上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
名も無き市民の会 BLOG
【いよいよ明日!】 児童ポルノ法改正問題・インターネット規制問題を考えるシンポジウム コメント欄

>まず、民主党案では「児童ポルノ」という言い方はやめることになっています。
法律の趣旨をはっきりさせるため「児童性行為等姿態描写物」とします。

この「児童性行為等姿態描写物」の定義の中に、「殊更に児童の性器等が露出され、若しくは強調されている児童の姿態」という規定があります。

ですからお尋ねの入浴シーンでも「殊更に児童の性器等が露出され、若しくは強調されている児童の姿態」でないケースはオッケーとなります。
逆に言うと、18歳に満たないタレントが映画の入浴シーンの中で殊更に性器等(性器、肛門又は乳首)を露出したケースはアウトとなるでしょう。

ただし、シンポジウムの中で何度もいったように、これはあくまでも私の見解に過ぎません。私は民主党の議員ではなく無所属ですので、責任を持って民主党案について話す立場にはありません。


松浦大悟議員のコメントです。
「殊更に」というのは法律用語では「必要以上に」ということらしいですが、「必要以上に」児童の性器等が露出され、若しくは強調されている児童の姿態がある映画なんてあるんですかね?映画が引っかかるのはマズいんじゃないかと個人的に思うのですけど。

たとえば観客には「必要以上に」撮ってるととられても監督はそういう意図で撮ったわけではないという問題がかならずでてくるわけで。そもそも映画に必要以上という単語はあてはまるのかどうか?難しい所ですね。でもやっぱり映画を含めるのはまずいのではないでしょうか?

>松浦先生、質問に答えていただきありがとうございました。
あと確認のために3つほどご質問をさせていただいてよろしいでしょうか?

「殊更に児童の性器等が露出され、若しくは強調されている」という部分は、
間の「若しくは」という言葉からandではなくorだと思いますので、それぞれに関して質問させていただきます。

殊更に児童の性器などが露出され、という言葉は、性器などが映像に入っていたら即アウトということでしょうか?
昨日例に挙げていただいた映画の題名からそういうニュアンスに受け取れましたが。。。

また「強調され」という言葉はどういった例を考えてらっしゃいますか?
「殊更に露出されてなくても、強調されていればアウト」ということになりますか?

それと昨日宮沢りえの「サンタフェ」のお話がありましたが、現行ではamazonとかで普通に売られていますね。
(検索するとすぐ見つかります)

これが「民主党案だとNGになる」ともおっしゃってたように聞き取れたのですが、こちらもそのとおりの解釈でよろしいでしょうか?


ぽえむさんと言う方が質問しています。ちょっと気になったのがこの部分。

>昨日例に挙げていただいた映画の題名から~

ということは深読みすると今後民主党案では映画で引っかかる作品があるということでしょうか?これはちょっと大問題ですね。あとこちら

>また「強調され」という言葉はどういった例を考えてらっしゃいますか?
「殊更に露出されてなくても、強調されていればアウト」ということになりますか?


これは気になりますね。「必要以上に」と入っていても露出されていない作品が含まれているとすると、今の第三号と同等かそれ以上ってことになりますね。

でもなにが一番困ったかって民主党案も結局のところ、「わいせつ法案」だってことですよ。芸術も含まれるのならそれは「児童性行為等姿態描写物」とは言いませんし、民主党の法案名だって微妙だと言わざるを得ません。

一番疑問なのは民主党もなぜ児童買春、ポルノ法案の第一条「児童の権利の擁護に関する国際的動向を踏まえ~」の部分を重要視しないのでしょう。

児童買春・ポルノ:禁止法改正で自民・民主の議論本格化
「『未成年者の露骨な性的描写を含み、尚且つわいせつである。』または、『未成年と思われる人物の、異性・同性に限らず、性器間或いは性器と口或いは肛門と性器或いは口と肛門の接触を含む、獣姦・SM行為・交配行為で、尚且つ文学的・芸術的・政治的・科学的価値のないもの』」

「文学的・芸術的・政治的・科学的価値のないもの」これですね。日本にもこれは含まれるべきでしょう。じゃないと訴えたいことまで訴えることができなくなってしまいます。

会場の詳細は少しだけ触れてる方がいらっしゃいますので、引用してみます。

えーと38人とか言ってたかな……スタッフも入れたら50人くらいとか俺途中から行ったから詳細レポできん、スマソ。

たぶん後半のフリートークの後の方だけ聞いたんだけどこういう活動はどうやるのが効果的か?っていう話が中心になっていた。署名は集めて終わっちゃうんじゃなくてそれはあくまでスタート地点だとか。

ネットで集めた質問はなかなか良い質問が多かった。ちゃんと全部読んで選別してる感じ。ちょっと飛び入りで出た質問がいまいちで会場からブーイングが……というシーンはあった

なんか盗撮の定義ってのにこだわってる人で会話中に質問があるとかで唐突に法律の文章を読み出して講演者がちょっと泡食ったりしてた。

「みだりに撮影してはいけない」っていう文面が気に入らなかったらしいんだけど、知り合いの子供が水浴びしてるようなところを撮影したらそこで逮捕になるのか、それはおかしいみたいな話しで、松浦議員がみだりにというのは法律用語で「正当な理由無く」という意味だから、家族とか恋人の間で撮影する写真とかはOKって回答してるのに理解できないらしくてでも問題があるって食い下がってて会場からブーイング、って感じ。

そういや今後の予定については、またやりましょうみたいなことは言ってたけど具体的には言ってなかったな。

ちなみにネットの質問で、規制派の影響力の強さというのは現在どれくらいなのか、という質問があったんだけど、いまところ規制派の政治家というのは少人数で、大勢力ではない、ってことだった。
ぶっちゃけ推進派も反対派も現在は少数です、とか(笑

日本ユニセフに関する話題も出たけど、彼らの主張が100%通るってことはまずありえないだろう、ということだった。

ただユニセフに関しては国連という名前を出しているので、国連が言うことなら間違いないだろうと思ってしまう一般人は多いかもしれないとのこと。

最後に後援者の一人の昼間たかし氏が、こういう活動は使命感だけでやってるといつか疲弊して滅びてしまうので、楽しく集まれるようなイベントを皆さんやって問題意識を広めてくださいというような事を言っていた。


100%通ることはないけど、この法案は3年ごとに改正するからジワジワと首を絞められてることにはかわりないですね。創作物の規制/単純所持規制に反対する請願署名市民有志の活動趣旨の項目に3年ごとに改正の条文を破棄することを加えることはできませんかね。これはね正当な理由があるのですよ。3年ごとでは児童の犯罪に即座に対応できないとかね。入れてもいいと思うのですけど。規制派の矛盾にも対抗できると思いますし(笑)

名も無き市民の会の方はおつかれさまでした。児童ポルノ法案に即座に疑問を持ち、即座に【行動に移す】ことは誰でもマネできるものではございません。その行動力は嘘偽りなく本当にすばらしいことだと思います。はっきり申し上げて私みたいなものより何倍もの価値があると思います。おつかれさまでした。

最後に
kuroさんという方がAMI掲示板にてご自分で作成された意見書をアップしてしてなにかの参考にどうぞとおっしゃってましたので、その意見書のなかに民主党案について言及されてる箇所がありましたのでご紹介させて頂きます。

民主党の中間骨子案については3つほど懸念する部分があります。

まず購入や(反復の)取得に罰則が設けられていることです。
このことに関してましては、購入者や取得者は、被写体の年齢確認の手段がないにもかかわらず、その責任を負わされるのは不合理であると思います。

たとえば書籍の場合、取得前、購買前にすべての中身を視認することは不可能であり、視認しても、被写体の年齢は医療関係者でも正確にはわからないと思います。

インターネットの場合でも、たとえばリンクを踏む前に、リンク先の画像の被写体の年齢を確認する方法は、取得者にはありません。

情報を広める側が被写体の年齢確認に対してなんらかの責任を負うというのはわかりますが、受け取る側にその責任を負わせるのは少し無理があるのではないでしょうか?


また、罰則の全体的な強化に関しましても、気にかかります。
すでに十分重いと思われる現行法の罰則を引き上げる合理的な根拠は存在しないと思います。

「卑劣な犯罪だから罰を重くしろ」という世論の声にしたがって戦後ずっとあらゆる犯罪の罰則が重くなってきました。
また犯罪となる行為の数もずっと増え続けています。しかし、それで世の中が生きやすくなったり、あるいは人々が生き生きとするようになったでしょうか?
古代秦でも法家思想に従って、罰則の数を増やし、重罰化を行った結果、国の滅亡を早めたといわれております。

政治家の方々には、世論や外圧に流されずに、長期的な視点に立って法律を作っていただけるよう、ぜひともお願いしたいと思います。


それと、「児童性行為等姿態描写物」の定義に関してましては、特に『第二条第三項』の二号定義後半の、「殊更に」「露出」「強調」などの語の解釈と運用によっては広範な表現物が規制にかけられる危険性がありますので、慎重な議論のほうをお願いしたいと思います。

たとえば、『第七条第四項』で盗撮を製造罪の定義に含めるというお話ですが、盗撮とは、たとえば温泉場などの盗撮を想定されてるのでしょうか?
しかし、そうすると、温泉場などではおそらく裸で立ってるだけだと思いますが、そういった姿も『第二条第三項』の定義に含まれることになります。


> >前項に規定するもののほか、みだりに、第二条第三項各号のいずれかに掲げる児童の姿態を写真、
> >電磁的記録に係る記録媒体その他の物に描写することにより、当該児童に係る児童性行為等姿態描写物を製造した者も、第二項と同様とする


そうすると裸で立っているいかなる児童の姿も「児童性行為等姿態描写物」の定義に含まれることになり、たとえば現行で合法である児童の裸(温泉などで)が写ってるだけの映画の提供なども犯罪化されることになりませんか?


「追記」
言い忘れてましたが、民主党も高市議員のように児童ポルノQ&Aを作ったらいかがでしょう?いろいろ誤解が解けると思いますけど・・・

【関連リンク】

児童ポルノ法規制推進議員には二度と投票しません!
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mudaken.blog103.fc2.com/tb.php/140-91871234
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
応援よろしくお願いします!
 
プロフィール
 

mudan

Author:mudan
元販売業のはず。なんの知識もなかったはずだが、なぜか店長をまかされるにまで至る。

とある事情があって業界から引退したはずだったが、本業とは別にその後もこっそりと知人の事業に関わったりしているようだ。

最近は冷却期間をおいたこともあって、また業界に返り咲こうと画策している。

野球が好き。

座右の銘は ”思い立ったが吉日”


どうも個人的なサイトではなくなってきたような気がするので、責任感を持たせる為にプロフィールを今までよりも少しだけ情報公開してみました。

当サイトはリンクフリーです。

YAHOO! ニュース
 
ココロ
 
ブログ内検索
 
ためになるリンク集
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。