上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »

※関連記事追加しました。

後藤コンプライアンス法律事務所
児童ポルノの単純所持の禁止の実現を

まあすごい内容ですので、一度読んでみて下さい。いちいちつっこんでたらきりがありませんので、気になった所だけつっこみみます。

>単純所持の禁止は、需要(児童ポルノの所持)を抑えることにより供給(児童の性的虐待)を少なくすることができ、また、被写体とされた子どもの苦しみの源であり、

意味不明です。所持することって需要なんですか?需要って取得でしょう?所持が需要って聞いたことないですよ。それとも法的解釈で所持は需要って定められているのですかね?
被写体とされた子どもの苦しみの源とか言ってますけどその苦しんではずの被写体となった子どもが逮捕されてるのはなんででしょうかね?子どもを守る法案だったような・・・

>別の子どもの性的虐待に利用されるポルノの流通(特にインターネットでの流通)を防ぐこともできるものです。

ここがまったくもって意味不明ですね。どうやって利用するのですか?まさか安心感を与えるためにとか言い出すんじゃないでしょうね。

「ポケモンカードあげる」 小2男児にわいせつ行為 男を逮捕

このように児童ポルノじゃなくても代替品はいくらでもあるわけでして。ああ、なるほどポケモンカードも規制しろってことですね。え?それじゃ不安だから子供が興味あるもの全部規制しろって? なるほど、それなら安心ですね(笑)

ええっと非常に申し訳ないのですが、もうつっこむの疲れました(^^; そうか!これが規制推進派の手口か。つまりつっこまれる要素をひとつの文章に9割ぐらいあてて、相手をそれだけで消耗させてしまうと。

スイマセン、また気が向いたらつっこみを再会したいと思います。 しかし後藤啓二弁護士って法律専門家っていうより、社会学者みたいですねw あ、これは社会学者の方に失礼ですね。(社会学を貶める意図はございません)

【関連記事】

奥村徹弁護士の見解
結局、被害児童救済は進まない

「裸の写真が永久に流れる」というのは大人でも辛いと思うんですが、現行法では、児童ポルノの流通(提供・陳列)にはたいした被害はない(被害者の個性は問題にしない)という体裁であり、判例もそういう解釈が定着した。写っている児童1人1人が被害者だという検察官もいないし、そう主張した弁護人には「それは屁理屈」だと判決される。稀にそう書いた地裁判決もあるが高裁で覆される。

しかも、児童ポルノ・児童買春の被害者は、条文上存在するが、実際には姿が見えない。国や自治体は救済しないし、国内のNPOも声高に規制を求めた割には全く救済に動かない。謝罪に向かった弁護人は被害者からそういう状況をさんざん聞かされる。

だから、被害児童は救済されないんですよ。

単純所持罪とか二次元を規制しても、救済する気がないんだから、救済されない。

毎日新聞
「あの写真を見た人かも」。少女はすれ違う男性と目が合う度に息が詰まる。見知らぬ男にレイプされ写真を撮られた。男はかばんに現金をねじ込み「これで援助交際だ。通報したら写真をばらまく」と脅した。思い切って警察に行くと「お金が欲しかったんじゃないの」と言われた。学校に行けなくなった。

 事件から2年。画像がネット上に出ていないか確かめたいが、怖くてできない。男が逮捕されたという連絡もまだない。「安心して眠れる夜が早く来ればいいのに」=おわり(この連載は、磯崎由美、曽田拓、田辺一城、堀井恵里子が担当しました)


 被害者が永続する被害を訴えても、連載は終わってしまうようです。

 時々思い出したように法改正しても、それにあわせて記事書いても、こういう状況は改善されないですよね。

 なお、現行法でも児童ポルノ画像の「削除義務がない」なんて日本の裁判所も言わないですね。明文規定がないけど、作為に注目したり条理に根拠を求めたり工夫して「削除義務違反」を処罰しています。その辺を調べた神奈川県警や兵庫県警や愛知県警に取材して欲しいものです。プロバイダも「児童ポルノは合法だから削除できない」なんていえないわけです。

 毎日新聞がお手本にする外国でも削除されてないのに、日本の裁判所は工夫している。そこは評価して欲しいですね。


以下はお知らせです。






ただいま近辺が立て込んでいることもあり、今回同様更新が遅くなります。申し訳ありませんがよろしくお願いします。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mudaken.blog103.fc2.com/tb.php/184-f3bd67da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント

もっと根本的なところから考えてみてもいいんじゃないですか。
大人や子供に限らず、犯罪被害者はど゙の程度救済されるべきかってことを。
被害者が子供だからってやたら優遇してあげる必要あるんですかね。
2008/10/11(土) 12:23 saba URL [編集]

 後藤啓二の属する警察官僚勢力(竹花豊など)は、国民生活に規制をかけることによる利権の創設(漫倫のようなもの?+現在流通する創作物を”処分”するための財団法人創設・・・現在流通する創作物を殲滅する為にはかなり大掛かりながさ入れが必要)が主目的でしょう。
 一方のECPAT、日ユニ、アグネス、創価は要するにセックスヘイターで、性に関するもの全ての殲滅を図るのが目的。
両者の利益が一致した結果の共闘であり、そこに子供のケア、増してや犯罪被害者のことなどこれっぽっちもかんがえちゃあいないだろう。
2008/10/11(土) 14:28 URL [編集]

sabaさん コメントありがとうございます。

仰るとおり根本的な所から見直しが必要ですね。しかし今の団体と警察(生活安全課)が関わっている限り、未来永劫ありえない気がします。警察は予算を増やしたいだけで、団体は子供が大好き(色々な意味で)な人や性が大嫌いな人達なので、子供を口実にそれぞれの思惑を実行したいだけなのでしょうね。
2008/10/11(土) 16:17 mudan URL [編集]

2008-10-11 (Sat) 14:28:59 さん コメントありがとうございます。

まったくもって仰るとおりです。こういうのって国会議員が色々突っ込まなければいけないのですが、ごく少数の議員さんが突っ込んでいるだけで、あとはなぜかみなさん口を噤んでいるか、もしくは信じきっているご様子。あのインターネットホットラインなんか突っ込みどころ満載だと思うのですが、あまり票にならないことをやりたくないのでしょうかね?
2008/10/11(土) 16:22 mudan URL [編集]







非公開コメント
応援よろしくお願いします!
 
プロフィール
 

mudan

Author:mudan
元販売業のはず。なんの知識もなかったはずだが、なぜか店長をまかされるにまで至る。

とある事情があって業界から引退したはずだったが、本業とは別にその後もこっそりと知人の事業に関わったりしているようだ。

最近は冷却期間をおいたこともあって、また業界に返り咲こうと画策している。

野球が好き。

座右の銘は ”思い立ったが吉日”


どうも個人的なサイトではなくなってきたような気がするので、責任感を持たせる為にプロフィールを今までよりも少しだけ情報公開してみました。

当サイトはリンクフリーです。

YAHOO! ニュース
 
ココロ
 
ブログ内検索
 
ためになるリンク集
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。