上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
鳥山さんの最新エントリー「リスク」に関してそれなりに反響はあったようで、ちょろちょろ話題が出てきつつあるのですが、その中でリスクのエントリーに理解を示しつつ「冤罪以外に違法化すると犯罪が増えるということも主張しよう」とかいう発言があったのでひとつ言っておこうと思います。

まず鳥山さんに賛同するのなら「児童ポルノQ&A」のカテゴリーぐらいちゃんと読みましょう。

さてそこにはなんと書かれているでしょうか?少なくとも「違法化すると犯罪が増える」ということを主張しろ」なんてどこにも書かれていないことがお分かりになるかと思います。

むしろ逆で「違法化すると犯罪が増える」という主張は危険であるとの解釈が可能です。

紙屋研究所の歪んだ性愛観シリーズでは男の性(欲望=射精をプライオリティの上位においている)を基に規制推進派(APP)が理論を組み立てているということが書かれています。

同じく一部の反対派が主張している「違法化すると犯罪が増える」(いわゆるガスぬき論)という理論?も男の性(欲望=射精をプライオリティの上位においている)を基に理論を組み立てています。

この二つのキーワードは「射精」です。前者は射精という目的がある為に男は女を性の道具(欲望を吐き出す道具)としか見ていないことにあり、後者は男は定期的に射精(欲望を吐き出すこと)をしなければ暴走してしまう生き物だから「代用品」が必要だということです。

どちらも男の性(欲望=射精をプライオリティの上位においている)が危険であるを基にして理論を組み立てていることがお分かりになるかと思います。

では規制推進派ははじめになんと言っていたでしょうか?

そう、APPは男の性(欲望=射精をプライオリティの上位においている)が危険であると言っているのです。つまり反対派のガスぬき論によってAPPの主張は証明されてしまっていることになるんですよ。

鳥山さんに異論がある方はいらっしゃることかと思います。それはそれでまあいいんですけど問題は、鳥山さんの活動は以前から知っていて、今回のエントリーのリスクでやっぱり納得できるとしておきながらガスぬき論を以前から批判している鳥山さんに対してガスぬき論(違法化すると犯罪が増える)を主張していかないといけないっていう結論になんでなってしまうの?ってことなんです。

こういうことをされてしまうと今回のエントリー「リスク」でも仰っているように鳥山さんの活動に支障をきたすことも考えられるし、ひょっとすると、どこかで利用されちゃう可能性もあるかもしれないので鳥山さんに賛同する方は最低限「児童ポルノQ&A」だけは読んでおいて下さい。私からのお願いです。


※たぶんりずさんも読んでいらっしゃることかと思いますので(いつもありがとうございます)言っておこうと思いますが、りずさんのことを言ってるわけではありませんのでご安心下さい。

※コメントを複数人の方々から頂いておりますが(ありがとうございます)返信はまた後日以降とさせて下さい。申し訳ありません。


【3月23日追記】

私の説明不足が原因で少々混乱を招いてしまったので改めて補足させて頂きます。

まずこのエントリーは鳥山さんの「リスク」の賛同者で、かつ「違法化すると犯罪が増える」いわゆる「ガス抜き論」を主張する方々を対象にしています。

私はAPPの理論が正しいことを主張しているわけではありません。すでにAPPの理論は破綻しています。その破綻している理論を同じように主張する「リスク」の賛同者に対して警鐘を鳴らしています。

「違法化すると犯罪が増える」ことを主張するのはAPPの理論を全て正当化するとは言えないというのは確かに仰る通りかも知れませんが、全ての方がそのように解釈してくれるでしょうか?ここで重要なのは「違法化すると犯罪が増える」ということを主張することがどれだけのリスクを伴うのかということなのです。以下をご覧下さい。

高市早苗 公式ホームページ
●「児童買春・児童ポルノ禁止法」改正案作りに取組んでいます。

>小委員会が始まって以来、私の所にも「児童ポルノを観なければ興奮できない男性もいるのに、どうしてくれるのだ」「児童ポルノを愛好する権利はあるはずだ」といったご意見が寄せられていますが、そのような「権利」を認めることで「ポルノ写真を撮られた児童の被害」を放置するわけにはいきません。

日本ユニセフ協会が3月11日に開いた記者会見で読み上げられたある女性の手紙には、胸が痛みました。 「今も私の写真がネット上に流れ続けている。大人になっても、恋愛も結婚も子供を産むこともできない。あの写真がある限り」。

 私の地元である奈良県では、2004年に女児誘拐殺人事件が発生しました。
加害者の携帯電話に児童ポルノ画像が多く保存されていたことから、児童を対象とした性犯罪と児童ポルノの関係が取沙汰されました。

この文章を見てどう思われましたか?

反対派や児童ポルノ法案に詳しい方々は別かもしれませんが、一般人がみれば正直ひくのではないでしょうか?更に後述の文章にも注目してみますとAPPの理論が正当化されているように見えませんか?

これはAPPの理論とガスぬき論が同じように認識された結果起こった現象だと言えます。

原文はどう書いてあったのかは高市議員本人にしか分かりません。ただし少なくとも「児童ポルノ=児童虐待」として認識されている高市議員にとってはこの意見に対して首を縦に振ることは難しいのではないでしょうか?

つまり「違法化すると犯罪が増える」ことがAPPの理論とは違うということをよほどうまく説明しないと高市議員のように認識される「リスク」があるのです。

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mudaken.blog103.fc2.com/tb.php/255-2b410d6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント

なぜ規制により性犯罪が増えるか

おはようございます。

>少なくとも「違法化すると犯罪が増える」ということを主張しろ」
>なんてどこにも書かれていないことがお分かりになるかと思います。

違法化すると犯罪が増えることを調べていますが、
そうですね。
たまたま、そうらしいということを見つけただけで、
当初は、それを理由にして児童ポルノの単純所持規制に反対していたわけではありませんでした。

単純所持規制を導入すると性犯罪が増えるようですが、
その原因の説明が、ガス抜き論が正しいかどうかわかりません。
単に、「娯楽があれば犯罪に走らない。
娯楽が無くなれば犯罪に走る人が出てくる。」
ということかもしれません。
(児童ポルノ規制よりもマンガ規制の方が性犯罪を増すようですから)

表現規制により、犯罪が増えることとの相関が強いということだけを、
事実を謙虚に調べていきたいと思います。
2009/03/14(土) 06:54 ランナー URL [編集]

違法化した場合、犯罪が減少するとも「考えられる」し、増加するとも「考えられる」でしょうね。いずれの主張に対しても、いまだに十分な決め手がないわけですから。

ただ、かりに違法化によって犯罪が増加すると考えたとしても、そのことは、一般的な男の性をレイプと結びつけるような主張を正当化するものではないのではないでしょうか。

かりにポルノが手に入らなくなったと仮定しても、それによって犯罪に決定されうるのは、そもそも境界領域に位置している危ない性格の人だけでしょうから。

つまり、限定効果論の対象となっているようなグループだけが問題なのであって、違法化によって犯罪が増加するという主張は、たとえばオタクの人が危険であるという主張に結びつくものとは考えられないと思いますけど。

2009/03/14(土) 20:55 civilliberties URL [編集]

こんばんわ

>つまり、限定効果論の対象となっているようなグループ
>だけが問題なのであって、

これは、その通りと思います。

>違法化した場合、犯罪が減少するとも「考えられる」し、
>増加するとも「考えられる」でしょうね。

このカキコの
「考えられる」という話のニュアンスが、
「増加するかもしれないし、減るかもしれない、
事実はどうなるかわからない」
というニュアンスに取れる
カキコなので、
(本当に言いたいこととは表現が少しちがっていら
っしゃったかもしれませんが、、、)
その「ニュアンス」に反論させて頂きます。

事実だけはわかっていると思います。
事実を調べれば調べるほど、、
表現規制をすると「犯罪が増えてきた」
データばかりがわかってきています。
http://like700.hp.infoseek.co.jp/42.html#G8

わからないのは、それが「どう理論づけられるか」
確固とした理論がわからないことです。

事実としては、表現規制と、性犯罪の増加とに
極めて相関が強いことだけが分かってきました。

私の調べた限りでは、
その反対のこと
(表現規制をしたが性犯罪が減る)
という事実のデータが見つからないのです。

どなたか、そういうデータを持っていらっしゃれば、
素直に認めて調べてみたいと思っていますので
教えて頂ければありがたく思います。
2009/03/14(土) 21:56 ランナー URL [編集]

いえいえ
お気になさらず。

そーいう冷静なご指摘が出来る点がmudanさんの良いところだと思ってますからw
まぁ、私自身、読んでて緑の部分がそーだなーっと思ったとかですし、見落とし自体も多いですからねぇ。
(正直日本人は長期的計画を立てるのが下手な土地柄だと思ってたりするとかで。)

ガス抜き論云々については正直なさけないことに頭から抜けていたと言う。
元々頭が悪い方ですが、正直最近魂が抜けすぎててダメみたいですorz

まぁ、全てに賛同するなんて生きてるうちにまずありえない事ですし、ご自身の思う警告をなさるのは良い事だと思います。
(私自身も多分他の人とは違う考えの部分も多々あったりしますし)

まぁ、最近本当良く他の人の文章を読んでて、頭が悪いなりにも考える事が多くなった気がします。

であであ失礼しました。
2009/03/15(日) 02:27 りず URL [編集]

>つまり、限定効果論の対象となっているようなグループ
>だけが問題なのであって、

その通りとおもいます。
しかし、だからこそ、
「限定効果論の対象となっているようなグループ
の行動パターンに合わせて法律を作っているわけではない」
と考えている議員の方がいらっしゃるかもしれません。

「悪書が性犯罪の原因になる」というパニックの火
を消す消火剤として、
「表現規制をすれば性犯罪が増えてきた」
データが多い事実
を使えば良いのではないかと考えています。
2009/03/15(日) 09:19 ランナー URL [編集]

表現規制の「あと」に性犯罪が増加したとしても、それが表現規制の「せい」だとは限らないと考えることも不可能ではありませんけど、対抗言論としては、「表現規制をすれば性犯罪が増えてきた」というデータがそれなりの蓋然性を備えていれば、たしかに十分だと思います。

もっとも、規制推進派の大半は、「悪書」と性犯罪との関係がどういうものであっても、それとは独立に、モラリズムの次元で、「やはりこういうものは規制しないとね」と判断しているのでしょうけど。

2009/03/15(日) 10:34 civilliberties URL [編集]

ランナーさん コメントありがとうございます。

色々ありまして返信が遅くなってしまいました。本当に申し訳ありません。

このエントリーは鳥山さんのエントリー「リスク」に関して賛同している方々が「違法化すると犯罪者が増える」ことを主張しようという考えに至るということがいかにこの「リスク」のエントリーの趣旨を理解していないかを分かってもらう為に書いたものです。

つまりランナーさんをどうこう言うつもりで書いたわけではありませんのでそのあたりはご理解のほうよろしくお願いします。(ただ、ランナーさんが鳥山さんのリスクに賛同したのなら話は別ですけどね)

ただひとつ頭の片隅に入れて頂きたいなと思うことがあるとすれば、自身の活動が反対派に影響を及ぼさないように常に意識しておくことでしょうか。まあまさに鳥山さんのエントリー「リスク」なことなんですけどね(^^;

2009/03/22(日) 16:08 mudan URL [編集]

civillibertiesさん コメントありがとうございます。

返信が遅くなりまして誠に申し訳ありません。

少し誤解があったようですね。まずはじめに、私はAPPの理論が正しいから違法化すると犯罪が増えるという主張を控えたほうがいいということを言っているわけではありません。一部の反対派の主張がAPPの破綻している理論と被っているからよく考えたほうがいいと申しているのです。

それとcivillibertiesさんの仰ることはよく分かりますが、それでしたら「違法化すると犯罪が増える」ことを殊更主張しなくてもいいはずですよね?というのも限定効果論ならわざわざ「リスク」の高い「違法化すると犯罪が増える」ことを主張するよりも「創作物と犯罪との関連性はない」ことを主張すればいいのですから。

どっちにしても犯罪者がいるのには変わりないじゃんと思われるよりも犯罪者がいないと言い切ったほうが「リスク」は少ないのではないかと。うーん。説明が難しいですね。申し訳ないです。

つまりAPPの説明をうけた議員が「違法化すれば犯罪が増える」ということだけを単純に反対派がその議員に説明したらAPPの主張を裏付けてしまう事態もあり得るのではないかと思うわけです。

まあ実際そこまで敏感な議員がいらっしゃるのかは失礼だけれどもいるかのかどうか甚だ疑問ですが、専門分野ではない一般の反対派も活動していることを考えると、「リスク」は常に考えておかなければいけないと思います。

最後に、civillibertiesさんのサイトはちょくちょくお邪魔させて頂いてます。すばらしい見解をお持ちだといつも感心しながら読ませて頂いております。今後とも是非勉強させて頂きますのでこれからもよろしくお願い致します。
2009/03/22(日) 17:15 mudan URL [編集]

りずさん コメントありがとうございます。

いや、こちらこそ個人名を出してしまって申し訳ないです。

以前当ブログのエントリーでりずさんが御自分のことだと思って、コメントを残して頂いたことがあったのであらかじめ違うよということをはっきり申し上げる為にも名前を出したほうがいいかなと思って出させて頂きました。

今回のことでもしなにか影響がおありでしたら遠慮なく仰って下さいね。それとご評価ありがとうございました。
2009/03/22(日) 17:27 mudan URL [編集]

http://toriyamazine.blog100.fc2.com/blog-date-20090323.html
鳥山氏ロビー活動後談。
・どうやらオタク趣味の人間は存在してはいけないらしい。
・でもそれはオタク自身が招いた失態である。

過去の活動で何があったのか知りませんが、どうやら反対派は負けるべくして負けたんだな・・
2009/03/23(月) 08:09 URL [編集]

2009/03/23(月) 08:09さん コメントありがとうございます。

>・どうやらオタク趣味の人間は存在してはいけないらしい。
・でもそれはオタク自身が招いた失態である。

鳥山さんはオタク趣味の人間は存在してはいけないとは書いていませんよ。そういう人達が政治に関わる危険性を述べているのです。そしてどうすればいいのかをちゃんと書いています。そしてその努力を怠った結果が今の現状なんだよということを仰っているのです。

あと反対派が負けたというのはちょっと違いますね。というのも一部?の反対派は民主案に賛成しているからです。だからこれは起こるべくして起こったというほうが正しいでしょう。

さて、児童ポルノ法案は今非常に厳しい状況ですね。民主党が改正案をまとめてしまった以上、受け手犯罪者化を止める為に残された道は解散総選挙か鳥山さんの作戦が成功するかのどちらかしかないような気がします。
2009/03/24(火) 04:04 mudan URL [編集]

>mudanさん恐縮です

ちょっと表現がまずかったようです。

オタクが存在してはいけない、といったのは所謂世論を形成する一般人、という意味です。
世論が味方しなければ行き詰るのは必定です。確かにオタクが泣いても世間は「ザマア見ろ」と思いこそすれ同情はしないでしょう。今は他人に不寛容な社会ですから。(以下URL参照)
http://blog.goo.ne.jp/rebellion_2006/e/cdb5e72276102c4b7cf2ef1cbb874fa7
http://blog.goo.ne.jp/rebellion_2006/e/f6a38f1abfc6f6341c3a085f31ac6250 
こういう社会を作ったのはマスコミです。マスコミと政治家のタッグ、となるとどうしてもフリーメーソンを疑いたくなってしまいます。

余談ですが、鳥山氏は近いうちに規制反対運動から離脱する気がしなくもありません。
世間から後ろ指指され、オタクは無理解か無関心、では「やってられない」と思うのも無理はないでしょうから。
2009/03/25(水) 07:18 230809 URL [編集]

230809さん コメントありがとうございます。

なるほど、そういうことだったのですね。これは失礼しました。つまり私の勘違いでなければそういう世論に習えってことを鳥山さんは仰っているのではないかとそういうことですね?

まあ、そういう気持ちは分からないでもないですが、でもこの国が民主主義で成り立っている以上現状では仕方のない気がします。目的を達成する為には女性の票というものが必要なのは確かですからね。誤解を恐れずに言わせて頂けるならば目的を達成できるならオタクが世間に浸透していなくてもいいとは思うんですけどね。でもこれは私がオタクに対してあまり拘りを持っていないという理由もあるのかもしれません。(まわりからどう見えるかは別にしてねw)

鳥山さんの反対運動のことですが、まあ離脱することはないのではないかと。だって離脱する気ならとっくの昔にもうやってるはずですから。たぶん昔のほうがきつかったんじゃないですかね。あとオタクが無理解か無関心で怒ってるのはどっちかというと藤原氏なのではないかと思われます。
2009/03/29(日) 12:02 mudan URL [編集]







非公開コメント
応援よろしくお願いします!
 
プロフィール
 

mudan

Author:mudan
元販売業のはず。なんの知識もなかったはずだが、なぜか店長をまかされるにまで至る。

とある事情があって業界から引退したはずだったが、本業とは別にその後もこっそりと知人の事業に関わったりしているようだ。

最近は冷却期間をおいたこともあって、また業界に返り咲こうと画策している。

野球が好き。

座右の銘は ”思い立ったが吉日”


どうも個人的なサイトではなくなってきたような気がするので、責任感を持たせる為にプロフィールを今までよりも少しだけ情報公開してみました。

当サイトはリンクフリーです。

YAHOO! ニュース
 
ココロ
 
ブログ内検索
 
ためになるリンク集
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。