上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
昨日の記事を書いたあと、なにか違和感を覚えていたのですがやっと違和感の正体が分かりました。

奥村弁護士の見解
いま児童ポルノを購入して将来処罰されるか?
これ読んだ時になにかおかしいなと思ったんですが、奥村弁護士の言い方だとまるで民主党の取得案が法執行前でも適用されてしまうような言い方に見えたのですが、そうではなかったのですね。

民主党の取得案は法執行後から対象になるのですが、それは取得者が法執行前に取得したから法を免れるということではないのです。

取得する対象の提供者が法執行後も同じ商品を提供していた場合、その提供者が逮捕された時に、たとえ取得者が法執行前に提供者の商品を取得していたとしても法を免れることができないのですね。この場合、提供者の商品が対象になっているのであって、取得者が対象になっているわけではないのですから。いやあ、まいった。今頃気づきましたよ。なんか、ひっかけ問題を解いているみたい。

ということは、取得案の対象が法執行後に必ずしもならないのだから民主党にはちょっと訂正してもらいたいですね。これ絶対誤解する人いるでしょうし。あとやっぱり後藤啓二弁護士はやっぱりウソをついてましたね。

ITmedia News
【番外編】あいてぃーちゃんと読んでくれ

>シ 無名同人的にはねー。今年は「準児童ポルノ」がねー。

担 前日に記者会見の案内をいただきまして、行った。この記事はちょっとびっくりするくらい反響があった。

シ なるほどねえ。

担 会見会場は永田町の議員会館だった。室内にはエロゲーが何本か置かれていて、写真撮ろうと思ったら、撮影はNGだということだった。

シ ふーん。

担 個人的に会見で印象に残ってるのは、アグネス・チャンさんが、性的被害に遭ったという子どもからの手紙を読み上げた後、ある全国紙の記者が「そういう手紙はアグネスさんのところによく来るのですか」と聞いたことだった。アグネスさんによると、NPOに届いた手紙を渡されているという話だった。ちなみにそれを聞いた記者は、児童ポルノ問題では有名な女性記者だった。

シ へー。

担 いや、それだけの話なんだけど。

シ この件って、何で「アニメ、漫画、ゲームソフトなど」っていう視覚表象に限ってるんだろうね。

担 仮に文章表現に広げちゃうと、かなり手強い人たちを敵に回しちゃうと思うけどねえ。

シ 「良い表現の自由」と「悪い表現の自由」があるようなんだよね。「良い」「悪い」を決める根拠はなんなんだろうと思ってた。

担 ははあ。今年問題になった「青少年ネット規制法」には、既存ジャーナリズムは最終的に反対にまわったな。

シ 既存ジャーナリズムにとって、表現の自由とは「自分たちが食えるか食えなくなるか問題」であって、表現の自由の絶対的守護者ではないようなのね。ある新聞社は、こうした「悪い表現の自由」は規制すべき、ということを言ってたでしょ。逆に言えば、彼らの報道活動は「良い表現の自由」として守られるべきものだと素朴に信じているんだろうか。

担 新聞記者出身でネットメディアをやってる個人的な立場として、今年は新聞社に対して抱いていたものがいろいろと崩れた1年でもあった。Yahoo!JAPANにはITmediaを含め、各社がニュース記事を提供してるでしょ。で、状況がはっきりしない殺人事件があった。それについてのある新聞社の記事をYahoo!で読んで驚いた。「関連記事」に推理ゲームソフトの記事が入ってるんだよ。

シ はー。

担 おれ新聞記者出身なんだけどさ、新人時代の経験を思い出すに、もしこんなことしたら「人が本当に死んでるんだぞ! なんだと思ってるんだ!」って支局長にぶっ飛ばされたと思う。……関連記事にそのリンクを入れておけばYahoo!からの誘導効果でページビューが伸びるのは分かるんだけど、ちょっとこの感覚は理解できない。

シ ある新聞社の英語サイトが「hentai」メタタグを埋め込んでいたとかなんとか、一連の問題があったよね。

担 うん。この際だから悪口言っておくとさ、この時のこの社の広報担当の態度が悪かったのね。大手マスコミの広報の態度があまり良くないのは実感としてはあるんだけどさ。大手マスコミさんってさ、報道でいつも他人を突き上げてることと、会社として実際にやってることの乖離がね、ちょっとね。外に対しての窓口である広報が悪印象をまき散らしてると思う。

シ そういや「ネットメディアの取材は拒否」だっけ。

担 そうそう。たまたま態度が悪いおじさんがいただけなのかもしれないし、一般化するのは危険かもしれないが……しかし既存ジャーナリズムの方法論からすると、この事実をもって「大手マスコミの閉鎖的な体質が浮き彫りになった」と言っても特に問題はないんだろうと思う。うん。

シ ふーん。

担 ……そういやさっきから挙げてきた話って、全部同じ新聞社のことなのね……

シ 同人者としては、表現の自由を守る、という点で、既存ジャーナリズムは頼りにならないんじゃないか、とは思うようになった。彼らを味方に付けるには、彼らのメシの種が危機に陥っている、というような土俵に持ち込まなければならないっぽいのね。

担 かもしれない。しかしそうは持ち込めないものもある。

シ これからは否応なくネットで生きていく時間が増えていく。ネットで人が何かをするということは、長短にかかわらず文章を書き込んだり、写真やイラストを公開したり……という形で、つまり「表現」という形で現れるよね。ネットで生きるということにとって、表現は本質だと思う。表現の自由の担い手が増えていくということ──ネットの表現のネガティブな側面を強調する見方に対し、俺たちが期待できるオプティミスティックな未来の1つはこれだと思う。

担 しかしジャーナリズムの「正義」判断に、彼らの「食いぶち依存性」があるとなると、表現の自由の担い手が増えるということは……

シ 脅威になるのかもしれんね。それがここ数年、新聞を中心としたジャーナリズムの「ネットフォビア」の原因の1つだったんじゃないの。彼らがそれを意識できてたかどうかは分からないけど。

担 新聞にとっては「良い市民」と「悪い市民」がいるようで、2chを始めとするネットは当然「悪い市民」。「悪い市民」は攻撃してもよく、これを叩くために体制側とつるんで規制すら訴えるという。正直、元新聞記者としては驚くべき光景をここ数年見てきた。既存ジャーナリズムは市民の味方じゃない、「良い市民」の味方なんだな。そして「良い」と「悪い」は自分たちで決めると。
(強調は引用者)


どう見ても毎日新聞www

しかし、永田町の議員会館にエロゲー置いてるとか・・・ あいつらはエロゲーのことしか頭にないんかと言いたくなります。はたから見るとキチガイ以外の何者でもない。一生傷つくとか言ってる割にはなんでエロゲーが出てくるのか理解不能ですね。こんなんに振り回されてる議員もちったあ自分の頭を働かせてみろよ、まったく。

おっとっと。つい、口が悪くなっちゃいました。しかし毎日新聞の体質はほんとにひどいものですね。

良い市民の味方とか。要は自分達にとって都合のいい市民ってことですよね? ここまで上から目線だと呆れるしかないですね。


ほりおか敏喜の日記
春を呼ぶ!! 定額給付金

>「給付金が来るのが待ち遠しい」――。買い物客の声に耳を傾ける浜四津代表代行

東京・渋谷区

買い物客 

物価が上がって、毎日のやり繰りが大変なの。

浜四津敏子代表代行 

だからこそ、定額給付金でホッと一息ついてほしいんです。

買い物客 

この子にも、何か買ってあげられるわ。

急激な物価高の一方で所得は伸び悩み、景気の後退など、今、日々の生活は暗い影に覆われています。この切実な状況に、政治が鈍感であることは許されません。公明党は生活を応援し、消費を下支えするため、「定額給付金」の実現をめざしています。

一部マスコミや野党からは、バラマキなどの批判もありますが、「“痛み”を和らげる生活対策」「商店街活性化の起爆剤に」「生活支援として助かる」など、各方面から定額給付金に対し、多くの期待の声が寄せられています。

買い物客 

春の訪れを待つような気持ちです。一日も早く実施してほしい。

浜四津 

はい、頑張ります。“生活応援団”公明党は、今年も庶民の暮らしを守るために、一生懸命に働きます。

定額給付金は市区町村の住民基本台帳に記録されている方や、永住外国人、日本人の配偶者などが支給対象になります。

中略

皆さんに“暮らしの安心”を届ける定額給付金ですが、給付金を装った振り込め詐欺に遭わないよう、十分ご注意ください。

(公明新聞:1月1日)
(強調は引用者)

オイオイ、どこのヤラセ新聞ですか(笑)こんなこと誰も言ってないから(笑)しかも最後の振り込め詐欺の注意書きは笑えます。あと、なぜか永住外国人まで対象になってますし。さすがは人権の党ってところでしょうか(笑)

衆議院議員早川忠孝の一念発起・日々新たなり
何か変だ、この定額給付金構想

早川議員も疑問に思っていらっしゃるようです。でも定額給付金の趣旨って確か景気対策だったはずなのに、いつのまにか福祉対策になってますね。

INTERNET Watch
犯罪対策閣僚会議が行動計画を策定、「ストリートビュー」検討も
あれ?なにも検討されずにいつもまにか終わってるじゃないですか。ほんとにパブコメやったんですか?って言うぐらいの華麗なるスルーを見せて下さいました。さすが秩序の味方はやることが違います。

Copy & Copyright Diary
法制問題小委員会(第10回)傍聴記

>苗村委員からは、ダウンロード違法化の結論について、委員会として充分に検討した結果このような報告になったことは理解しているが、一方で、法制問題小委員会のパブリックコメントで、ダウンロード違法化については多くの反対意見が有ったにもかかわらず強引に進められている、との意見が資料に記載されている。そのあたりの整合性をわかりやすくして欲しいとの意見があった。

事務局からは、反対意見は確かに多くの件数届いているが、テンプレートに基づいたもので、幅広い意見ではなかった、その意見を踏まえて利用者保護の対応を盛り込んでいるので問題はない、との説明があった。

奇しくもこのとき苗村委員が取り上げた意見は、私が出した意見だったのだが、パブコメに意見を出せば、このように小委員会で委員が目にし、それに基づく審議がなされるということを改めて実感した。それに対する事務局の対応には満足できないが、改めてパブリックコメントを出す意義を実感できた場面であった。
(強調は引用者)

事務局の対応がひどいですね。テンプレートに基づいているとはいえ、今までとは桁違いの人数が反対の意志を見せたことに変わりはないと思うのですけど。

>最後に、今年度の文化審議会著作権分科会の報告書について、盛り込むべき項目のみ示し、次回、1月16日の法制問題小委員会で審議することが伝えられて閉会した。

パブリックコメントの結果がどのように反映されるか、ダウンロード違法化の対象にプログラムなどが含まれるか否かは、次回の法制問題小委員会で結論が出される。

ダウンロード違法化の対象にプログラムなどが含まれることを検討するってもうすでにダウンロード違法化をする意味を履き違えているような気がしてなりませんね。これでは消費者と権利者がいがみあってるようにしか見えません。意地悪な言い方をすると権利者の商品を9個購入して10個目をどこぞでダウンロードすればその人は犯罪に手を染めたことになりますが、本当にそのような認識でいいのでしょうか?まあ、この理論でいくとコピーガードもはじめからその対象にしているという意味では同じですが、国の法で縛るというのはまた意味が違ってくると思うのですよ。どうも児童ポルノと同じで消費者(児童ポルノの場合は市民)を国の力で犯罪者予備軍に仕立て上げているとしか思えません。これを健全な市場(社会)と呼べるのかどうか?権利者全体ではなく権利者個人の気持ちは良く分かるのですが、どうも消費者をおざなりにして話が進んでいるように思います。

bewaad institute@kasumigaseki
白田先生、なんで国会議員に話をしないのですか?
別にこれは白田先生のことをどうこう言う為に紹介させていただいたわけではなく、今の児童ポルノ法改悪を止める為にはこの方法が一番効果的であるということを知ってもらう為に紹介させて頂きました。とはいえ、なかなか実行するのにはハードルが高いですね。bewaad氏が仰っているのは手紙を出す以上のことをしなさいって意味なのですから。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mudaken.blog103.fc2.com/tb.php/232-7101b20d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント

>担 新聞にとっては「良い市民」と「悪い市民」がいるようで、2chを始めとするネットは当然「悪い市民」。「悪い市民」は攻撃してもよく、これを叩くために体制側とつるんで規制すら訴えるという。正直、元新聞記者としては驚くべき光景をここ数年見てきた。既存ジャーナリズムは市民の味方じゃない、「良い市民」の味方なんだな。そして「良い」と「悪い」は自分たちで決めると。

ネット規制を推進した高市早苗はいわゆる右翼だそうですが、たとえば南京大虐殺否定論や靖国肯定論が「有害情報」扱いされて規制されたらどうするんでしょうね。
2009/01/06(火) 21:28 saba URL [編集]

ITの記事を見ても、規制派は子供の人権を口実にして表現規制がしたいだけというのがよく判りますね。
最近反対運動やっててホントに疲れ果てて嫌になりますよ。
宗教とか感情論で動いてる奴を理論で攻めても糠に釘・暖簾に腕押しですからね。
また彼らの言う事は一見正論に見えるから一般人の支持を受けやすいですし。
国会議員も、一般受けする規制強化の方が票集まるし。
とあるブログで、国籍法みたいに「悪用されて特亜に日本が乗っ取られる」と騒ぐと保守派議員が規制反対に回るのではないかと書いてました。
正直私は国籍法改悪で日本が乗っ取られるという事態は発生しないと思いますが(多少の不正は発生するとは思います)、ネットを中心として反対世論が盛り上がり、反対に回る議員が出て来たのも事実。
デマを流すようなやり方は規制派と同じレベルになるのでやりたくないのですが、今の状態では何となくそういう誘惑に乗りたくなる気持ちもあります。
ただ、先日日ユが発表した署名数が11万4千であったのを見て、まだまだこちらにも分があるのではないかという感じもあります。
あれだけテレビや新聞で大々的にキャンペーンを行い、「闇の子供たち」の全国上映までして11万というのはかなり少ないと感じるんですよね。
ネット署名という参加し易い方法も使ったのに。
私はてっきり20万とか30万行ってると思ってましたから。
署名数だけで単純に言い切れるものではありませんが、児ポ問題に対する一般人の関心は思ったよりもかなり低いのではないかと。
まあ、コミケの署名数を見るとオタクでも危機感が無い奴多いですけどね。
でも、全く関心の無い人間よりも、一番被害を被る事になるオタク層の方が反対意見に耳を傾けてくれる可能性ははるかに高い筈です。
何とか上手く200万人以上とも言われているオタク層の危機感を喚起して反対世論を構築できればまだまだ十分対抗できるのではないかと。
しかし、そこにどう上手くアピールするかが問題なんですけどね。
この期に及んでも創作物規制は反対だけど単純所持禁止は賛成とか、ロリに興味ないから全部規制しても構わないとか言ってる奴が大勢いますし。
単純所持規制が創作物規制の根拠にされる危険性とか、ロリに興味がなくても冤罪をかけられる可能性がある、ネット利用に大きなリスクが伴う等しっかりと伝えていかなければならないと思いますね。
それにはやはり個人だけでなくある程度の知名度のある企業や団体が動いてくれないと難しいでしょう。
個人レベルではロリコンの言い訳程度にしか受け取ってもらえませんし。
人間は権威に弱いですからね。
ユニセフの権威で嘘も本当のように聞こえるのですから、こちらに科学的根拠に基づいた論理的見解と権威があれば充分人を納得させることが出来ると思います。
まあ、そういう権威が反対活動についてくれるのは期待薄ですけど。
結局、個人で細々とやっていくしかないのですかねぇ・・・考えれば考えるほど頭痛いです。

ダラダラと内容の無い長文失礼しました。
2009/01/09(金) 07:28 jumbo URL [編集]

sabaさん コメントありがとうございます。

返信が遅くなりまして大変申し訳ございません。

なにが面白いって、高市議員と一緒になって規制を推進している団体が靖国反対派という事実です。子供の為になら右翼と左翼が手を取り合えるのですね。まあ本音は規制を推進する目的が一緒なので協力しているだけだと思いますけど。

というか国会議員にエロ本を見せまくって、「こんなのが流通しているんです。子供に見せて大丈夫なんですか!」とか「子供を性の対象にした本が流通しているんです。子供をそのような存在で描くことは許されない」とか言われたら、法律の仕組みを知らない人間なら、まず納得してしまうのでしょうね。さしずめ前者は青少年ネット規制法案、後者は児童ポルノ法といったところでしょうか。(苦笑)

まあ、高市議員の頭の中ではこのような解釈なので、南京大虐殺否定論や、靖国肯定論を有害情報として規制される可能性があることを考えられないのではないでしょうか?「え?なにを言ってるの?そんなことあるわけないじゃない、この法案の目的はエロ本を撲滅する為の法案なのよ?そこのところ間違えないでほしいわ」

こんな声が聞こえて来そうです。
2009/01/11(日) 19:40 mudan URL [編集]

jumboさん コメントありがとうございます。

>とあるブログで、国籍法みたいに「悪用されて特亜に日本が乗っ取られる」と騒ぐと保守派議員が規制反対に回るのではないかと書いてました。
正直私は国籍法改悪で日本が乗っ取られるという事態は発生しないと思いますが(多少の不正は発生するとは思います)、ネットを中心として反対世論が盛り上がり、反対に回る議員が出て来たのも事実。
デマを流すようなやり方は規制派と同じレベルになるのでやりたくないのですが、今の状態では何となくそういう誘惑に乗りたくなる気持ちもあります。

デマで食い止めることができればいいのですが、かなりこれは難題かもしれませんね。というのも、保守派に訴えるには「子供の人権よりも、日本人の人権が尊い」又は「子供の人権が日本人の人権を脅かす」そして子供の人権の子供の部分を外国人に摩り替えるという作業をしなければなりません。国籍法は日本人と外国人を差別する法案ですから、比較的反対しやすいですね。人権擁護法案は外国人が実験を握ることにより、日本人の人権が脅かされる可能性があるので、これも反対しやすいですね。外国人参政権も同じことが言えます。では児童ポルノ法案ではどうでしょう?単純所持限定で考えて見ると、外国人が日本人をはめる為に利用するということが考えられます。しかしこれは子供の人権を守る為の法案であるので(と言っている)、単純所持が規制できない場合、被害者がその人物に一生、商業的性的搾取を受けることになります(と言っている)つまり今の解釈では

日本人<子供(外国人の人権よりも子供の人権が勝っている)

となっているわけです。そして保守派に納得させる為には、これを

日本人>外国人(子供という認識を外国人に摩り替える)

というようなことをしなければなりません。でも単純所持では摩り替えるというのはかなり難しいでしょう。その理由は単純所持は児童ポルノ法案の枠組みの中で取り締まるひとつの要件なのであって、つまるところ、世間一般で言われている冤罪というところに落ち着くしかありません。(人権擁護法案や、外国人参政権と違うのは外国人限定じゃないということです)つまり、痴漢の冤罪によって日本が乗っ取られると言ってることと同じだということです。

ということで保守派に納得させるには単純所持ではなく、児童ポルノ法案そのものに対してアピールしなければいけなくなってきますが、商業的性的搾取を日本が乗っ取られるとアピールできるのか?このあたりが問題になってきますね。とまあ、このように児童ポルノ法案で保守派に納得させることをするにはかなり困難を極めるので今のところは地道にやっていくしかありませんよね。

>ただ、先日日ユが発表した署名数が11万4千であったのを見て、まだまだこちらにも分があるのではないかという感じもあります。
あれだけテレビや新聞で大々的にキャンペーンを行い、「闇の子供たち」の全国上映までして11万というのはかなり少ないと感じるんですよね。
ネット署名という参加し易い方法も使ったのに。
私はてっきり20万とか30万行ってると思ってましたから。
署名数だけで単純に言い切れるものではありませんが、児ポ問題に対する一般人の関心は思ったよりもかなり低いのではないかと。

署名数思ったよりもかなり少ないですね。やっぱり毎日新聞問題が効いたのでしょうか?あと偽者ユニセフと本者ユニセフの効果は意外と大きいのかもしれませんね(笑)

児ポ法に対する一般人の認識はかなり低いと思います。まあ普通の人は知りませんからね。最近忙しくてネットを繋げられる環境になかったのですが、その間、児童ポルノ法案に関する情報は一切入ってきませんでした。ある意味で平和でしたよ(^^;

>それにはやはり個人だけでなくある程度の知名度のある企業や団体が動いてくれないと難しいでしょう。
個人レベルではロリコンの言い訳程度にしか受け取ってもらえませんし。

こんなこと言ってはなんですけど、ある程度の知名度のある企業って同人のことをあまりよく思っていないのがひとつと(同人の表現者のグループのこと。同人業界や個人レベルではそうでもない。)規制されても自主規制の範囲内で対応できる(コンシューマー業界がそうですね。エロゲ業界はバラバラ)と思っているからでしょう。クリエイター個人では動きたいと思っている方はいらっしゃるんじゃないかと思っていますが、会社として動くのはどうか?というレベルなんだと思います。もうひとつの理由としては児童ポルノ法案が「子供の人権を守る法案」だからだと思います。子供の人権を守る法案に企業が表現の自由が脅かされると訴えても大丈夫なんだろうか?と考えているのかもしれません。まあでもここまで深く考えていないでしょうね。たぶんほとんどの会社が児童ポルノ法案の実態を知らないからではないでしょうか?私のまわりでも知り合いからそのまた知り合いに聞いてみたりしましたが、クリエイターやお店関係(虎の穴やメロンブックスではやっと認知されてきましたが)では児童ポルノ法案の中身を知っている人は皆無でしたから。

>結局、個人で細々とやっていくしかないのですかねぇ・・・考えれば考えるほど頭痛いです。

私自身はバタフライ効果というものを信じていたりします。未来というのは分からないもので自分の行動がなにに影響するか分かりません。あの毎日新聞が大コケしたようになにが起こるのか分からないのですね。あのユニセフだって数年先にはどうなるか分からないですよ。もうすでにユニセフ憎しの地盤は固められているでしょうからユニセフがなにかポカをやらかした瞬間に毎日新聞の二の舞になるのは容易に想像できます。あとは反対派全員がロビー活動に目覚めたら確実に流れは変えられますね。若しくはロビー専用の人物と献金する人物に分けてロビーをする人はロビーだけで食っていける環境を整えることができれば。いずれにしてもなにもしなければ規制されるのを待つだけなので大変ですけどがんばりましょう。
2009/01/11(日) 22:07 mudan URL [編集]







非公開コメント
応援よろしくお願いします!
 
プロフィール
 

mudan

Author:mudan
元販売業のはず。なんの知識もなかったはずだが、なぜか店長をまかされるにまで至る。

とある事情があって業界から引退したはずだったが、本業とは別にその後もこっそりと知人の事業に関わったりしているようだ。

最近は冷却期間をおいたこともあって、また業界に返り咲こうと画策している。

野球が好き。

座右の銘は ”思い立ったが吉日”


どうも個人的なサイトではなくなってきたような気がするので、責任感を持たせる為にプロフィールを今までよりも少しだけ情報公開してみました。

当サイトはリンクフリーです。

YAHOO! ニュース
 
ココロ
 
ブログ内検索
 
ためになるリンク集
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。