上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
読売新聞
〔スコープ〕 未成年狙う 一般サイトの闇
プロフやゲーム悪用 「規制なし」逆手に


女性を装ってメッセージを書き込み、女子中学生を誘い出す。目的はわいせつ行為。集団暴行やわいせつ目的誘拐の容疑など6件で立件された栗原市金成片馬合、コンビニ店員伊藤隆洋被告(26)ら2人は、少女を誘い出す手段に携帯電話のゲームサイトを使った。未成年者を狙うこの手の犯罪は、法規制された出会い系サイトから、「プロフ」と呼ばれる自己紹介サイトやゲームサイトなど一般サイトへとすそのを広げている。今月から18歳未満の契約者はフィルタリング(選別)サービスが義務づけられたが、一層の自己規制も求められる。(奥林千尋)

 昨年12月4日。伊藤被告らは車で栗原市の路上で中学3年の女子生徒(当時15歳)に近づき声をかけた。「兄だけど代わりに迎えに来た」。女子生徒は、携帯電話のゲームサイトで知り合ったエリカ(仮名)と名乗る「19歳の女性」と待ち合わせていた。伊藤被告らは、エリカの兄と称して接触した。

 女子生徒がエリカと知り合ったのは、会員同士が交流できる「ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)」機能付きのゲームサイト。自分の分身をネット上に作り、会員と対戦ゲームをし感想を掲示板に書き込み交流する。

 サイトのエリカは「最近免許取ったばかりだから出かけたいな」と誘った。女子生徒は、待ち合わせ場所で、兄という男の出迎えに戸惑ったが、車でもエリカから「いまどこ?」とメールが届き信じてしまった。車が着いたのは人気のないホテルの駐車場。女子生徒は、すきを見て逃げ出した。

 伊藤被告らは、サイトで女性を装って少女に接近し、「自宅から近い子を選んでいた」と供述している。

 県警によると、ネットを通じて知り合い、事件に巻き込まれた未成年者は昨年1年間で計52人。出会い系サイトを通じた被害は13人(昨年比26人減)と減ったが、SNS機能付きサイトやプロフなどの自己紹介サイトは39人(同17人増)と倍増した。

 出会い系サイトは18歳未満の利用が禁止され、昨年12月の改正法で、業者の公安委員会への届け出も義務化された。一方、SNS機能付きゲームサイトは自主規制にまかされている。約1300万人が登録する大手は、メールアドレスや電話番号の交換を禁止し、メッセージのやり取りも18歳未満を制限しているが、栗原市の女子生徒が被害に遭ったサイトは規制がなかった。運営会社も「注意喚起や監視には力を入れている。未然に防止できているはずだ」と話すのみ。県警幹部は「規制強化で出会い系サイトから、ゲームサイトやプロフに移行している」と警鐘を鳴らす。

 今月から有害サイト規制法が施行され、18歳未満の携帯電話の契約者にフィルタリングサービス加入が原則義務づけられた。しかし、被害のあったゲームサイトは有害サイトを選別する業界の第三者機関「モバイルコンテンツ審査・運用監視機構」に認定されており、このサービスを使ってもサイトが利用できる。

 全国webカウンセリング協議会の安川雅史理事長は「認定サイトだから絶対安心とは言えない。家庭や学校教育の場で携帯電話の使い方について話し合うことが重要」としている。
(2009年4月9日 読売新聞)

情報源は奥村徹弁護士の見解から。

出会い系サイトの規制を実行してなにが防げたのかと言うと、実際はなにも防げていないことがよく分かりますね。変わりに無くしてしまったものは人と人との出会いの場でした。

こういうことを理由にしていくとどんなことでも規制の対象にすることができます。規制に終わりはありません。変わりに自由はどんどん制限されていくわけです。

そろそろ「臭いものに蓋をする」政策から「臭いものと上手に付き合っていく」政策の転換期にきているのではないでしょうか?

弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」
<アフィリエイト広告>代理店社長立件へ 神奈川県警

>日本中のあらゆるところで国民に国民を監視させ犯罪を防止しようとする、そのために、幇助犯規定をフル活用しいろいろな人々を威嚇して犯罪防止に協力させる、というのが、警察お得意の手法で、本件もその一環ということが言えそうです。

インターネットホットラインのことですね(笑)

>この種の広告仲介に当たり、代理店による審査は行われるはずですが、どこまで審査できるかという問題、限界がある上、審査後の当該サイトの内容変化(例えば、当初は、子供の成長を見守るほのぼのとした地域サイトであったものが、その後、児童ポルノサイトに変貌してしまったなど)をどこまでフォローできるかという問題もあるでしょう。そういった問題は、幇助犯としての故意にも影響してくることになります。上記の記事にある事件でも、「別に開設した適法サイトを装い広告主と契約していた。」とあって、だまされた上で幇助犯に問われる、ということではたまらない、と思う人も少なくないように思います。

上記と少し違いますが、こういうのを見ると画ちゃんねる掲示板の管理人が逮捕されたときに警察に「管理できないことをやっていることがおかしい」と言われていたのを思い出します。しかしこの理論でいくと車は作ってはいけないことになってしまいますね。おかしな話だと思います。


e-politics
意見まとめ

e-politicsの管理人の元政治学徒氏が、あるところから参考にした書き込みのまとめです。ぜひ読んでみて下さい。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mudaken.blog103.fc2.com/tb.php/268-952f6b8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント

この文章がいう官僚組織の悪いところって、警察の取り締まり権限が拡大し続ける表現規制問題やネット規制問題そのものじゃないですか?
警察といえばソープやパチンコの許認可権でも有名ですが。

64 :るな :2009/04/12(日) 18:28:41 ID:74CM26rn
 民主党はどうなる Q&A vs官僚・6

Q・官僚組織の何が悪いのか、分かりやすく説明して下さい。
A・官僚組織は時間が経つにつれて、「権限」「人員」「費用」が増える傾向にあるからだ。その
 フローチャートは以下の通り(単純なモデル)
1:仕事が発生する
2:与えられた時間を「フル」に使って仕事する
3:仕事量が増えるので「人員」が増える
4:仕事の完了~「権限」「規制」の強化。
5:「規制」の再チェックを定期的に行う
6:問題点や改善点の発生~1にもどる。

このような感じで組織が肥大化すると、「規制」が「規制」を生む悪循環となる。恐ろしいのは
官僚の「人間性」とは関係なしにこのフローチャートは進行することだ。
2009/04/12(日) 18:43 saba URL [編集]

続き

つまるところ、規制がやたらと拡大してしまうのは官僚の特性ということになるんでしょうか。
その意味で、官僚政治打破を訴える民主党は、表現規制反対派やネット規制反対派と協調し得る立場にあるのではないかと。
事実上の単純所持規制が盛り込まれてしまっていて問題が多い民主党児童ポルノ法改正案ですが、そのなかにある、警察官僚から取り締まり権限を剥奪するという一点は注目に値すると思います。
なんにせよ自公政権を選ぶのだけはダメということで。

http://society6.2ch.net/test/read.cgi/giin/1239521813/l50

87 :るな :2009/04/12(日) 18:46:34 ID:74CM26rn
 民主党はどうなる Q&A vs官僚・7

Q・官僚自身で「組織の肥大化」を止められないのですか?
A・官僚は本質的に「権限の強化」を好み「権限の縮小」を嫌がる。だから止められない。
 古い表現だと「人間疎外現象」だ。官僚機構の「法則」が作動してしまってはどうすることも
 できない。止めたいと思っても止められない。
Q・如何すれば肥大化を止められるのか?
A・そこで「外部の人間」の登場で、具体的には「政治家」だ。政治家主導でスリム化してもらう。
 ただ「政治家」の力量が「官僚」の力量より下なら不可能だ。面白いことには「官僚出身の政治家」
 のほうが組織の恐ろしさをが分かるので肥大化を防止しようとする傾向がある。一番あぶないのは
 「官僚以外の出身の政治家」で族議員になってしまった場合、官僚と政治家が手を取り合って
 官僚組織の肥大化に組み込まれしまうこと。そうなったらおしまいだ。
2009/04/12(日) 18:54 saba URL [編集]

sabaさん 情報ありがとうございます。

返信が遅くなって申し訳ありません。

官僚が原因で規制拡大路線に突き進むと言うのは「民主党はどうなる Q&A vs官僚・7」の見解が的を射ているのではないかと思われます。

ここで語られている「人間疎外現象」という言葉をどこに配置するかで意味は変わってくるわけですが、競争主義(市場原理主義?)を否定するものとして「人間疎外現象」という言葉を用いているのだとしたら、仰るとおりだと思います。

文化庁主導の音楽業界の補償金やダウンロード違法化、総務省主導の情報通信法、警視庁生活安全課主導のインターネットホットライン等の動きを見ていればお分かりの通り、官僚さんは競争主義には否定的な見解をお持ちでいらっしゃるのではないかと思われます。自分達で決めた企業(基本的に大企業)を保障すれば全てうまくいくと思っているようです。

しかし歴史を紐解けば文化の発展には競争という要素は必要不可欠だということがお分かり頂けるかと思われます。

以上のことが民主党はどうなる Q&A vs官僚・6で語られていること以外の理由として考えられるかと思います。

というか私が理解していないだけだと思いますけど6は一体なにを言いたいのかがよく分かりません。これは警察官僚のお仕事ですか?あまりにも単純すぎて逆に難しいです(^^;)

6の意味が仮に官僚の天下りの結果、規制が増えると主張されているものだとしたら、確かに仰るとおりだと思いますが、これは日本のシステムをどうにかしないと解決できない問題でもあるような気がします。

たとえば警察の場合、法律的な問題で官僚の天下りをゆるしているというか斡旋しているというか、まあそのようなことを民間は積極的にやるわけです。だから規制の強化を止めるには日本のシステムをどうにかしなければいけないんじゃないかと思いますね。

そしてここから7に繋がってきますが、システムを変えるのは政治家しかできないわけで、だから私達は選挙等で官僚を相手に戦える政治家を選ばないといけないし、又日本のシステム上同じ党が長く政権を握ってしまうと官僚との「利権」が生まれてしまうので、sabaさんが仰るとおり適度に交代させる必要があります。

>その意味で、官僚政治打破を訴える民主党は、表現規制反対派やネット規制反対派と協調し得る立場にあるのではないかと。
事実上の単純所持規制が盛り込まれてしまっていて問題が多い民主党児童ポルノ法改正案ですが、そのなかにある、警察官僚から取り締まり権限を剥奪するという一点は注目に値すると思います。

仰るとおり警察から取り締まり権限を剥奪させたというのは大いに意味があると思います。が、気がかりなのが「ブロッキング利権」です。詳しいことは分かりませんが、児童ポルノ利権がなくなってもブロッキング利権を保険にしようと考えているはずです。だからブロッキングは青少年ネット規制法のようにザル法にするか、廃案にしなければいけません。

それと話が飛びまくって恐縮ですが、

>面白いことには「官僚出身の政治家」のほうが組織の恐ろしさをが分かるので肥大化を防止しようとする傾向がある。

これは本当にそうなんだろうか?という疑問が残りますね。むしろ官僚出身だからこそもうすでに官僚の手垢がついているんじゃないかと。ただ、私は日々政治に関わってきている人間ではないのでホントのところはどうなのか分かりませんが・・・

長々と話してしまいましたが、

>A・そこで「外部の人間」の登場で、具体的には「政治家」だ。政治家主導でスリム化してもらう。

この意見には全面的に賛成です。日本のシステムを変えられるのは日本では政治家だけです。規制の強化を止める為に政治家には大いに活躍してもらわないといけませんね。


おっと、重要なことを話しておりませんでした。日本のシステムとは「法律」のことです。法律を改正することができるのは日本では国会議員のみなさんだけです。
2009/04/16(木) 05:57 mudan URL [編集]

>むしろ官僚出身だからこそもうすでに官僚の手垢がついているんじゃないかと。

歴代首相を見ると分かりやすいですが、官僚出身の政治家はむしろ少数派ですね。
政治家に転身した(そして成功する)官僚は、古巣の官僚組織では疎まれていた傾向が強いです。
歴史の例で行けば吉田茂がまさにそれでした。
吉田は政治家としては大成功しましたが、外務官僚時代は不遇でした。
大久保利通の孫である牧野伸顕の婿養子という恵まれた地位にありながら、独断専行をはじめとする問題行動で疎まれ、気が強く独特の人を食った性格もまったく官僚向きではありませんでした。
2009/04/16(木) 20:53 saba URL [編集]

sabaさん コメントありがとうございます

>むしろ官僚出身だからこそもうすでに官僚の手垢がついているんじゃないかと。

手垢というのはいいすぎでしたね。申し訳ないです。

けど、たとえば警察官僚に限定するとロクな政策をしていない議員が目立ちます。

どこを出身とするかで考え方も変わってくるのかもしれませんね。

>政治家に転身した(そして成功する)官僚は、古巣の官僚組織では疎まれていた傾向が強いです。
歴史の例で行けば吉田茂がまさにそれでした。

吉田茂は一貫してナチス・ドイツの思想を批判していましたからね。確かに官僚向きな性格ではありませんでした。

ただ、あまりにも親米路線を意識しすぎたせいか様々な弊害が今日まで続いてるような気がします。破防法は正当な理由で作られた法律ですけど、それに伴い新たな省庁ができてしまいましたし、法律って必ず悪用するものがでてくるんですよねぇ。

しかしそれを補って余りある徹底した自由主義の主張と軍部への抵抗は個人的には十分に評価できるものであると言えると思います。

思うに民主党Q&Aの方が主張することって、要は官僚より賢ければいいわけで、だから官僚出身の政治家に拘らなくてもいいような気がします。いや内部を知ってるのはとてもいいことだと思うんですけど、ただ、それと私達が現在関わっている規制関係の動きはちゃんと繋がっているのかなと。

私達が関わっている規制は主に性の規制の動きなんですけど、これは矯風会と警察が結託して行っています。矯風会なんか明治時代の頃からずっと規制運動を続けていますからね。

官僚ということで言えば今私達が相手にしているのが警視庁生活安全課でそこの官僚出身との政治権力者とも相手をしているわけですが、はたして官僚出身者の政治家がこれを止められるのかどうかというのがなんとも言えないですしね。もちろん官僚システムを打破することができれば警察だって例外にはならなくなりますけど・・・

といってもsabaさんから教えて頂いたスレの趣旨が今日の私達が関わってきた規制限定の観点でお話されているわけではないので、民主党Q&Aさんのご意見は最もだと思いますし、またそれを実行すれば、規制社会を留まらせることができるかと思われます。

まあ、一番効果的なのは官僚の数を減らして国会議員の数を増やすことに尽きるわけですが・・・ そこまで踏み込んでやってくれる政治家は今の自公政権では無理でしょうね。
2009/04/17(金) 02:07 mudan URL [編集]







非公開コメント
応援よろしくお願いします!
 
プロフィール
 

mudan

Author:mudan
元販売業のはず。なんの知識もなかったはずだが、なぜか店長をまかされるにまで至る。

とある事情があって業界から引退したはずだったが、本業とは別にその後もこっそりと知人の事業に関わったりしているようだ。

最近は冷却期間をおいたこともあって、また業界に返り咲こうと画策している。

野球が好き。

座右の銘は ”思い立ったが吉日”


どうも個人的なサイトではなくなってきたような気がするので、責任感を持たせる為にプロフィールを今までよりも少しだけ情報公開してみました。

当サイトはリンクフリーです。

YAHOO! ニュース
 
ココロ
 
ブログ内検索
 
ためになるリンク集
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。