上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
読売新聞
性暴力ゲーム規制強化へ、与党が流通歯止め検討チーム

少女らをレイプして妊娠・中絶させる過程を疑似体験する日本製パソコンゲームソフトに、国際人権団体などが抗議を行っている問題で、自民党は29日、同種のゲームが多量に流通している状況に歯止めをかける方策を検討するチームを発足させた。

 公明党も今月中旬に検討チームを作っており、与党内で規制強化をめぐる議論が本格化しそうだ。

 自民党で29日に発足したのは「性暴力ゲームの規制に関する勉強会」。先進国のなかでも性暴力関係のゲームや児童ポルノへの規制が緩いと指摘されていることを踏まえ、関係省庁からヒアリングを実施。今後も会合を重ね、規制強化の必要性を検討していくことになった。

 出席した野田消費者相は「子どもを守るバリアが日本ではきわめてルーズだ」と指摘。座長の山谷えり子参院議員も「日本のコンテンツ産業をさらに発展させていくにも、こうしたゲームで信頼を損ねてはいけない」と話した。

 公明党も性暴力ゲームの問題を考える合同プロジェクトチームを今月中旬に発足。太田代表や国会議員らで秋葉原のゲームショップの視察を行い、有識者のヒアリングも行った。

 また、自民党の会合に出席した経済産業省幹部は、パソコンソフト業界の自主審査機関によるこれまでの対応として、〈1〉問題の性暴力ゲームの販売中止を流通関係企業へ要請し、国内で購買はほぼ不可能になった〈2〉「陵辱系」と呼ばれる性暴力もののゲームソフトは製造・販売を禁止する検討を行っている――と説明した。
(2009年5月29日23時20分 読売新聞)
(りずさんの情報です。りずさん情報提供ありがとうございました)

ここは本当に日本なんだろうか?っていうような記事ですね。「国際人権団体などが抗議を行っている問題」の前に「外国の」って入れるとニュアンスが若干変わってくると思うのですが・・・

ホントマスコミの手にかかれば誰でも犯罪者ですね。これだけ性暴力をテーマにしたメディアがあふれかえっているというのに、ゲームだけ悪者ですか(笑)

しかし児童ポルノ規制で動いている全ての事象を性暴力ゲーム規制の流通の問題に全て集約させる手法は見事なまでの印象操作ですね。さすがは読売新聞。抜け目がありません。

ところでりずさんも指摘されていますが、野田センセイの「子どもを守るバリアが日本ではきわめてルーズだ」はなにを指しているのでしょうかね?ブロッキングのことを仰ってるのか、はたまた、ゲーム内での子供の人権に対して仰ってるのか。

山谷センセイも「日本のコンテンツ産業をさらに発展させていくにも、こうしたゲームで信頼を損ねてはいけない」と仰っているわけですけど、大丈夫大丈夫、そんなところで判断するのはあなた達だけだから(笑)

っていうかなんで情報を発信するのにわざわざ自国の表現を潰さなくてはならないのでしょうかね。そんなものは国の事情に合わせて情報を発信しなければいいだけの話なのですが・・・

日本製のいわゆる18禁美少女ゲームが欧米で販売中止、人権団体が抗議活動に動くが…果たして日本では? ~第3回

ってことでエントリー復活しておりました。公明党議員の所が省かれていますね。規制は規定路線みたいです。どんな内容かは2日になってみないと分かりませんね。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mudaken.blog103.fc2.com/tb.php/285-7ce9d2ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント

「きれいごと」に対抗するために

603 :無党派さん :2009/05/31(日) 19:58:31 ID:rprPo85e
 「きれいごと」に反対しにくい訳

 いわゆる「きれいごと」についても、それを単に処世の方便として表明するだけの者から、
ほとんど額面通り真に受けている者までがいる。
 たとえば地域の美化や発展のために駅前の地区整備などが必要になった場合、だれしも総
論としては反対しがたい。しかし、そのために自分の家屋や店舗を涙金で立ち退かねばなら
ないとすると、これは猛然と反対したくなる。こうした「総論賛成、各論反対」のように、
自分の利害がからむと掌を返したようにホンネを出してくるようなら、見苦しくはあっても
現実認識としてそれほど歪んではいないだろう。これに対して、総論が賛成なら各論につ
いても利害を度外視して賛成するのであれば首尾一貫するので潔いし見上げたものかもしれ
ないが、やせ我慢であったり理想主義に過ぎたりする。それぐらいなら両者とも、いっそ最
初から自分の利害を正直に打ち出して総論反対の旗幟を鮮明にすればいいのだが、それはし
づらいらしい。
 なぜなら公益を前面に打ち出した「きれいごと」には反対しにくいからである。つまり極
言すれば「きれいごと」は言論上の統制や暴力に近い。このため、きれいごとを錦の御旗の
ように盾にとって相手を威圧したり何かを強制したりするたちの悪い正義派も少なくない。
 しかし、だれもが表向き反対しにくいからといって、きれいごとが無条件にわれわれを縛
る超越的な規範なのではない。単に、個人がきれいごとに反対するとなんらかの社会的な不
利益を蒙ることがあるというだけのことである。つまりは、きれいごとのパワーといってもそ
の源は集団からの圧力にすぎない。これまた結局のところ、ヒト集団内部でのみ成立する
掟やルールの一種なのである。とはいうものの集団内部における強制力は備えているから、
それを振り回して自らを正当化したり周囲になんらかの影響力を及ぼそうとしたりする対人
操作を愛用する向きもいる。


604 :603続き :2009/05/31(日) 19:59:57 ID:rprPo85e
 概してタテマエもきれいごとも、額面通りに受け取れば私的な動機を含まないように見え
る。いや、むしろ私的な動機が前景に出ていないこと自体がタテマエやきれいごとである第
一の条件なのである。しかし、人間は物心ともに私的な動機なしで、何らかのメッセージを
熱心に発することはあり得ない。むしろタテマエやきれいごととして受け取られたとたんに、
その背後に私的な動機の伏在が疑われているのである。したがって、もしそれを聞く者に人
間知が備わっていれば、タテマエやきれいごとは最初から心理社会的な胡散臭さを漂わせて
いるものなのだ。
 それでは、正論や道理といったものとタテマエ・きれいごとは見分けられるのだろうか。
少なくともメッセージの内容だけからでは判別困難、というより全く同一なのである。なぜ
なら、私的な動機を背後に潜ませつつ述べられる正論や道理こそがタテマエ・きれいごとだ
からである。ここでの私的な動機が本人に自覚されているかいないかは、さしあたり問題に
ならない。人間は老若男女を問わず自らを欺く達人だからだ。だからといって他人を欺く達
人とは限らない。かくして私的な動機というものは、彼の立場、利害、状況、経緯などから
第三者によって容易に推定されるものである。もし、心理学の出番があるとすれば、私的な動
機がもっぱら内面的な場合であろう。


605 :604続き :2009/05/31(日) 20:01:08 ID:rprPo85e
 われわれは経済的な、あるいは政治的な利害を粉飾し美化するためにのみタテマエ・きれ
いごとを活用するのではない。しばしば自己満足、自尊心、周囲からの評価を求めて正
論や道理を説く。こうした内的欲求はふつう私利私欲とは呼ばれないが、即物的な満足を求
めるのも主観的な満足を求めるのも私的な動機という点でかわりない。
 気をつけなければならないのは、タテマエやきれいごとを語る者が自らそれを信じている
ほどには聞かされる者は信じないものだし、また周囲の面々に信じてもらえると期待するほ
どには信じてもらえないものだ、ということである。どんなに立派なことを雄弁に語ったと
しても、「耳のある者」が聞けば舞台裏はお見通しである。政治家の公約や私企業の社史の
内容を本気で信じるほどナイーブな現代人は、むしろ少数だろう。
 もちろん自己陶酔は可能だし、相手が愚か者ばかりなら感動してもらえるかもしれないが、
いずれにしても空しい話ではある。

 ―頼藤和寛『人みな骨になるならば―虚無から始める人生論』―第2章 思い込みの由来~から引用
2009/05/31(日) 20:18 saba URL [編集]

「きれいごと」に対抗するために 2

607 :無党派さん :2009/05/31(日) 20:10:03 ID:rprPo85e
心の中での姦淫

道徳的・倫理的な基準を厳密にしていくと、われわれはついに行動ばかりか思考、感情、空想の内容にまで責任を問われることになる。
「『姦淫するな』と言われていたことは、あなたがたの聞いているところである。しかし、わたしはあなたがたに言う。だれでも、情欲をいだいて女を見る者は、心の中ですでに姦淫をしたのである。
もしあなたの右の目が罪を犯させるなら、それを抜き出して捨てなさい。五体の一部を失っても、全身が地獄に投げ入れられない方が、あなたにとって益である。(マタイによる福音書、五・二十七-二十九)」
この戒めを、文字どおり実行したクリスチャンはほとんどいない。欧米において、両眼を備えたまま成人できる男子は皆無に近いはずだからだ。
ひょっとすると、すべてのクリスチャンが偽善者なのかもしれない。偽善者にならないためには、彼らは、自らの罪深さをしょっちゅう表明しなければならないことになる。
自分たちだけだと不公平と思うのか、この千年余り、人類全体が罪深い存在だとプロパガンダし続けてきた。余計なお世話である。
さて問題は、姦淫という行動だけでなく、その想念にまで宗教的・倫理的な追及が及んだことである。おそらく、この二千年、地獄には満員御礼の札がぶらさがりっぱなしであろう。
イエスないしパウロは、ユダヤ教の厳格主義の適用を内面にまで浸透させたのである。
もちろん「愛」と贖罪という中和剤と抱き合わせではあったが、原始キリスト教にはじまる追及の手は、確実にわれわれの内面にまで伸ばされた。
これで困るのは、われわれの内面にわきおこる情念や想像が、われわれの思いどおりにならないことである。
情欲も空想も、意図的に作られるというより、むしろ勝手に自然発生してくることのほうが多い。
そこまで責任を負わねばならないとすると、われわれは常時、なにか
を思う寸前にその内容を察知し、それがよからぬことであれば自覚することを制止しなければならなくなる。


608 :607続き :2009/05/31(日) 20:11:47 ID:rprPo85e
おそらく、精神分析でいう抑圧や反動形成といった心の屈折は、ここにはじまったのであろう。
道徳や倫理を内面にまで浸透させると、内面以前の無意識に偽善が蔓延するのである。
少し考えればわかることだが、目を抜き出して捨てたところで問題は解決しない。
視力を失っても、われわれの心の中で、一層みだらな情念や想像が乱舞するだけだからである。
もし、浄化を徹底するのであれば、意識や精神全体を「抜き出して捨て」なければならないことになる。
これが可能であるとしても、そのことによってわれわれは信仰心も保てなくなるだろう。
つまり、どだい無理なのである。無理なのに、無理でないと強弁することのうちには、偽善と欺瞞が含まれてしまう。
あるいは「自分は罪深い人間だ」と自認することで許される、といった思想が発生してくる。
最後に、「あの聖句は、一種のたとえにすぎない」といった神学的な規制緩和が工夫されてしまう。つまりは、狡猾と卑怯の度合いが深まるばかりなのだ。
姦淫に限らず、強欲であれ、嫉妬であれ、殺意であれ、われわれは間断なく心の中に出没させているのである。しかも自由意志によってではなく、悪心はどこからともなくやってくる。
われわれが努力できる余地としては、無意識のうちにそれを自覚しないような心理的小細工を弄するか、あるいは、せめてその悪心を実行に結びつけないように自制するか、である。どちらにしても、われわれは「悪い」。
世の中には、自分の悪心に気づかない悪人と気づく悪人、自分の悪心を行動に移す悪人と移さない悪人がいるばかりである。

―頼藤和寛『悪と魔の心理分析―満たされない心の深層を探る』―第6章 日常の中の犯罪~から引用
2009/05/31(日) 20:24 saba URL [編集]

sabaさん 情報ありがとうございます

仰るとおりですね。ただ、規制推進派というのはこれらを一般人に巧妙に隠しているから性質が悪いです。だから隠している部分を私達は晒さないといけないんじゃないかと思っています。
2009/06/04(木) 07:48 mudan URL [編集]







非公開コメント
応援よろしくお願いします!
 
プロフィール
 

mudan

Author:mudan
元販売業のはず。なんの知識もなかったはずだが、なぜか店長をまかされるにまで至る。

とある事情があって業界から引退したはずだったが、本業とは別にその後もこっそりと知人の事業に関わったりしているようだ。

最近は冷却期間をおいたこともあって、また業界に返り咲こうと画策している。

野球が好き。

座右の銘は ”思い立ったが吉日”


どうも個人的なサイトではなくなってきたような気がするので、責任感を持たせる為にプロフィールを今までよりも少しだけ情報公開してみました。

当サイトはリンクフリーです。

YAHOO! ニュース
 
ココロ
 
ブログ内検索
 
ためになるリンク集
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。