の子供をハントした(弾丸を命中させた)。子供は死んではいないと報告されている。

>私は「これが本当に配信されたのか」と疑問に思った。嘘ではないのか、と思い調べた。毎日新聞のページは削除されていて確認することができない。検索エンジンにもキャッシュは存在していなかった。だが、この記事について語っている英語のページがいくつもネット上には存在していた。

>例えば、東京に拠点を構える株式会社ジープラス・メディアが運営している、日本のニュースについて語るサイト「Japan Today」。このサイトのフォーラムでは、海外の人によってこのニュースのことが語られていた。投稿日は2005年8月22日となっている。配信から2年が経過していても、ショッキングなニュースは話題となっているのだ。「病気だ」「嘆かわしい世界」「日本人はなぜこのように残酷なのか?」と、フォーラムでは感想が語られている。もう何も言うべきことはない。


週刊ポスト 7/11号

毎日新聞英語版で「変態日本人大誤報」をバラ撒いたコラムニストの正体


Зона

>名前:СТАЛКЕР 投稿日: 2008/06/29(日) 02:46:45
>>1の電凸情報まとめサイトより
毎日新聞が年末にかけてネット規制キャンペーンを行う予定との事

「お詫び記事を出すに至ったのは?」より
643 名前:名無しさん@全板トナメ参戦中[] 投稿日:2008/06/25(水) 12:52:30 ID:/I4bma7rO
チョウセンヒトモドキが巣くうトップと制作現場
それが毎日本社
ちなみに役員もみんなこの記事内容以前からしっていた
だれも反省してないばかりか確信犯だよ

しかもまた年末にかけてネット叩きを始める特集組むみたい

今回の動きは電凸先某企業がかなりお怒りで
これを受けた営業サイドの猛烈な社内突き上げがあってやっと謝罪?に応じたらしい
特に本紙紙面に載せたのは広告主への経緯説明のなかでやりますといったから
ネラーの力もなかなかのもんだ


「毎日新聞 その25」より
 27 名前:可愛い奥様[] 投稿日:2008/06/28(土) 13:49:28 ID:Dzo3Dj6C0
毎日新聞社東京本社に電凸(その1)
担当は代表室所属の40代ぐらいの丁寧な言葉遣いをする男性。
まず、処分が非常に軽いと考えていることを伝えた。
「上に伝えておきます」とのこと。

(略)

6番目に、毎日はインターネットを叩く特集を年末ぐらいに考えているようだが、と記事特集
について尋ねた。
特集は確かに計画されているが、時期と内容については言えないとのこと。

>名前:СТАЛКЕР 投稿日: 2008/06/30(月) 11:04:11
812 名前:可愛い奥様 []: 2008/06/28(土) 01:21:16 ID:xWc48+G70 (15)
今主人から電話があった。

毎日の記者が夜回りで政治家に、ネットを規制して欲しいと頼み込んでいるらしい。

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mudaken.blog103.fc2.com/tb.php/119-12a61dd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント

公開、公表を

どもです。
私自身のブログでも書きましたが、今回目的とすべきなのは、当該記事の削除や、形だけのおわびではなく、①「どのような記事」があったか②その記事の引用元はなにか③どのような意図でその記事を発信していたか
以上のことを正式に発表させることと考えています。また、ネット各位殿にお願いです。今回批判されるべきなのは、「低俗な記事」だからではありません。低俗な記事、それ自体が批判されるのはまた別問題で、それが「新聞社」を通してレフィルタリングされて発信されていたこと。それが意図的なものだったかどうかです。意図的でない、とするならば当該記事の引用元を明らかにし、それが情報源として怪しいものだった、という発表をするべきでしょう。逆にジャーナリズムの観点から、あえて意図的に発信していたのならば、これも記事と情報源を公開し、正面から論議すべきはずです。
私がとても危惧しているのは、今回の問題が単に「記事が低俗であった」から問題である、ととらえられることです。そのロジックは責任の所在を記事元にすることによって責任逃れの手段とされるだけでなく、「そういった記事」自体が悪い、というロジックに発展しかねません。低俗な記事には、それの善悪はさておいた上で、「低俗な記事」としての価値が存在するからです。それはそうした記事が発表された、という証拠であり、その記事が書かれる因の存在(それは社会状況であったり、あるいは誰かの意思であったり)の証であるからです。かつて「タイ買春読本」という本が出版され、この本の図書館在荷が問題となりました。しかし、それ自体が存在することを否定しては論議は進みません。
繰り返しになりますが、我々が求めるべきなのは、「公表」です。
2008/07/02(水) 04:31 にくやさいいため URL [編集]

はじめまして

はじめまして
いいブログですね^^

最近仕事がつらくて・・・・・・
私もブログやってます^^
2008/07/02(水) 18:39 乙女 URL [編集]

にくやさいいためさん おひさしぶりです。

そうか。なるほど。おっしゃる通りです。思えば、毎日新聞の処分や謝罪の方向性を見ても、毎日新聞が低俗な記事が問題だったからと捉えているふしがあります。これは確かに私たち(もちろん私mudanも含めてです)にも責任の一端はあるでしょうね。(或いは毎日新聞がそういう方向に持っていくよう誘導している可能性も捨てきれませんが)

考えてみると、このような方向にいったのは、【毎日新聞の英語版サイトがひどすぎる まとめ@wiki】の存在も影響があったかもしれません。それはこのwikiの最新情報の欄に「WaiWaiを潰すこと」とはっきりと名言されていることからもよくわかります。ただ、にくやさいいためさんの定義する①、②の役目は果たせているかと思います。

さて、ここで私が毎日新聞の低俗な記事問題をなぜ扱っているかにくやさいいためさんにお伝えしておこうと思います。

私は今回の件で毎日新聞を批判していますが、それとは別の真の目的があります。それは

【毎日新聞の問題に対して、ユニセフの対応は適切だったのか?、さらにユニセフには、マッチポンプ疑惑が浮上している】

以上の理由で、毎日新聞というよりはユニセフを批判しています。

今回の件でユニセフはダブルスタンダートと呼ばれるような対応を多々しています。児童や、女性をおもしろおかしく書いた(人によっては侮辱記事)毎日に対して、スポンサーであるユニセフはなにもしないというのは、誰がどうみてもおかしいものだと思われることかと思います。

実際にJCBでは、毎日新聞のスポンサーをきったという話も聞こえております。(チラシ裏3周目さん情報)規約違反(公共良俗違反)だそうです。

女性や児童の問題を扱うユニセフなら、対応はこの程度では終わらないはずですし、キャンペーンまでしながら毎日新聞に対する態度は腑に落ちません。

ただこれとは別に私が低俗な記事だけを批判していたのも事実です。なのでにくやさいいためさんのおっしゃったことを受け止めつつ、今後の課題とさせて頂きます。(このエントリーはつらつらと私がみつけた情報をリンクするだけにしようと思いますので、今後も続けてもよろしいですか?)

本日はご指摘どうもありがとうございました。またなにかありましたらよろしくお願い致します。
2008/07/02(水) 20:12 mudan URL [編集]

にくやさいいためさん

書いてて気づきましたが、wiwaiの記事を本当にあったことだとユニセフが捉えていれば、今回の騒動も納得できますね。

でもまたこの文章書きながら気づきましたが(^^; ユニセフの電話対応を聞くと毎日新聞の記事がでたらめだったと気づいていますね。ということはやはり毎日に対する対応は批判されるべきだということになりますね。ころころとかわってすみません(^^
2008/07/02(水) 20:20 mudan URL [編集]

レスどもです。

レスありがとうございます。
いえ、勿論「低俗な記事」そのものがいけない、というロジックはあるかと思います。ただ、今回の件での「大衆」の意見の真意を噛み砕くと、「こうした記事を元にして、日本という国がすべてこうである印象を与えるかのように、大手新聞社が配信をしていたが、それはおかしいのではないか」というもののはずです。

今回の件ではどうしても「低俗記事」配信!ということに話題がいってしまいますが、そのロジックはたやすく「じゃあやっぱり低俗な記事はよくないよね」との問題にすりかえられてしまいます。
また、「低俗記事」配信そのものがいけない、という形になるとジャーナリズムの観点からの反論を許してしまいます。

ユニセフの件も、またそこに限らず色々な利益団体は密接に関連している、と考えておいた方が良いでしょう。(やや被害妄想的ですが、その方が無難、という意味です)仮にユニセフが、「実は前から抗議してました。やっと当該ページを削除してくれました。これからも我々は有害ページ排除します」とのコメントを出したとしたら。

もちろん、まとめWIKIの意見は大勢として正当なものだったと思います。(少なくても、あのまま続行させなかったのは、大きな前進です)しかし、ここで尻尾きりをさせるのではなく、「毎日新聞自身の手で」当該記事について(特に英文版にて)発表させることが、日本国に与えた被害の回復になるかと思います。

長文大変失礼いたしました。どうしてもこの手の問題は感情的になりそうになりますが、ひとつひとつ、考えていきましょう。足元をすくわれないように。
(最後になりますが、エントリは遠慮などせず、どんどん続けて下さい。ここはmudanさまのブログです。極論すれば私のコメントを消すことすら許されるはずです。自分の意見を述べていってください。)
2008/07/02(水) 22:05 にくやさいいため URL [編集]

にくやさいいためさん ありがとうございます!

※予想以上に長くなってしまいましたので、おヒマな時にお読み下さい。


そうですね。ここは確かに私のブログなのですが、どうも色々と考えてしまいます。

やはり相手の顔が見えないからというのが理由のような気がします。

インターネットでは基本的に文章のやりとりでその文章から全てを読み取らなければならないため私からすれば、読み取るのも伝えるのも非常に難しいです。ですからたとえ自分でブログをやっていたとしても他の人からどう見られているかがすごく気になるわけです。

これがたとえば、顔が見える、表情が見える状態だとある程度会話をしなくてもどう思っているか、感じているかが把握できます。もちろんその人の本当の姿は会話してみないと分かりませんが、その場の雰囲気(空気)などである程度は分かります。分かるからこそ、文章しか判断するものがないというのがたぶん気になってしまう原因なのだと思います。冗談みたいな話ですけど、コメントを見るときはいつもビビリながら見ているわけです。本当にこの性格は困ったものです(^^;

でもにくやさいいためさんのコメントでいくらか楽になったような気がします。こんな私ですけど、これからもお付き合い下されば幸いです。あと無いとは思いますけど、このコメントを見たからといってコメントに遠慮する必要はまったくございませんので、どんどん指摘して下されば結構です。

ということでひとつ意見を申し上げたいと思います(^^;

色々な利益団体は密接に関連しているのはおっしゃる通りだと思います。そして私もそれを理解しておきながら、知らないフリをして(というとちょっと御幣がありますけど)批判することで、実は二枚舌を使っているんだよということを皆さんにお伝えするためにやっています。

そしてユニセフの有害ページ排除宣言ですけど、これはたぶんできないだろうと思われます。理由は色々ありますが、まずあの電凸の内容です。自分たちは知っていましたが、処分を発表したので私たちはこれ以上追及はしませんとおっしゃっています。ああいうことを言っておきながら排除宣言を行うことはあまり考えられません。次にまいまいクラブのネット君臨に出演していたこと。確かに普通のインタビューと捉えても、もちろんいいのですが、まずあのネット君臨の企画の意図がネット規制をしようとして組まれていたのがミエミエでした。それを確信したのは最後に行った読者のアンケートです。あのアンケートでは反対意見が大多数を占めたのにも関わらず、紹介されたのは賛成の意見ばかりでした。ほんとに見事なぐらい賛成意見ばかりだったのです。これには正直驚きましたよ。今もログは残っているのでしょうか?さらにインタビューを受けた方も賛成意見の識者ばかりでした。たとえばヤフーの別所さんや、警察庁生活安全局長の竹花豊さんなど。このことからも毎日新聞が意図的に識者たちを集めていたといえるでしょう。

ユニセフも例外ではなく、これ以外にもお世話になっていることを考えるとそう簡単に縁は切れないのではないでしょうか?今回のことも世論の後押しを受けてユニセフがスポンサーから抜けるというのがせいぜいな所ではないのかと思うわけです。ユニセフは妙に律儀なところがありますので、なかなか策略をめぐらすことも難しいのではないか?今までの行動パターンを見ているとそう考えています。

にくやさいいためさんは、記事を問題にすることでユニセフは本質の問題を逸らそうとするかもしれないということを危惧していらっしゃいます。しかし私は次のことを問題にしています。【低俗な記事を排除しただけで毎日と手を再度結ぼうとしているということはネットによって一度傷つけられた傷は一生消えることはないと主張していることと矛盾している】つまり【一生傷つけられるのに、該当記事を排除しただけで再度毎日と手を結ぶということは、一生傷つけられる人にとって苦しむのは容易に想像できることである】ということなのです。ユニセフは児童ポルノ法でも画像だけを問題にしていますが、これは意図的にやっているものと思われます。さらに私達の反論もしにくいように仕向けてきているものと思われます。

反論に説得力がないのは、被害者たちが、画像を持っていた犯人を明らかにしていないところにあります。もしくは明らかにできない。それは被害者たちも観測できないからです。

この場合、悪い犯人を捕まえないとといってもあまり説得力はありません。なぜなら、被害者も賛成派も反対派も犯人を観測できないからです(^^;

しかし毎日の件は違います。今回の記事は明らかに毎日新聞が行ったことであり、ネットによって一度傷つけられた傷は一生消えることはない被害者がいるユニセフは再度手を結ぶことによって被害者を裏切った形になります。今回は犯人が観測できますので、一生傷つけられた被害者のことを考えろと批判することもできます。(ようするに児童ポルノ法で言う製作者ですね)

まあでもユニセフがほんとに主張してるのは画像が配布されて自分たちでは観測できない犯人に見られていることを問題にしているんですけどね。けどこういう批判もできるのではないかということで。

ちなみに再度手を結ぶというのは今後の取材も含めてです。なんせ一生傷つけられますからね。完全に手をきってもらわないといけません。さらに排除したとしても、今後も毎日が存在し続ける限り批判してもらわないといけません。なんせ一生傷つけられますから(笑)

さあこういうことが果たしてユニセフにできるでしょうか?たぶんできないと思いますよ。(イヤな奴ですね、私は・・・)

私がユニセフを批判しているのはこういう考えがあるからです。ただ毎日の件ではにくやさいいためさんのように深く考えていませんでした。そこは本当に反省したいと思います。少しいいわけを許してもらえるのなら、今回は初めからユニセフを批判するつもりでした。毎日をあまり攻めるつもりはなかったのです。しかしにくやさいいためさんのような意見があるということは【そういうふうに読めた】ということであり、やはりこれは自分のブログであっても考えなければいけなかったと思います。

今後も毎日新聞のことは他のみなさんにまかせようかと思っています。こちらはユニセフや他の関連団体も含めて批判しながら、毎日新聞も批判するエントリーを立てていこうかと思っています。にくやさいいためさんが期待している答えを述べられなくて申し訳ないです。

※前半のコメントはインターネットを批判する意図はございません。私の性格を述べたかったので文章にしたらあのような形になりました。

※なにかを批判することは自分で責任をもたなければいけません。ですから私はなんでもかんでも批判するわけではありません。たとえば、週刊プレイボーイの高市議員のインタビューを集英社が悪いと一部非難している方がいらっしゃいますが、内容はなにが違法になるのかを確認しているような記事でした。批判できるところをあえて言うのならば、非常に危険な児童ポルノ法をおいしいものの記事を紹介するかのような文体で書いてたことと、自分たちが引っかからなければいいというような姿勢に【見えた】ことが批判に繋がるかと思われます。(週刊プレイボーイの記者だけに対して)
2008/07/03(木) 22:27 mudan URL [編集]

了解ですー

どもどもです。
了解ですー(短っ!ww)
お互い、ぼちぼちやりましょう。
ではでは。
2008/07/04(金) 03:53 にくやさいいため URL [編集]

捏造記事は人種差別によるものではないか

こんばんわ。

毎日新聞の捏造記事問題について、以下のページに調べた結果を書きました。
http://like700.hp.infoseek.co.jp/42.html#houan

毎日新聞の捏造記事は、人種差別が動機かもしれないですね。
2チャンネル有志が裁判を起こしましたので、
裁判の過程で、事実関係が明らかにされ、
日本の女性と子供への被害が少なくできれば良いですね。

なお、人種差別に抗議できないという団体は、「女性や子供を守る」と言う資格が無いですね。
2008/07/05(土) 22:41 ランナー URL [編集]

ランナーさん おつかれさまです。

裁判を起こしていたのは、はじめて知りました。さっそくエントリーを起こさせて頂きます。

毎日新聞は人種差別もあるかもしれませんね。しかしほとんどの記事がゴシップ記事を引用し捏造してたみたいなので、それを意図的にやってたかどうかが焦点となりそうです。

あらためてよく考えるとユニセフと毎日新聞は以外に根が深いかもしれません。あくまで推測なのですが、ユニセフは国連会議でも度々登場するほどの海外通なので毎日新聞のwaiwai記事の存在を以前から知っていたと考えるのが妥当だと思いますが、たとえ本家のユニセフがその記事を信じていたとしても日本ユニセフは捏造だと一目で分かるはずですよね? だったら早くから問題にすることもできたはずです。それが行われなかったのはなぜでしょうか?証拠はありませんが、ユニセフが知っててそれを放置していたか、ユニセフもwaiwaiの記事の片棒を担いでいたか、そのどちらかなのは想像できることではないでしょうか?

その狙いはあきらかです。海外からの圧力によって、日本からあらゆる性を排除しようとしているのでしょう。日本国民がこのカラクリに気がつかない限り、規制推進派との戦いは終わりがないのかもしれません。
2008/07/08(火) 00:06 mudan URL [編集]

にくやさいいためさん ご返信ありがとうございます。

いえ、短くても全然OKです。私が長く書きすぎましたから。

ところで一応お聞きしますけど、あのようなことを書いたのでご発言をご遠慮されてるわけじゃないですよね? いえ少し気になったもので(^^;

ともあれ今後ともよろしくお願いします。
2008/07/08(火) 00:10 mudan URL [編集]







非公開コメント
応援よろしくお願いします!
 
プロフィール
 

mudan

Author:mudan
元販売業のはず。なんの知識もなかったはずだが、なぜか店長をまかされるにまで至る。

とある事情があって業界から引退したはずだったが、本業とは別にその後もこっそりと知人の事業に関わったりしているようだ。

最近は冷却期間をおいたこともあって、また業界に返り咲こうと画策している。

野球が好き。

座右の銘は ”思い立ったが吉日”


どうも個人的なサイトではなくなってきたような気がするので、責任感を持たせる為にプロフィールを今までよりも少しだけ情報公開してみました。

当サイトはリンクフリーです。

YAHOO! ニュース
 
ココロ
 
ブログ内検索
 
ためになるリンク集
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。