上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
掲載します。

保坂展人のどこどこ日記
「児童ポルノ禁止法とネット規制法を考える会」のお知らせ

先週予告した『児童ポルノ禁止法とネット規制法を考える会』の場所が決まった。国会も延長される方向となり、急に延びた会期によって臨時国会の動向も不透明となってきました。まだ具体的な動きがないうちに、通常国会でのネット規制法のような動きにならないように、しっかりとした議論を重ねていきたいと思います。

日時:11月25日(火) 午後5時~午後7時迄
場所:衆議院第2議員会館・第4会議室

会場探しをしていたが適当なところがなくて、衆議院議員会館で開催することになった。開催するのが午後5時~午後7時と勤めている人には参加しづらい時間帯になってしまったが、何度か開いていきたいので今回はご容赦いただきたい。会場の定員が40名と限られているので、申し訳ないが参加を希望される方は、FAXで下記の要領で申し込んでいただきたい。

[11月25日 児童ポルノ禁止法とネット規制法を考える会 参加申込み書]

[お名前]

[年齢]

[学校・職業]

[メールアドレス]

[TEL・FAX番号]

[一言メッセージ] あまり長くなく、400字以内で。

上記の事項に記入いただき、03-5511-7877までFAX送信して下さい。折り返し、地図とご案内をFAXいたします。(20日締切り) とりあえず先着順としますが、遠方から参加予定の方は考慮することにします。どうかよろしく

[追記]昨日、FAXでの申し込みと書きましたが、FAXのない人が多いようなのでメール申込みも可とします。

→info@hosaka.gr.jp




火曜日の午後5時からって厳しいですね。まあ距離的に難しいのですが・・・ うーむ東京に住みたいなあ・・・









カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの虚業日記
吉田泉質問

>吉田泉:現行法における「その他」のところに漫画などの表現物も入りうるという意見もあるが、取り締まられなかった。それは何故か。

法務(?):18歳未満の児童個人の人権を守るためにあり、実在しない漫画などのキャラは対象にならない。

警察庁:児ポ法による漫画などの検挙例はない。

吉田泉:もし漫画やアニメを取り締まる場合、保護法益はどうなるのか?現在は個人法益だが、将来は社会法益にまで拡大される事になり、大幅な改正が必要になるのではないか?法理論上、法の目的の大幅な変更になるのではないか?

次 官:社会法益にまで広げると、現行法の保護法益の考え方に影響を与える事になるだろう。

吉田泉:現行法の定義、3号ポルノに子どもの入浴写真やアイドルの水着の写真は入るのか。その検挙例は?

警察庁:07年10月、当時17歳女子高校生をモデルに水着姿を撮影したDVDの製造・販売業者を摘発した事例がある。 (最終的には児童福祉法違反)

吉田泉:見た目が児童に見えない児童。あるいは年齢が分からないものは検挙しているのか?

警察庁:18歳未満と認識しないと検挙しない。

吉田泉:児童ポルノは憎むべき犯罪だが、もっと定義をハッキリさせなければならない。 単なるヌードではないし単なる猥褻描写でもない。特定の児童への性的虐待であり、そこに的を絞るべき。


最後に11月16日付けの
児童ポルノ「日本発」の批判の特集を組んだ読売新聞のことを指摘なさっていらっしゃいました。

吉田泉:児童ポルノが日本の20箇所から発信されている。ということは実態としてどうなのか?

警察庁:調査中です。

とのことです。なんかあやしいですね。

しかし今回もすばらしい答弁でした!反対派が言いたいことをおっしゃって頂きました。ありがとうございます。吉田泉議員に称賛メールを送りましょう!

吉田泉公式サイト

止めろ!規制社会・監視国家ブログ版
中日新聞にも掲載!「漫画・アニメ規制危惧~児童ポルノ禁止法改正案に疑問の声」
中日新聞にも掲載されたようです。北原さんが抜粋されていらっしゃるので、ありがたく読ませて頂きましょう。(応援メールも忘れずに)

マンガ論争勃発のサイト
阪本順治監督『闇の子供たち』タイ上映禁止をめぐって
参加できなくてすいません。

>さて、私もせっかくだから質問しておこうということで、
 このイベントは、表現の自由の問題を標榜しながらも、映画自体が表現の自由を奪おうとする人々に利用されている点を問題化していない。これは、企画者のミスではないか? と面倒くさいことを聞いてみた。

これに対して塩見さんは、
 「まだ、どのような問題があるか一般化できていないんだから、一つずつやって行かなきゃいけないだろう。今後も、表現の自由の問題はやる」
 とのこと。


どのような問題があるか一般化できていないとはどういうことなのかがよくわかりませんが、世間的にってことでしょうか?あの署名ですべて説明がつくような気がするのだが、それを一般人にもマスコミにも説明するということでしょうか?

nikaidou.com
選挙だ!!!
なにやらエラいことがあった様子。権力で犯罪をもみ消すなんて言語道断ですね。しかし選挙になれば与党の議席が再び3分の2以上になることはまず考えられないので、やっていただきたいものですね。

CSECジャパンフォーラム
世界子ども人身売買反対デー記念シンポジウムのお知らせ

グローバル化を大批判している人々がグローバル化を望んでたら全く説得力がないんですけど(笑)

日本の人身売買 被害者が保護される日はいつ?

トラフィッキングアラート
日本の人身売買対策を考える緊急院内集会行われました
緊急!!【日本の人身売買対策を考える院内緊急集会のご案内】

6月11日衆議院で人身売買対策を考える院内緊急集会(2008年6月6日)

人身売買被害者保護法(仮称)の早期成立に向けたキャンペーンのお知らせ

人身売買被害者保護法(仮称)の早期成立を求める国会請願

そしてみなさんおまちかねの大御所ユニセフのご登場です。

日本ユニセフ
子どもポルノを法律で規制する国は1970年代から増えています。たとえば、国内法で「子どもポルノ」に関して法律上の定義をし、「子どもポルノ」に特化した罰則を規定している国や、ISP(インターネット・サービス・プロバイダ)に対し、子どもポルノを発見した場合には法執行機関へ報告することを義務付ける国もあります。さらに1980年代後半からは、子どもポルノの頒布または頒布を目的とした所持だけでなく、単純に子どもポルノを所持することも米国や英国では違法となりました。90年代には、デンマーク、オランダ、オーストラリア、スウェーデンなどの先進諸国で単純所持を禁止するための法改正が行われています。この法改正のねらいは、単純所持の禁止が子どもポルノへの需要を減らし、巨大市場の撲滅につながるということが一つ。もう一つは、写真の存在自体が被写体となった子どもたちを苦しめていることから、所持を禁止することで彼らの苦しみを取り除き、また、ほかの子どもの虐待に利用されることを阻止することを目的としています。

思いっきりグローバル化を望んでるじゃないですか(笑)こんなウソを平気でつくから信用されないのですよ。子供を守りたいのならまずこのようなウソをつくのをやめることからはじめなさい。じゃないと示しがつかないですよ。

無名の一知財政策ウォッチャーの独言
番外その14:前通常国会・今臨時国会に提出されている自民党の児童ポルノ規制法改正案と関連請願
児童ポルノ関連での国会議員の今までの請願提出と答弁内容をまとめていらっしゃいます。なにか忘れていないかこのエントリーでチェックしてみましょう。ところで、

>なお、第169回の通常国会で提出された児童ポルノ規制法改正法案の継続審議には、国会法の以下の第47条第2項と第68条で定められている閉会中の委員会審査による継続審議を使っている。今国会で議決されなかった場合も、また継続審議にされる可能性が高く、この問題に関しては法案が完全に廃案にされるまで気は抜けない。

第47条第2項 常任委員会及び特別委員会は、各議院の議決で特に付託された案件(懲罰事犯の件を含む。)については、閉会中もなお、これを審査することができる。

第68条 会期中に議決に至らなかつた案件は、後会に継続しない。但し、第47条第2項の規定により閉会中審査した議案及び懲罰事犯の件は、後会に継続する。


私自身このことはすっかり忘れておりました。申し訳ない。ということでひと時も気を抜けませんね。

第132回:日本のインターネットを終了させないために
タイトル通り終了させない為にチェックしなければいけない所を書いて下さっています。

>どんな法律に基づく権利であれ、権利の侵害は相対的にのみ定まるものであり、実際の被害者の存在しない創作物・表現に対する規制は何をもっても正当化され得ないのであり、公的あるいはそれに準じる検閲(事後抑制型の検閲を含む)機関がそれを一方的に決めることなど絶対にあってはならないのである。(第76回で書いたように、個人的には現行刑法のわいせつ物規制すらもはやほとんど正当化根拠を失っていると思っている。

権利の侵害は相対的にのみ定まるものであるというのはどれだけの人が知っているのでしょう。まあ権利の侵害だけでなくこの世のありとあらゆる価値は相対的に決まるものでもあります。たとえば貧乏は金持ちがいないと成り立たない。昔は決して裕福ではなかったはずですが、なぜこうも美化されるのかというと金持ちがいなかったから。金持ちが見えていなかった(見ている場合ではなかった、見えるべき環境ではなかった)というのも可能性のひとつとしてあげられるでしょう。

わいせつ物規制(たぶんわいせつ図画のことだと思う)すらももはや正当性根拠を失っているというのは私も同じ意見です。今でもわいせつ図画ってなに?って感じです。(わいせつの法律が分からないって意味ではないので念のため)

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mudaken.blog103.fc2.com/tb.php/211-13c6b62d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
管理人の承認後に表示されます
2008/11/23(日) 14:14  
コメント







非公開コメント
応援よろしくお願いします!
 
プロフィール
 

mudan

Author:mudan
元販売業のはず。なんの知識もなかったはずだが、なぜか店長をまかされるにまで至る。

とある事情があって業界から引退したはずだったが、本業とは別にその後もこっそりと知人の事業に関わったりしているようだ。

最近は冷却期間をおいたこともあって、また業界に返り咲こうと画策している。

野球が好き。

座右の銘は ”思い立ったが吉日”


どうも個人的なサイトではなくなってきたような気がするので、責任感を持たせる為にプロフィールを今までよりも少しだけ情報公開してみました。

当サイトはリンクフリーです。

YAHOO! ニュース
 
ココロ
 
ブログ内検索
 
ためになるリンク集
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。