上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
先日書いたエントリーなんですけど水無月氏がブログにて取り上げて下さいました。どうもありがとうございます。

表現規制について少しだけ考えてみる(仮)
両氏の見解はどちらも納得できる…

さて、私の書いたエントリーに対して大変ご立腹な方がいらっしゃるので少しだけ補足します。

まずあのエントリーですが、あれは私の思惑ではなく、私が見てきた業界の中での事実の何パターンかの一つに当てはめてシミュレートさせて頂いたものです。従ってあのエントリーは私の思惑とは関係ありません。その証拠に私は自分でシミュレートしたDAE-HYON氏に対して苦言を申しております。

そもそも私が消費者そっちのけで「目に見える範囲だけ」で業界の利益「だけ」を優先して考えているなら、児童ポルノ法案やダウンロード違法化に反対なんかしておりません。

私を攻撃することで憂さ晴らしができるならいくらでもやって頂いてけっこうですが、そこからどうしますか?攻撃していても問題は解決しないのです。

業界には少なからずDAE-HYON氏のような人物が企業或いは製作者若しくは販売業者として存在することは「事実」なんです。その「事実」を踏まえて「行動」しないと最善策を見つけることなんてできませんよ?

これはね、「見解」とか「正論」なんかではなく「事実」なんです。だからその「事実」に反論「だけ」していてもしょうがないんですよ。「事実」を踏まえた上でどのように「行動」するか。このことを頭に入れておくだけで、反対活動の中身はかなり変わってくると思います。

(正直自分が出来ていないことを言うことはものすごく辛いことなんだけど、現実を見てもらうために書きました。なにか得るものがあったなら幸いです)
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mudaken.blog103.fc2.com/tb.php/265-520e77d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/04/10(金) 22:16 [編集]







非公開コメント
応援よろしくお願いします!
 
プロフィール
 

mudan

Author:mudan
元販売業のはず。なんの知識もなかったはずだが、なぜか店長をまかされるにまで至る。

とある事情があって業界から引退したはずだったが、本業とは別にその後もこっそりと知人の事業に関わったりしているようだ。

最近は冷却期間をおいたこともあって、また業界に返り咲こうと画策している。

野球が好き。

座右の銘は ”思い立ったが吉日”


どうも個人的なサイトではなくなってきたような気がするので、責任感を持たせる為にプロフィールを今までよりも少しだけ情報公開してみました。

当サイトはリンクフリーです。

YAHOO! ニュース
 
ココロ
 
ブログ内検索
 
ためになるリンク集
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。