上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
野田聖子公式メールマガジン「キャサリン通信」第100号!

>立法段階においても、こうした児童の売買はアジア全体の貧困が基本的な原因であり、それが解できないのであれば根絶は不可能だということを繰り返し議論しました。現代の国際社会ではあらゆるものを対象に「市場」が作られ、とりわけ‘闇’の市場では‘貧しい売り手’と‘裕福な買い手’という否定できない関係が成立します。そこで無垢な子どもたちの肉体や臓器までもが売買されていることを、‘裕福な買い手’の側にいる私たち日本人はもっと厳しく見つめなくてはいけない-そんな思いがいま再び、私を捉えて離しません。

こういう話の流れから、

>今後、二つの法律が改正の時期を迎えます。一つは前述の「児童買春・児童ポルノ禁止法」で、今回が2度目の改正になります。改正の主眼は「児童ポルノの単純所持を禁止、処罰する」という内容です。
児童ポルノはそれ自体が子どもの尊厳を踏みにじる証拠に他ならないだけでなく、児童買春の入口として小児性愛者たちから利用されています。今までは児童ポルノを他者に販売、譲渡等することを罰してきましたが、今回の改正では自分個人の満足の為にだけであろうと児童ポルノを所持することを犯罪行為とする目的があります。


なぜこういう流れになりますか(笑)。あまりにも無理やりな感じがしてなりません。ちなみに単純所持を規制したからといって売買春はなくなりません。当たり前ですよね。あと野田聖子議員は日本人を侮辱している可能性があります。

>そこで無垢な子どもたちの肉体や臓器までもが売買されていることを、‘裕福な買い手’の側にいる私たち日本人はもっと厳しく見つめなくてはいけない

いつから日本人は買い手になりましたか?ウソはいけません。

>児童ポルノはそれ自体が子どもの尊厳を踏みにじる証拠に他ならないだけでなく

それは児童ポルノではなく児童虐待です。ウソはいけません。日本の児童ポルノ法は自分で自分を撮って、配布するだけで児童ポルノになります。(そういや撮るだけでも犯罪でしたね)果たしてこの行為が子どもの尊厳を踏みにじる証拠となりえるのでしょうか?そしてこういうことを同じように認識して発言する野田聖子議員には児童を守るという自覚がまったくございませんし、むしろ批判されて然るべきかと思われます。まさに【混ぜるな危険】ですね。

>映画の中では、奇しくも日本人男性が幼女との性行為をビデオ撮影し、ネット配信する場面が出てきます。法改正後はそのビデオが配信されなくとも、所持していることをもって、その男は犯罪者として処罰されることになります。

なるほど、野田聖子大先生は製造罪を黙認するということですね。さすが自称児童を守っていると断言されているだけのことはありますね。

第七条  児童ポルノを提供した者は、三年以下の懲役又は三百万円以下の罰金に処する。電気通信回線を通じて第二条第三項各号のいずれかに掲げる児童の姿態を視覚により認識することができる方法により描写した情報を記録した電磁的記録その他の記録を提供した者も、同様とする。

前項に規定するもののほか、児童に第二条第三項各号のいずれかに掲げる姿態をとらせ、これを写真、電磁的記録に係る記録媒体その他の物に描写することにより、当該児童に係る児童ポルノを製造した者も、第一項と同様とする。


ちなみに与党案の単純所持の罪は

一年以下の懲役又は百万円以下の罰金

製造罪は

三年以下の懲役又は三百万円以下の罰金

ということは、児童を虐待した者は単純所持の一年以下の懲役又は百万円以下の罰金のほうが適用されるわけですね。さっすが!犯罪者にやさしいですね。ところで野田大先生はほんとに立法に係ったのですか?だとしたらこれほど児童を守っていない法案も珍しいですね。まさしく被害者には厳しく犯罪者には優しくといったところでしょうか?

>今回の改正では自分個人の満足の為にだけであろうと児童ポルノを所持することを犯罪行為とする目的があります。

ウソはいけません。【為にだけであろうと】ではなく、【為にだけ】です。もっといいますと、性的好奇心があったものだけです。それ以外の満足の理由は犯罪にはなりません。ウソはいけません。大事な事なので二度言いました。

ところで提案があるのですが、単純所持の規制は上記のような例が考えられますので、なくしたほうが賢明かと考えられます。なにより過去に立法に係った議員がこのような認識ではまず正常に機能するとは考えられません。本当の犯罪者を捕まえる為にもぜひお願い致します。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mudaken.blog103.fc2.com/tb.php/135-9e97dd10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
応援よろしくお願いします!
 
プロフィール
 

mudan

Author:mudan
元販売業のはず。なんの知識もなかったはずだが、なぜか店長をまかされるにまで至る。

とある事情があって業界から引退したはずだったが、本業とは別にその後もこっそりと知人の事業に関わったりしているようだ。

最近は冷却期間をおいたこともあって、また業界に返り咲こうと画策している。

野球が好き。

座右の銘は ”思い立ったが吉日”


どうも個人的なサイトではなくなってきたような気がするので、責任感を持たせる為にプロフィールを今までよりも少しだけ情報公開してみました。

当サイトはリンクフリーです。

YAHOO! ニュース
 
ココロ
 
ブログ内検索
 
ためになるリンク集
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。