上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
ユニセフ議員連盟総会
赤松会長、アグネス大使が「児童買春・児童ポルノ禁止法」改正の訴え


>3月11日(水)、衆議院第一議員会館にて、ユニセフ東京事務所主催の「ユニセフ議員連盟」総会が開催。谷垣 禎一ユニセフ議員連盟会長をはじめ、坂口 力 副会長広中和歌子 副会長御法川信英事務局長など、党派を超えて多くの国会議員の方々が参加され、今後の日本政府のユニセフ活動への支援などについて話し合われました。

小宮山洋子公式ホームページ

<洋子のひとことメッセージ> 
 午前中に、文部科学委員会で、大臣所信を聞きました。最初の政府提出法案の独法改革について、行革調査会と合同会議を開き、民主党提案の修正案を了承され、午後の次の内閣でも了承されました。
 午後のユニセフ議連にユニセフ駐日代表のほか、日本ユニセフ協会の赤松会長、親善大使のアグネスチャンさんも来てくださり、子どもポルノの所持の禁止などについて話してくれました。これをきっかけに、超党派で、児童買春・児童ポルノ禁止法の改正案を各党で作っているものを合わせて、折衝するテーブルを作ろうという話になりました。

岡崎トミ子公式サイト

ユニセフ協会の赤松良子会長に引き続き、日本ユニセフ協会大使のアグネス・チャンさんが発言、とくに児童ポルノ法改正に向けた努力の必要性が訴えられました。

山本幸三公式サイト

>日本国内では、欧米各国内で禁じられている子どもへの性的虐待を描いたアニメ・漫画やゲームソフト、また「児童ポルノ」を作品タイトルとするビデオが、大通りに面した有名量販店やインターネットの書籍・DVDショップで堂々と販売されるなど、「子どもの性」が明らかに成人向けの「商品」として取引されている状況が存在します。こうした状況の改善を求める声が国内外から届けられていますが、現行法の下では、有効な手立てを打つことができないのが現状です。日本ユニセフ協会の皆様は、このような問題を解決するため、日本ユニセフ協会大使のアグネス・チャンさんらと共に活動を続けておられます。政府・市民一丸となって、現状打開に取り組んでいきたいと思います。

アグネスチャン・オフィシャルサイト

>ユニセフの議員連盟の会議に行ってきました。谷垣さんや、野田大臣小宮山さんをはじめ、たくさんの方が集まってくれました。すごいうれしかったです。みんな世界の子供達に対する関心が高く、とっても心強い仲間です。本当にありがとう。


ユニセフが一体どういうロビー活動をしているのかは山本幸三公式サイトを見ればよく分かりますね。

奥村徹弁護士の見解
NHK「社会起業家の挑戦 -カンボジアの農村を救いたい-」

日本で日本の援助交際少女を救済している日本のNGOを聞きません。

 少年補導関係の文献では相変わらず虞犯少年として処遇されているようです。そういう意味では、警察→家裁で保護しているということなんでしょうか?

ユニセフのロビー活動はここにきて与党、野党問わず手当たり次第に行っているようです。

【関連サイト】

チラシの裏(3周目)
皆様にお願いです


カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの虚業日記
「児童ポルノの定義」について。以下、友人がまとめた資料。参照されたし。わが国の「児童ポルノ」の定義は広すぎる、という話。

この様に欧米諸国では、わが国の児童買春・児童ポルノ禁止法第二条3項三号に定義される「衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの」のすべてが必ずしも児童ポルノと定義されているわけではない。諸外国において児童ポルノの定義は法律の条文上だけでは曖昧な部分が存在することもあり、より詳細なガイドラインが存在する場合もある。

例えばイギリスのガイドライン「Sentencing Guidelines Council」の「Sexual Offences Act 2003」の109ページでは、以下のものが児童ポルノであるとして掲載している。

Level 1「性交類似行為なしでエロチックにポーズを取った裸などの画像」

Level 2「児童同士あるいは児童単独の性交類似行為」

Level 3「大人と児童との性交類似行為」

Level 4「児童同士、あるいは大人と児童による性交渉」

Level 5「獣姦やサディズム」

 ここではソフトヌードや芸術目的のものなどは完全に除外されている。

(mudan注)ただし、ソフトヌードや芸術目的のものであっても虐待の事実があれば罪に問われなければいけません。カマヤン氏の友人様が仰っているように、とにかく今の法案はこのあたりの問題が完全に抜け落ちている為、見た目で判断されたり(鑑定とか)、虐待の事実がなくても逮捕されたり、逆にあっても逮捕されなかったり(というか見つけにくい)言わば子供を守る法案ではなくわいせつ法案(刑法175条児童買春・ポルノ法第2条3項3号ならびに第7条の内容は非常に酷似してしまっている)になってしまっていることが現状です。これは日本ユニセフや矯風会が個人の子供を救うことではなく集団としての子供(実在かどうかというよりも在り方としての子供、ラディカルフェミニストの男女で判断するのではなく、ジェンダーで判断することと基本的に一緒だと思う)の性を許さない運動に発展していることが原因として挙げられるでしょう。言わば倫理の問題として児童買春・ポルノ法を扱っていること自体が結果として子供を救えていない法案になっていると言わざるを得ません。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mudaken.blog103.fc2.com/tb.php/254-7c957608
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント

どうもこんばんわ。
昨日はありがとうございます。

まぁ、本当言えば暫くネットから離れていたいんですが、前回それで本気で後悔していますので、今回はどんな事があれ落ち着くまではできるだけ休養しないようにしていかないとダメだなとか思うんです。

特に日ユが暴走しだしたともみれますし、トンでもない方向にいきかねないと本気で思いますので。

しかしアグネスって一体なんなんでしょうね?
少なくともここまでロビーしているのを見ると本気で怪しいんですが…。
タレントと言うよりもある意味プロ市民だとしか思えませんね。

後、アグネスと言えばちと疑問なんですが、現在の国籍は一体どこなんでしょうか?
ブログにも書きましたがネットだとまるで隠蔽されているかのように全くかからないんですよね。
子供はかかりますが。

少なくとも日本は二重国籍認めていないので、日本ではないと思うのですけど。
本当、こーいう点をみても非常に怪しい人物だなと思います。


しかし本当ここ最近毎日こんなニュースばかりでうんざりしますね。
これで流される民主も本気で信用できないなって感じですよ。

本当選挙もないみたいだし、色々嫌な事ばかりですが、出来る事だけはしておかないとダメですよね;
このような現状を許してしまっている時点で動く人少ないと思いますから。

後、例の件申し訳ないです。
ここ最近精神的なリソースがかつかつで、尚且つその事でレジスト値がかなり低下しているので;
本当ダメですね。

であであ失礼しました。
2009/03/12(木) 21:10 りず URL [編集]

久しぶりに書き込みます

こんにちは。久しぶりに書き込みいたします。

アグネス・チャンは香港出身ですから、まぎれもなく中国人ですね。「反日国家」の人間ですね!!(わざと煽り気味に書きましたが…)
日本人と結婚してたとは思いますが、帰化してはいなかったと記憶しています。

というわけで、児童ポルノ法改悪を阻止するには、何とかして「日本が乗っ取られる!!」などと煽り立てて、人権擁護法案や国籍法の時のような騒ぎを起こして潰せないかと思っているわけです。
(かつて説明いたしましたので、詳細は省略いたします)

ちょうど今、北朝鮮はテポドンの発射準備を進めています。北朝鮮は「人工衛星」だとする自らの主張を押し通すために、国際機関に人工衛星の発射を通告するなど、手が込んだことをしています。
相当手が込んでいますよ。もっとも、これで納得するわけなんてことは決して決してありませんがね。

こんな具合に「反日」連中はずいぶん狡猾で、頭が切れるので、児童ポルノ法を利用して、自分たちに都合の悪い人物を抹殺するかもしれません。

ダウンロード違法化を「反日」、「日本が乗っ取られる!!」といった言説と結びつけるのは無理があるしな…と考えているところでもあります。
Quietworksさんは、私の意見をリスキーで好ましくないとおっしゃっていましたが、即効性は国籍法改定案の時に証明されました!!
出遅れが原因で法案の阻止こそ失敗しましたが、引き延ばしというまずまずの効果をあげています。
http://d.hatena.ne.jp/slpolient/20081222/1229951407
http://d.hatena.ne.jp/slpolient/20081224/1230121796

改めて問題提起したいと思いますので、よろしくお願いします。
というのも、この表現規制問題は情報戦。規制反対派は「正しさ」だけでは勝てないのです。広く薄くの情報戦では勝てませんが、狭く厚くの情報戦では勝てると思います。
2009/03/12(木) 23:19 slpolient URL [編集]

りずさん コメントありがとうございます。

返信がめちゃくちゃ遅くなってしまって誠に申し訳ありません。理由はエントリーで述べていますので、よろしければ読んでくださると助かります。

アグネスさんは確か帰化していなかったと思いますので中国国籍だと思います。

彼女は子供のことが好きで、いかに大事に思っているのかがよく分かるのですが、まわりが見えていないのが問題ですね。虚構と現実の区別がついていないのもどうにかしてほしい。

はっきりいって私達にとっては迷惑なことこの上ないです。

加えて民主党も検討違いの見解をしていますし、ほんとどうしたものやら。

反対する人があまりいないのはこの法案が危険だと考えてる人があまりいらっしゃらないのが一番の理由ではないかと。

もしそうではないなら、危険よりも倫理を優先したいのでしょう。ほんとに自分の価値観を他人に押し付けるのが好きな人達ばっかりでイヤになります。
2009/03/22(日) 14:19 mudan URL [編集]

slpolientさん コメントありがとうございます。

返信がかなり遅くなってしまいました。本当に申し訳ありません。

規制反対派の正しさだけでは勝てないというのはある意味そうなのかもしれませんが、現状では規制反対派が正しさで勝負しているのかと問われれば「ちゃんと正しさで勝負しているのだろうか?」という気持ちにはなります。(もちろんこれは反対派の個々団体ではなく一般人レベルでの話)

正しさという意味では冤罪なんかがそうだと思うのですが、これを「反日」のおかげで「日本が乗っ取られる」ような言説をつくるためには一般人(というか右翼議員?)に反日の陰謀論を信じ込ませなければなりません。

加えて味方の議員さんから愛想を尽かされないようにしなければいけません。

ということでそろそろslpolientさんにはそのような言説に持っていくのはどうすればよいのかというのを聞いてみたいですね。期待してます。

2009/03/22(日) 15:24 mudan URL [編集]







非公開コメント
応援よろしくお願いします!
 
プロフィール
 

mudan

Author:mudan
元販売業のはず。なんの知識もなかったはずだが、なぜか店長をまかされるにまで至る。

とある事情があって業界から引退したはずだったが、本業とは別にその後もこっそりと知人の事業に関わったりしているようだ。

最近は冷却期間をおいたこともあって、また業界に返り咲こうと画策している。

野球が好き。

座右の銘は ”思い立ったが吉日”


どうも個人的なサイトではなくなってきたような気がするので、責任感を持たせる為にプロフィールを今までよりも少しだけ情報公開してみました。

当サイトはリンクフリーです。

YAHOO! ニュース
 
ココロ
 
ブログ内検索
 
ためになるリンク集
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。