上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
日本のアダルトゲーム「レイプレイ」、米国で抗議キャンペーン 開発企業は一蹴

>【5月9日 AFP】日本のアダルトゲーム・メーカー、イリュージョン(Illusion)は8日、女性に対する性的暴力をシミュレーションする同メーカーのアダルトPCゲーム「レイプレイ(Rapelay)」に対し、米国で起きている抗議キャンペーンについて、「国内でしか販売していない」ゲームであると述べ、海外の抗議キャンペーンに対してはコメントできないと語った。

 ニューヨーク(New York)を拠点とする女性権利団体「Equality Now」は今週、「レイプ・シミュレーションゲームと、日本において性的暴力が普通になっていることに対する」抗議キャンペーンを開始した。

 このキャンペーンは、麻生太郎(Taro Aso)首相とゲームメーカーに対し抗議文を送るよう呼びかけるもので、このゲーム「レイプレイ」が、日本が1985年に批准した女性差別撤廃条約(Convention on the Elimination of All Forms of Discrimination against Women)に違反しているとして批判している。

 ゲームを開発したイリュージョン(本社横浜)は、この米国でのキャンペーンについて「困惑している」と述べ、国内市場向けに販売しているゲームで日本の法律に従っているとした上で、海外で販売していない以上、(海外での抗議キャンペーンについて)コメントすることはできないと語った。

 Equality Nowがウェブサイトで発表した声明によると、PCゲーム「レイプレイ」は、プレーヤーが性的暴力を行ってポイントを獲得するという内容。通勤電車の中の女性にストーカー行為をはたらいたり、少女やその母親をレイプしたり、女性に中絶を強要したりするという。

 児童ポルノの主要な製造拠点としてたびたび非難を受けてきた日本は、1999年に児童ポルノ禁止法を制定し、18歳未満の者が関与する、性欲を興奮させる、または刺激するビデオや写真、その他の素材の製造、配布、商業利用を禁じた。

 しかしながら、同法では、これらの素材物を所有することは犯罪化されていない。また、海外では「Hentai」との分類で知られる児童ポルノのアニメやコンピューターグラフィックス(CG)などは対象外とされた。

 米インターネット小売大手アマゾン・ドットコム(Amazon.com)は2月、抗議を受けて「レイプレイ」を米国アマゾンのサイトから削除した。しかし、同ゲームのプレイ動画は今でも、人気動画共有サイトなどで観ることができる。

 日本ユニセフ協会(Japan Committee for UNICEF)の広報担当者は、日本という「抜け穴」が、児童ポルノ撲滅に向けた国際的な取り組みを妨害していると述べる。

 同広報担当者は、インターネットでつながったグローバル化された世界では、たったひとつの抜け穴がすべての規制を台無しにすると述べ、世界のすう勢は、「バーチャルなイメージ」を掲載したウェブサイトにアクセスして閲覧することさえも禁止しようという流れであると語った。(c)AFP


どうも今回の騒動はレイプレイ騒動と女性差別撤廃条約が後押ししているようで、ただ、新聞社が女性差別撤廃条約よりも児童ポルノに言及するのは女性差別撤廃条約自体を理解できていないか、はたまた主張しやすいから利用しているかは分かりませんが規制推進派は児童ポルノに続いて女性差別撤廃条約という武器を得たのかもしれませんね。

なぜか日本ユニセフがしゃしゃりでてくると女性の人権から児童の人権にシフトするのはいかがなものかと思いますが、「外国から見るとレイプレイのキャラクターでも児童ポルノに該当するんだよ」というアピールが表面化するのはこんなこと言っちゃいけませんが、いいことなのかもしれませんね。

というのも、多くの方はレイプレイをはじめとしたキャラクターや頭身は児童ポルノじゃないと認識しているからで、その理由は児童は小学生以下というのが多くの方の常識として存在しているからです。

もちろんそれは間違いで日本の法律の定義は18歳未満が児童に該当します。加えて日本ユニセフの準児童ポルノは実際の年齢に関係なく児童(18歳未満)に「見えると」違法ですので、個人ではなくメディアが想定する「萌え」という概念に相当するキャラクターは例外なく違法になるでしょう。つまりほとんどの創作物は違法になるということです。

どうもこのあたりが分かっていない人や業界は多いようで、自分は児童に興味ないから大丈夫とかよくそういうコメントを見かけますが、そうじゃないですから。残念だけど6頭身以上でも児童(あたりまえだけど)ですよ。

記事に関しては、もう言うことないですね。日本を抜け穴とか表現している時点でどうしようもないですし。

極論だけどブロッキングで日本のhentai(笑)の海外流出を防ぐことができれば、連中は満足するのでしょうかね?まあするわけないんですけどね。

【関連サイト】

雑記帳
創作物への表現規制と人権の関係

女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mudaken.blog103.fc2.com/tb.php/274-8c6752e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント

なぜこの話題で児童ポルノが出てくるのか…
いやまあ、ユニセフの主張ではゲームやマンガも児童ポルノだっていうのは知ってますけど。
2009/05/10(日) 19:25 saba URL [編集]

APP研とお友達のフェミニズム団体のクレームはどうでもよくても、読売など大手マスコミが取り上げたとなれば、そういうマスコミの動きには、残念ながら対応せざるを得ないでしょうね。そういう意味では、イリュージョンの戦術的な判断は間違っていなかったと思います。

それにしても、「女性差別撤廃条約」に背いているから駄目だというのならば、アダルトビデオも全滅でしょうし、抜け穴理論を採用すると、海外のフェミニズム団体がヘビークレームを入れてくるような作品は、何であってもアウトということにもなりかねないですね。

それと、なにか、宮台さんが転向?したという話が出ているようですが、かりに「未成年に見える絵」を公権力が規制するとして、児童ポルノ法(個人法益)でやってほしいのか、それともわいせつ法(性道徳)なのか、まったく意味合いが違ってきますけど、そのあたり不明確です。

http://www.mangaronsoh.com/archives/231010.html

どうしてもやりたければ、「わいせつ法」でやってはいかが?という意見なら、日弁連も出していますよね。もちろん、「わいせつ法」での規制が現実的に困難であることを暗黙の前提としたものでしょうけど、コミック規制に完全な反対はしたくない場合は、そういう日弁連的な「かわしかた」もありますよね。

2009/05/11(月) 23:12 Civilliberties URL [編集]

sabaさん コメントありがとうございます。

>なぜこの話題で児童ポルノが出てくるのか…

やっぱり読売だからじゃないですかね(笑)

APPは創価学会と組むのは本意ではないようですから、日本ユニセフも間接的にAPPに続いてコメントを出すしかないのかもしれませんね。まあ、あくまで想像なんですけど・・・
2009/05/15(金) 05:17 mudan URL [編集]

Civillibertiesさん コメントありがとうございます。

>それにしても、「女性差別撤廃条約」に背いているから駄目だというのならば、

なんか2chで誰かが指摘していたのですけど、

>(f)女子に対する差別となる既存の法律、規則、慣習及び慣行を修正し又は廃止するためのすべての適当な措置(立法を含む。)をとること。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/josi/3b_001.html

なんかこれに該当するとかなんとか仰ってたんですけど、これってフィクションは含まれていませんよね?っていうかフィクションも含まれるのだとしたらあらゆる表現はその時点で終わってしまいますし、フィクションっていう意味?も意味を成さなくなってしまいますしね。それにしても政府関係者が合意したというのはさすがに言いすぎだなという気がしましたw
2009/05/15(金) 05:25 mudan URL [編集]

こんにちは。

イクオリティナウのプレスリリースから判断するかぎりでは、女性を性の対象とする(the sexual objectificatiton of women)するような表現物は、ジェンダー・ステレオタイプを強化し、ジェンダー・イクオリティを害し、女性差別撤廃条約に抵触するものというのが、少なくとも彼らの解釈なのではないかなと。

ジェンダー・イクオリティは、本体のほうのunisefも推進しているらしく、ジェンダー・イクオリティが子どもの権利と切り離せない関係にあるとunisef事務局長が言っているらしいですね。2007年の彼らの白書はジェンダー・イクオリティ特集。

http://www.unicef.or.jp/library/library_wdb07.html

創作物は、「ジェンダー」に喧しい人の内心では、性差別主義のプロパガンダ文書であって、思想犯罪として単純所持を違法化して火中に投ずべき悪魔の書物として認識されている可能性もありますね。

http://old.app-jp.org/library/morgan.html

2009/05/16(土) 05:50 Civilliberties URL [編集]

Civillibertiesさん ご返信を頂き誠にありがとうございます。

>創作物は、「ジェンダー」に喧しい人の内心では、性差別主義のプロパガンダ文書であって、思想犯罪として単純所持を違法化して火中に投ずべき悪魔の書物として認識されている可能性もありますね。

なるほど、これは気づきませんでしたが仰る通りだと思います。だとするとこれでは子供を守る団体とはいえないですね。なぜなら自らが信じる思想によって子供が守られていると考えているから、実態(現場やデータ)はどうでもいいということになります。個人的にこの思想は恐ろしいですね。フィクションなら良かったのですが(笑)


あとunisefの主張の通りなら女性が子供に虐待する理由はジェンダー・イクオリティが確立されていないからということになりますね。と意地悪く言ってみました。

それにしてもロビン・モーガンの著書は何度見てもすごいものですね。まさに芸術の域にはいっているのではないかと。だからこそ同じ女性でも理解できないものなんじゃないかと思うわけですが(笑)
2009/05/24(日) 03:55 mudan URL [編集]







非公開コメント
応援よろしくお願いします!
 
プロフィール
 

mudan

Author:mudan
元販売業のはず。なんの知識もなかったはずだが、なぜか店長をまかされるにまで至る。

とある事情があって業界から引退したはずだったが、本業とは別にその後もこっそりと知人の事業に関わったりしているようだ。

最近は冷却期間をおいたこともあって、また業界に返り咲こうと画策している。

野球が好き。

座右の銘は ”思い立ったが吉日”


どうも個人的なサイトではなくなってきたような気がするので、責任感を持たせる為にプロフィールを今までよりも少しだけ情報公開してみました。

当サイトはリンクフリーです。

YAHOO! ニュース
 
ココロ
 
ブログ内検索
 
ためになるリンク集
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。