上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
毎日新聞
児童ポルノ:フィリピン、規制審議 被害「最多国」汚名返上へ 単純所持も禁止に

国際社会で児童ポルノ取り締まり策が論議を呼ぶ中、フィリピン下院(定数250以内)は児童ポルノの単純所持やネット閲覧を禁じる厳格な児童ポルノ禁止法案審議を進めている。法案には下院の過半数が賛成する見込みで、年内成立の可能性がある。同国はネットや書籍・ビデオ販売などで流通する児童ポルノの発信源の一つ。その「商品」に使われる被害児童の多さでは筆頭に挙げられる。児童ポルノ規制強化の動きは、単純所持を禁止しない日本などにも影響を与えよう。【マニラ矢野純一】

 法案は規制範囲として児童ポルノを写真やビデオに加え、性描写目的の漫画も含めている。販売目的の所持だけでなく、単純所持や意図的なネット閲覧やダウンロードも禁じた。違反した場合は禁固6~12年。インターネットの接続業者(プロバイダー)や、児童ポルノ関連のホームページ開設者も処罰対象になる。

 フィリピンではこれまで児童ポルノを労働法や人身売買法の枠内で規制するだけで、児童ポルノを定義して規制する単独の法律がなかった。そのため、未成年者を対象にした売春容疑などでしか摘発できなかった。規制が緩いことから、各国の捜査機関は児童ポルノをネット上に流す抜け穴の一つにフィリピンがなっていると指摘してきた。

 日本の捜査当局がこれまでに押収した児童ポルノの画像の中には、比国内で撮影されたものが多く含まれている。また、日本の児童ポルノの漫画が同国を発信源にネット上に流される例もある。

 法案提出者の一人で下院・児童福祉委員会のテオドロ委員長は「貧困から親が子供を児童ポルノのモデルに使って、その収入を生活費に充てているケースもある」と語る。比国ネット上では、法案に対して「表現の自由を侵す」「捜査権の乱用につながる」との批判も飛び交っている。

 テオドロ委員長は「表現の自由といっても子供の性を食い物にしていれば問題だ。また、きちんと(児童ポルノに使おうとした)証拠を集めれば、(違法かどうか)判断できる」と力説する。

 世界各地で児童ポルノ問題に取り組む国際NGO「児童失踪(しっそう)・児童虐待国際センター」(米バージニア州)は「フィリピンでこの法律が施行されるとアジア地域で最も規制の厳しい国になり、喜ばしいことだ」と規制強化実現を期待している。

◇「娘との生活のため」 日本の漫画、翻訳しネット販売

 日本の児童ポルノ漫画を翻訳するフィリピン人女性は胸中を悲しげに話した。「生活のためには仕方がない」。マニラ首都圏に住む20代の女性は周囲を気にしながら、翻訳中のポルノ漫画を見せてくれた。未成年と分かる制服を着た少女や、小学校の校庭を舞台にした絵が描き出されていた。

 女性は児童ポルノなどをネット上で販売する会社で翻訳のアルバイトとして働いている。「仕事を失いたくない」と匿名を条件に取材に応じた。

 「日本の漫画に興味がある人」という求人をネット上で見つけ、応募した。給料は、同国の公務員の平均月収とほぼ同じ月額約1万5000ペソ(約3万円)。小学生の娘と2人暮らし。この収入だけが生活の支えだ。

 日本の漫画は定期的に、マニラ首都圏にあるこの会社にメールで届いているという。女性は週2回、出社して漫画の画像が入ったUSBメモリーを受け取り、自宅のパソコンで日本語のせりふ部分を英語に翻訳する。日本語はほとんど話せないが、ネットの辞書機能を使っている。

 同社の事務所では10人ほどがパソコンの画面でフィリピンや世界各国のポルノビデオやアニメの編集や翻訳をしている。編集した映像や、女性が翻訳した漫画は、ネット上で世界中に販売されているという。欧米など世界中に顧客がいる。事務所は24時間稼働。「人件費が安いし、規制がないから、この国にこんな会社があるのだと思う」と女性は説明する。

 「初めてこのような漫画を見たときには、あまりのひどさに頭が混乱した」という。自宅で作業中のパソコンの画面を娘が見たこともある。それ以降、二度とパソコンには近寄らないように言いつけている。今は何も感覚がなく、淡々と訳すだけだという。

 「子供を扱ったものは規制すべきだと思う。こんな仕事をしていて罪の意識はあるけど……」。別れ際に彼女は力なく話した。


毎日新聞の記事ですが、フィリピンを児童ポルノ発信国の一つとした上で記事中にも触れられている通りこのような法案が下院で可決する方針というのを引き合いに出して同じ児童ポルノ発信国(と毎日新聞は勝手に命名)の日本を批判する趣旨の記事なんですが、この記事の後半でフィリピン人女性がインタビューを受けています。

女性は児童ポルノを嫌悪していて、インタビューの最後に「子供を扱ったものは規制すべきだと思う。こんな仕事をしていて罪の意識はあるけど……」と締めくくっていらっしゃいますが、この記事の意図が日本の批判を目的とするならフィリピン人女性のインタビューを載せる必要性がありません。

というのも記事中でインタビューを受けているフィリピン人女性ですが、よく読んでみると自国の事情しか話していないことがお分かりになられるかと思います。つまり単なる自国の事情しか話していない女性に毎日新聞がさも日本のことを話しているかのように見せかけているということです。

あいかわらず毎日新聞の体質は変わっていないようです。

読売新聞
「性暴力ゲーム」メーカーがネット販売中止、アマゾンも

少女を含む女性3人をレイプするという内容の日本製ゲームソフトに対する抗議活動を、国際人権団体「イクオリティ・ナウ」(本部・ニューヨーク)が始めたのを受けて、問題のゲームを製造する横浜市内のゲームソフトメーカーが、この商品のネット販売を取りやめたことがわかった。

 このメーカーは、問題のパソコン用ゲームを2006年から販売。しかし、抗議活動が今月6日に始まった後、8日から問題の商品のホームページへの掲載とネット販売を取りやめたことを明らかにした。同社の担当者は「今後の販売などについて、現段階ではコメントはできない」としている。

 また、書籍・ビデオなどのネット販売大手「アマゾン・ジャパン」も、4月下旬にこの商品の販売中止を決めたことを公式に認めた。広報担当者は「社内の方針やガイドラインに沿って判断した。個別の商品についてのコメントは差し控えたい」と話している。

 アマゾンは、米国の本社や英国アマゾンなどが2月にこの商品の取り扱いをやめており、日本では販売を続けていることに批判が起きていた。

 「イクオリティ・ナウ」の理事で弁護士の角田由紀子さんは、「日本ではポルノが一般市民の生活の場にもはんらんし、なかでもレイプものが多いことで、数年前から海外の人権団体が問題視していた」と指摘。国内向けに製造されたゲームでも、インターネットで海外へ流出する時代だけに、「国内だけの問題ではなくなっている」と話す。

既に反オタク国会議員リストの管理人AG氏が指摘されていらっしゃいますが、自作自演だということを公式に発表したようですね。

ところでこういう人権団体は二言目には「国内だけの問題ではなくなっている」や「日本が抜け穴」とか、一度インターネットに流出すると回収が困難になるとかそれによって半永久的に虐待が繰り返されるとか言ってるんですけれども、海外に流出しないようにしなければならないとかは言いませんよね?普通だったらそういう話に持っていくとおもうんですけど、なぜかそれを遥かに飛び越えて表現自体を無くして下さいとかいう要求をしてきます。考えられることはひとつしかなく、その表現自体をこの世から根絶したいのが目的で、建前としてインターネットの普及(又はグローバル化)で日本だけが無視できないとか言ってるだけなんですね。

そういうことを踏まえて考えてみると、イクオリティ・ナウの声明でゾーニングの問題と位置づけてる人達は全く検討違いのことを話されていますし、又他国の一団体の言うことを聞く必要は無いという意見に対して話がかみ合ってないとかいう意見はイクオリティ・ナウの声明文だけに対しては確かにその通りですがイクオリティ・ナウがやってることに対しては正論であると言わざるを得ません。はっきりいって他国の一団体が日本の企業や国に対して署名等を送ってきたとしてもその団体は日本で活動(法的に日本で活動や在住していないはずですよねw)しているわけではないから無視すればいいのです。

yuubokuの日記
Equality Nowのエロゲに対する声明を訳してみた。(更新あり)

こちらのサイトの方がイクオリティ・ナウの声明文を全文翻訳されていらっしゃいますので一度読んでみて下さい。これを読めばゾーニングや日本の犯罪率が低い事等は反論として成り立たないことがお分かりになると思います。まあイクオリティ・ナウと「まともに議論する気があるなら」ですけどね(笑)

WELT ONLINE
Erfolg für Online-Petition gegen Internetsperren

兎園氏のつぶやきからです。

ドイツの児童ポルノサイトブロッキングに反対する請願署名をオンラインで募集した所4日で5万筆以上集まったようです。どうやら児童ポルノの規制が危険だと思っているのは日本やアメリカだけではないようですね。こういうニュースって日本では報道されませんよね?なぜでしょう?

【関連サイト】

崎山伸夫のBlog
ドイツの児童ポルノ禁止強化の中身が実際のところよく分からないなぁ

「反ヲタク国会議員リスト」メモ
「ToLOVEる」でもタイーホ?


王様を欲しがったカエル
紙屋研究所の歪んだ性愛観(1)
紙屋研究所の歪んだ性愛観(2)
紙屋研究所の歪んだ性愛観(3)
紙屋研究所の歪んだ性愛観(4)
紙屋研究所の歪んだ性愛観(5)
紙屋研究所の歪んだ性愛観(6)
紙屋研究所の歪んだ性愛観(7)
紙屋研究所の歪んだ性愛観(8)
紙屋研究所の歪んだ性愛観(9)
紙屋研究所の歪んだ性愛観(10)
紙屋研究所の歪んだ性愛観(11)
紙屋研究所の歪んだ性愛観(12)
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mudaken.blog103.fc2.com/tb.php/275-c7c51e49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
応援よろしくお願いします!
 
プロフィール
 

mudan

Author:mudan
元販売業のはず。なんの知識もなかったはずだが、なぜか店長をまかされるにまで至る。

とある事情があって業界から引退したはずだったが、本業とは別にその後もこっそりと知人の事業に関わったりしているようだ。

最近は冷却期間をおいたこともあって、また業界に返り咲こうと画策している。

野球が好き。

座右の銘は ”思い立ったが吉日”


どうも個人的なサイトではなくなってきたような気がするので、責任感を持たせる為にプロフィールを今までよりも少しだけ情報公開してみました。

当サイトはリンクフリーです。

YAHOO! ニュース
 
ココロ
 
ブログ内検索
 
ためになるリンク集
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。