上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
H-Yamaguchi.net
人身売買の話はさ、毎日を叩いてすむ問題じゃないんだよ
米州機構が公表した公式書類「日本への人身売買の報告書」で毎日の公式サイトに掲載されたあの記事をもとにしていることが発覚と書いてあったが、それは違うよという記事です。

なるほど確かにライアンコネル氏の一文を引用したというその一点だけはそうだなと思う所はあるのですが、しかしソース先の一部がちょっと・・・ いやこういう所にしかデーターがないのは分かってはいるんですけどね。

2008年人身売買報告書(抜粋)
女性の家HELP

とりあえず乾いた笑いが出てくるのは私だけではないはずです。ちょっと長いですけど山口氏の文章を引用しますと、

>この報告書は各国をTier 1、Tier 2、Tier 2 Watch List、Tier 3の4段階に分類してるんだが(なんか上から目線だがまあ基本的にこういう態度だなこの国は)、日本はこの中で上から2番目の「Tier2」。Tier 1というのは、人身売買被害者保護法(TVPA: TRAFFICKING VICTIMS PROTECTION ACT)に定める人身売買廃絶のために政府が果たすべき最低条件(報告書の284ページ以下に出てる)を満たしてる国、Tier 2はまだ不充分だが満たそうと真剣に努力してる国だ。満たしてなくて努力もしてないとTier 3になる。Watch Listというのは、悪化の気配があるとかで要注意の国。Tier 1の国は29カ国。英国とかフランスとかドイツとかのいわゆる先進国が多い。オーストラリアとか韓国とかもTier 1に入ってるぞ。Tier 2は66カ国。日本のほか、ブラジル、インドネシア、タイとか。アイルランドも。日本は2004年にTier 2 Watch Listに落ちたことがあるが、基本的に2001年からずっとTier 2のまま。努力は認めるけどさってわけ。

日本はずっとTier 2らしいですが、それもそのはず。その要求してくる条件が、

>児童買春・児童ポルノ処罰法を改正して、児童ポルノの所持を刑事罰の対象とする。

>日本の法律は児童ポルノの所持を刑事罰の対象としておらず、このことが、児童の商業的な性的搾取と児童買春ツアーの需要を引き続き生んでいる。


ほかにもいっぱい書いてありますが、とりあえずここだけ引用してみました。他にもたびたび文章の中で出てくるNGO団体というのは、まあアレのことなんじゃないかと思いますが、そりゃその団体のことをいちいち鵜呑みにしていたら、そんな見解にもなってしまいますよね。

>日本の当局によって人身売買被害者と認知され支援を受けた人の数は、2年連続して減少している。しかし、被害者ホットラインへの電話と被害者への聞き取りに基づき、実際の被害者数は政府の統計を上回る、と非政府組織(NGO)や研究者は考えている。認知された被害者の減少は、警察による主要都市での歓楽街の取り締まりにより、地下に潜る性風俗業が増えていることから、捜査が困難になったため、という意見もある。このように法執行当局からの圧力が強まったことで、明らかな売春業は撲滅され、性風俗業の多くは、見え透いてはいるが、売春を「デリバリー・ヘルス」(エスコート)業と偽らざるを得なくなった。

いや、よく分かってるじゃないですか? しかしここから先の学習能力が全く無いのがつらい所です。同じように山口氏も、

>人身売買に関して、規制を厳しくすればいい、というのはある面ではそうなんだろうが、必ずしも「決定打」にはならない。問題を地下に潜らせればかえって深刻化するおそれが強いからだ。そこが難しいわけで。

と仰るように規制を厳しくすれば、地下に潜ってしまうのはあたりまえなわけでして。もちろん人身売買の問題を軽視してるわけじゃないんですけど、なんというか問題の趣旨を読み間違えてるような気がします。もちろんそんな原因をつくっているのは、ECPATやユニセフであり、竹花であったり、ホットラインであったりするわけですね。まずなによりこの方たちは、労働問題から考えていませんよね。とりあえず目の前から消えてくれればいいと思ってるだけですから。

ただ、この日本語訳は「抜粋」って書いてありますから、英文はちと違うかもしれないですね。

女性の家HELPのほうは、

怪しい団体たち
「人身売買受け入れ大国ニッポンの責任」
【長野の外国人 NOビザ≠NO人権】(下)コンドーム嫌う日本人客
児童買春等禁止法改正に関する要望書
呼びかけ団体・呼びかけ人


とりあえずノーコメント(笑)。

日本はHIV感染者が増加している唯一の先進国か

とりあえず規制推進派にいいたいことは問題の本質を見極めないとエラいことになっちゃうよってことです。実際救われていない人がいますしね。
政治利用しているひどい団体もいるわけですが・・・

ところで、山口氏のことなんですけど、けっこういいこと書いてます。

最も影響力の大きいメディアの影響が最も大きいと考えるのが自然ではないか

とりあえずテレビの影響力を無視して、ゲームあるいはマンガ等の影響を必死に導き出そうとしているマスコミや自称社会学者や評論家たちは滑稽に見えてしょうがありません。もちろん分かってて批判している人もいるとは思いますが、それにしてもここでも乾いた笑いがでてきてしょうがありません。

とりあえずなにが滑稽かって、あるある大辞典等のような例を見ているのにもかかわらず、あいかわらず、ゲーム、マンガの影響力を重視している点です。健康の番組でこれが体に良いと紹介されたらどうなるか知っていますか? おいしい外食店が紹介されたらどうなるか知っていますか?

少し前まで働いていたお店に、
ちちんぷいぷいが取材に来たことがありました。今流行ってるカードゲームを特集するとのことでうちのお店に取材しにきたんですけど、うちはどっちかというとそのカードゲームは専門ではなかったので、「専門店がありますので、そちらで取材されてはいかがでしょうか?】と言ったのですけど、「できたら、ここで取材させていただけませんか?」とお願いされたので、とりあえず取材に応じることになりました。

まあ、ここまではいいのですけど、その特集がテレビに流れた次の日どうなったか分かりますか?いやほんとにビックリしましたよ。朝から人で店内がいっぱいになってしまいました。たぶん普段の10倍、いやもっといたかもしれません。平日にですよ?そもそもうちはそんなに有名店ではないはずで、さらに専門店が別にあるのに、この人数です。

この時に改めて「テレビというのは凄まじい影響力があるな」とつくづく思い知らされました。もちろんちちんぷいぷいが人気番組であるのも理由の一つかもしれませんが・・・(ちなみにこの話は約8年ぐらい前の話です)

このように実際自分で体験しているからこそ、テレビの影響というのはマンガや、ゲームなんかとは比較にならないぐらい影響力のあるものだと思っています。

まあ、それでも昔はテレビでの悪影響なんかも言われていたんですけどね。とりあえず今の現状は、ダブルスタンダートといわれてもおかしくないような気がします。

>あと、「世間を騒がせたかった」という犯人の供述がよくあるが、騒ぐのはマスメディアなわけで、そうなると犯罪者の欲望充足の片棒を担いでいることにはならないのか。特に情報バラエティ番組の人たちは真剣に考えていただきたい。

山口氏の指摘はごもっともです。このようなことを全く無視して、あのような態度にでるからこそ毎日新聞問題が騒がれているんじゃないかと思います。まあ毎日の場合は少し複雑ですけど。

毎日新聞叩き」に反対するキャンペーンを開始します

言ってることは理解できますが、キャンペーンをはじめる時点で毎日新聞を不問にすると言ってるようなもんだと思いますが・・・ 右翼を批判するだけでいいのではないですか?大手新聞社が大嘘を撒き散らしていたのは事実なわけでして・・・ まあ私はどっちでもいいんですけどね。私はユニセフの態度に怒ってるだけですので。

毎日新聞社内で何が起きているのか(下)

ネット君臨派は、どうやら筋金入りの方たちみたいで。まあ、まいまいクラブの特集であれだけネットに対して批判的な文章を書き続けている人達ですから、これぐらいはあたりまえですかね。日本ユニセフもしっかりかかわっていましたし。アグネスさんはインタビューまで受けてましたからね。反対意見もけっこう、というか8割ぐらいはあったと思いますけど、全て無視でしたし(笑)あれほど偏った特集を組むめるのもすごい才能だなと純粋に感心しましたね。

WaiWai騒動後に想像力を働かせる時期

これは難しいですよね。手を抜くとやられるぞっていう意見もあるわけですし。早川議員のようにマスコミの報道にはうんざりしている議員さんもいらっしゃるように、なかなかその動きまで発展するのは難しいのではなかろうかとか思っちゃったりするわけですが、うーん。やっぱユニセフ?タッグを組むとしたらユニセフとか竹花とか、別所とかですかね?というかすでにネット君臨で組んでますけど(笑)
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mudaken.blog103.fc2.com/tb.php/159-970e3ca6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
応援よろしくお願いします!
 
プロフィール
 

mudan

Author:mudan
元販売業のはず。なんの知識もなかったはずだが、なぜか店長をまかされるにまで至る。

とある事情があって業界から引退したはずだったが、本業とは別にその後もこっそりと知人の事業に関わったりしているようだ。

最近は冷却期間をおいたこともあって、また業界に返り咲こうと画策している。

野球が好き。

座右の銘は ”思い立ったが吉日”


どうも個人的なサイトではなくなってきたような気がするので、責任感を持たせる為にプロフィールを今までよりも少しだけ情報公開してみました。

当サイトはリンクフリーです。

YAHOO! ニュース
 
ココロ
 
ブログ内検索
 
ためになるリンク集
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。