上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
読売新聞
性暴力ゲームの製造・販売禁止へ…業界の審査機関が方針

少女らをレイプして妊娠・中絶をさせる過程を疑似体験する日本製パソコンゲームに、国内外の批判が強まっていることを受け、パソコンソフト業界の自主審査機関は、レイプなどの性暴力を扱うゲームソフトの製造・販売を禁止する方針を決めた。

 3日、全国の加盟社に通知する。

 パソコン用ゲームのメーカー235社が加盟する一般社団法人「コンピュータソフトウェア倫理機構」(東京)は、1992年から加盟社が製造・販売するゲームソフトを自主審査している。問題のレイプゲームがこの審査を通っていたことから批判が寄せられていた。

 このため同機構は2日、都内で加盟社の協議を行い、レイプなどの性暴力を扱うゲームソフトについては、今後の製造を禁止し、審査を通さないよう審査基準を改めることを決定した。

 同機構にはアダルトソフトメーカーの9割が加盟しており、「今後、店頭や通販などには性暴力を扱う新しい商品は出回らなくなる」と同機構では話している。

 問題になったレイプゲームは、横浜市のゲームソフトメーカーが2006年から製造・販売していた。しかし、海外の人権団体の抗議活動をきっかけに国内でも批判が高まり、このメーカーが5月上旬に製造販売を中止。流通企業も取り扱いをやめている。

 この問題をきっかけに与党では法規制の強化の検討も始まっており、業界として自主的な規制に乗り出すことになった。

 性暴力を扱う日本製のゲームやアニメは「hentai」の呼び名で海外でも知られており、日本では通販や店頭で誰でも入手できる状況であることが批判を集めていた。
(2009年6月3日14時56分 読売新聞)


事の経緯は捏造新聞よりも鳥山さんのエントリーを見て頂いたほうが正確(当たり前)なのでご紹介させて頂きます。

王様を欲しがったカエル
ソフ倫が凌辱ゲーム規制を決意するまでの経緯

ズバリ来ました!よくぞここまで話してくれたと感謝致します。そしてこのことをストレートに話せなかった私に責任があることはいうまでもないと思います。

これは簡単に言うとオンライン上で発言することの影響力が未知数だからです。仮に私がストレートに発言することで反対活動の皆様やロビー活動の皆様、業界の皆様にご迷惑をおかけした場合、私自身が(現実に存在するオフライン上であっても)責任をとってもなんの意味もありません。今の嘘がまかり通っている時代に象徴されるように情報が歪曲され利用されることは日常茶飯事です。ですから発言は慎重に行わなければいけません。

そのような危険性がありますので、一応いままでも「かなり」遠まわしに発言してまいりましたが、今後もそのスタンスは変えることはないと思います。購読者様や閲覧者様の皆様には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでございますが、何卒よろしくお願い申し上げる次第でございます。

ということで改めて業界の関係をおおまかに分けるとこうなります。

小売>流通>アダルトゲーム会社(ソフ倫)

もっと厳密に分けると以下の通りになります。

小売>流通>ソフ倫>メーカー

政府関係者云々は抜きにしてとりあえずこうなっています。あといずれの関係も「基本的に」と「必ずしも」という注釈が含まれることはあります。もうひとつソフ倫とメーカーの関係は「見方によっては」というのも含みます。

今の状態はソフ倫憎しという意見が大半を占めるかと思われますが、なぜこうなっているのかと言いますと、

NaokiTakahashiの日記
辛い……。

マリゴールドBlog 「Majissuka!?」
いろんなことがありすぎ……マジッスか……

でぼ日記
ソフ臨時会合終了

最速 Visual Antena!

ある、古参のエロゲプログラマーの戯れ言

2ch
凌辱ゲー全規制対策本部27(業界の中の人降臨中。流れがはやいのでタイトルで検索して下さい)

メーカー関係者や外注クリエイターさんの意見が大半を占めるわけですね。メーカーさんの場合、まずは審査団体を通らないとソフトを販売(流通)することができないので、当然審査団体に矛先が向かいます。しかしソフ倫にしてみれば、すでに流通から通達が来ており、さらに流通は小売から取引できないと通達が来ているので、ソフ倫にしてみれば妥協せざるを得ない状態になります。そしてやむなくソフ倫はそのことをメーカーに伝えて(るかどうかは現時点では不明)メーカーはソフ倫の対応にこれまた不満という流れになってブログや掲示板等でソフ倫に対する不満が増幅されて私達ユーザーにそれが伝わり(書いた御本人が不満かどうかは関係なく不満で書いているように受け取れることが重要)私達もソフ倫憎しという流れになっているのでしょう。

つまりメーカーの声がでかくなりすぎたことが今のソフ倫憎しの流れになっているのだと思います。

ただしこれはそもそも仕組みを理解していなければ、そういう流れになるのは当然(私も煽っていたことになる)ので、誰も責められるべきではない(もちろん私は責められるべきです)と個人的には思います。(昔から本格的に反対活動をやっていて企業を味方にしようとがんばっていらっしゃる方々は別として)

さて、はじめに書いたあの図式を見て頂ければお分かりの通り、審査団体を変えても流通はまだいいとして小売が取引に応じなければどうしようもありません。また流通にはこれまた詳しく書けませんが取引先の○○○○というものがあり、○○ところが○○すれば、その商品は取り扱わなくなる場合もあり、○○○が取引したくてもそのものが無くなっていたりします。つまり○○の取引先いかんによって流通の基準は左右されますので、そういう意味でも抜け道を作るのはかなり難しいと言わざるを得ません。

ただし、流通を自社で行う場合は話は別です。ですが、これはかなり金銭面で難しいし、大変労力を伴う大仕事になります。昔これに挑戦した田○氏と言う方がいらっしゃいましたが、結果は散々だったとお聞きしております。しかも○○の小売を説き伏せたにも関わらずです。

今は情報の伝達が容易に行えるようになりましたので、田○氏ほど大変ではないかもしれません。ですが、メーカーは基本的に一人ではありません。従業員に飯を食わしていかなければなりません。更に今の状態では小売(小売業者はひとつではありません)でも取引に応じてくれるのかは未知数です。

○○○○○○○の○○○○○○○○というところは、自社で流通と小売をやっていますが、大変大きな会社です。零細企業で、これと同じようなことをやるというのはかなり無理があります。以上のことから安易に自社流通とか直販とかいうのは言わないほうがいいかと思われます。

ソフ倫の流通に関してはすでに反オタク国会議員のAG氏が情報を公開していらっしゃったのでそちらをご覧下さい。

「反ヲタク国会議員リスト」メモ
関連資料が多いですが、ぜひ目を通して下さい

業界の関係がよく分かるエントリーです。

BISHOPひみつの日記帳
昨日の報道について

しかし鳥山さんのエントリーを見る限りかなりの圧力があったようですね。該当部分を少し抜粋して見ますと、


8)5月28日には公明党の女性議員2名からのヒアリング。

9)5月29日には自民党女性局からヒアリング。

10)警察、及びに内閣府のソフ倫に対する見解は、
「政府(この場合は官僚)は表現の自由を規制する法律を作れない。憲法に抵触するおそれがあるからだ。しかし、議員立法の場合は、表現の自由を切り離した規制法案を成立させることは可能である」
というものだった。

仁注・間違いなく、この段階で野田聖子が暗躍した。


野田聖子来ましたよ。こんにゃくゼリーの件といい、ホントに感情に素直ですね(苦笑)今回の件を見る限りかなり重罪と見ていいんじゃないでしょうか?この一件で潰れるメーカさんは今後出てくるかもしれないのです。

13)同人ゲームに関してだが、コンテンツ・ソフト協同組合の規制が適応されやすいので、将来的に凌辱、ロリが部分禁止になる可能性は極めて高い。デジタル同人販売連絡会、通称DHRの動向が注目される。

ソフ倫の基準が基本パーセンテージのようなので、同人の基準が注目されます。

あと以前にも当ブログにコメントを寄せて頂いたにくやさいいためさんがネット署名を募集していらっしゃるとのことです。詳細はこちらをご覧下さい。

年刊食堂
リアル図書館戦争(30)流通サイドへの働きかけ
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mudaken.blog103.fc2.com/tb.php/288-079318c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント

署名準備できました

どもです。
ネット署名の件、言及していただきありがとうございます。
今回も、客観的に見て宣伝になってしまうことをまずお詫び申し上げます。

とりあえず、まだ開始してませんが、プロジェクトは立てれました。
 
ttp://www.shomei.tv/project-1148.html

基本的に、ソフ倫や小売店、メーカーを「敵」とは想定してません。(特に小売店の)背中を逆サイドから押す力になれればと思います。協力して頂いた方が、組織にとって有益である、と思っていただけるような活動にできればよいのですが。
もし宜しければ内容を読んで頂き、賛同していただければ署名にご協力いただければ幸いです。

完全に宣伝コメント、大変失礼いたしました。ではでは。
2009/06/05(金) 00:56 にくやさいいため URL [編集]

にくやさいいためさん ご報告ありがとうございます

早速署名させて頂きました。

今回のことに過剰にならないよう、小売店もなんとか考え直して頂けるとありがたいですね。

請願ごくろうさまでした。良い方向に向かうことをユーザーの一人として信じています。
2009/06/06(土) 04:59 mudan URL [編集]







非公開コメント
応援よろしくお願いします!
 
プロフィール
 

mudan

Author:mudan
元販売業のはず。なんの知識もなかったはずだが、なぜか店長をまかされるにまで至る。

とある事情があって業界から引退したはずだったが、本業とは別にその後もこっそりと知人の事業に関わったりしているようだ。

最近は冷却期間をおいたこともあって、また業界に返り咲こうと画策している。

野球が好き。

座右の銘は ”思い立ったが吉日”


どうも個人的なサイトではなくなってきたような気がするので、責任感を持たせる為にプロフィールを今までよりも少しだけ情報公開してみました。

当サイトはリンクフリーです。

YAHOO! ニュース
 
ココロ
 
ブログ内検索
 
ためになるリンク集
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。