上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
未分類 | 2009/03/29(日) 11:06
最近寝ても疲れがとれないせいか様々な場面で影響を及ぼしているような気がします。そしてそれはブログにも多少影響があるのかもしれません。というのは最近の自分の書いた文章を改めて見直してみると、文章にまとまりがなく、誤字、脱字だらけで、おまけに冷静を欠くような内容が書かれていることもあるからです。

ということで、なにかおかしな表現がありましたら遠慮なくツッコミを入れて下さいませ。また、不快に思われた方もいらっしゃると思いますのでこの場にて謝罪させて頂きます。ごめんなさい。

話は変わって皆様はこれ(PDF注意をもうお読みになられたでしょうか?これは昨年早稲田大学で行われたセミナーで使われた資料なのだそうですが、このセミナーのパネリストの日本ユニセフ協会専務理事の早水研氏の主張に注目してみたいと思います。

実は早水研氏の主張の一部に以後の創作物規制を進める為の手法が書かれている箇所があります。それを抜粋してみます。

「子供ポルノ」は、実在の子どもが対象になっている場合、製作の現場でまさに虐待に遭っているのです。そして、それがインターネット等を通じて消費される時、またそこで虐待が行われている。そしてその後も、特にインターネット社会においてはですね、一度バーチャルな世界に画像が出てしまいますと、ある意味で永遠にそこに残るわけですね。そういった形で、繰り返し、繰り返し虐待を受けると。もう既に自殺者が出るくらい、被害に遭った子どもがいるわけでございます。

子どもポルノというのはみなさまも知っての通り必ずしも実在していない子供の創作物のことです。(集団的人権とかなんとかw)

さて、もう勘の言い方はお分かりだと思いますが、この主張は規制推進派の単純所持の時の主張と全く同じものです。つまり規制推進派は創作物の規制の場合でも同じようなロジックを繰り返し行ってくる可能性があるということです。

もちろんこれは規制推進派が構築する(そんな立派なものではないけれど)あらゆる方法論としてのひとつだと思いますので、こういう方法もやってくるんじゃないかということで用心するに越したことはなさそうです。

また、この資料の評価は反オタク国会議員さんのサイトでも行っております。ぜひ一度目を通されることをおすすめします。

「反ヲタク国会議員リスト」メモ
日本ユニセフ協会の凄い見解
スポンサーサイト
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mudaken.blog103.fc2.com/tb.php/261-6f53ca65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
応援よろしくお願いします!
 
プロフィール
 

mudan

Author:mudan
元販売業のはず。なんの知識もなかったはずだが、なぜか店長をまかされるにまで至る。

とある事情があって業界から引退したはずだったが、本業とは別にその後もこっそりと知人の事業に関わったりしているようだ。

最近は冷却期間をおいたこともあって、また業界に返り咲こうと画策している。

野球が好き。

座右の銘は ”思い立ったが吉日”


どうも個人的なサイトではなくなってきたような気がするので、責任感を持たせる為にプロフィールを今までよりも少しだけ情報公開してみました。

当サイトはリンクフリーです。

YAHOO! ニュース
 
ココロ
 
ブログ内検索
 
ためになるリンク集
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。