上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの虚業日記
「VAWW-NETジャパン」と「日本キリスト教婦人矯風会」と「ECPAT/ストップ子ども買春の会」

>1;「人権」対「表現の自由」の図式にしない。この図式に嵌ると悪は「表現の自由」になる。(「権力」に対しては「表現の自由」を主張すべきであり、「人権」とぶつからない時には「表現の自由」を主張すべきなんだが、「人権」とぶつかりそうな時と場所では原則的には使用を避けるのがしばしば賢明である。)具体的には被害者人権を我々は擁護支援すべきである。そうすることで「敵」は論拠を失う。

あなたは悪くない
性被害についての認識のずれ
日本製性暴力ゲームについて

カマヤン氏が出した図式は児童ポルノ法案限定なのかもしれませんが、ある被害者の方が性暴力ゲームについて人権侵害であると主張しています。そしてこのようなゲームは問題であると主張しています。

被害者の方が仰るには、フィクションや注意書きがされていても、そのようなゲームを製作できるのはレイプを軽く考えているのと同等であり、レイプは絶対悪という意識があればそのようなゲームは製作できないはずだから、このようなゲームを製作、消費している人達はレイプを犯罪だと思っていないのと同等である。だからそういう認証をされるような作品は(本文には、はっきりとは書かれていませんが文脈から察するに→)禁止するべきだという主張をされています。

「観念論」対「事実」の図式、「人権」対「表現の自由」の図式、補足

>「悪を想像する」ことと「悪を実行する」ことは別である。「悪の実行」は規制されるべきであり事実規制されている。「悪の想像・悪を観念すること・悪への想像力」は規制されてはならない。「悪を想像すること・悪を観念すること」と、「善を行うこと・悪を実行しないこと」は、両立する。「悪による被害者」は擁護救済されるべきである。「悪による被害」の加害者はかなり多くの場合、「悪への想像力」自体を欠く。「無謬(悪への想像力を欠き、悪を自分以外のものとして切断操作すること)」は悪の温床となる。

この文章は「観念」的過ぎるので、事実と事例をもって示すほうが通じやすいのだが、とり急ぎメモのみ。

一部の人にだけ通じる事例を以下。ペドファイルは大犯罪者から聖人までいる、と言われる。ペドファイルという志向が「悪」だとして、ペドファイルという志向はしばしば「悪への想像力」自体を拒む母親の家庭にて発生する。「悪への想像力」自体を拒み「悪を実行する」ことは可能である。よって「悪への想像力」を規制統制することは「悪を規制統制」することに繋がらない。この事例もまた「観念」的過ぎるので「事実」を積み上げるほうが色々話が早い。

うーむ。国会議員には有効なのかもしれませんが、もし国会議員が「被害者の声」を全面的に聞くような方だったらどうなんでしょうね。或いはそういう「声」をやんわりとかわすのでしょうか。(ちなみにカマヤン氏とあなたは悪くないの管理人はたぶん面識もなくて、どちらもサイトの存在すら知らないと思います。私が勝手にお二方の意見をブログに引用しただけです。今回引用させて頂いたカマヤン氏の問いかけに対する返答はカマヤン氏御自身が問いかけたご本人に対して行っております)





レイプという行為は私達が想像するよりもひどいものであり、恐ろしいものであり、決して許せないものです。

一方的な暴力であり、一方的な強制であり、一方的な殺人にも等しい行為です。

当事者にとって、性行為を表すもの(及び性行為に最終的に結びつく行為)は全て御法度です。なぜならそこからフラッシュバックが起きるからです。女性器に男性器を挿入する表現は完全にNGで、更に男性を感じさせる表現は全てNGです。(しぐさ、言葉遣い等)

ですから当然製作者がレイプを社会問題だと訴えるような映画を製作していたとしても、その表現があればNGです(趣旨は少し違いますが子供の性暴力として描かれた闇の子供たちも当然NG)

どなたかレイプを娯楽として取り扱うのは問題で、啓発するのは被害者にとってはいいとかそのようなことを書いていた方がいらっしゃいましたが、そんなことはありません。そのように分析されているとしたらレイプ(PTSDやフラッシュバック)を軽く考えすぎです。それを区別できるようになっているのはだいぶマシになっている方々だと思われます。(ちなみにフラッシュバックはなにもしていなくても突然起こる可能性もある)



とある被害者の方がいらっしゃいます。

彼女はレイプを連想させるものは絶対見たくないし聞きたくもないと言いました。(彼女のレイプの定義は上記でも書いたとおり最終的に性行為に結びつく行為です。純愛だろうがそれはかわりません)彼女が言うにはあらゆるメディアからレイプを連想させるようなものが溢れていると言います。それはニュースであってもドキュメンタリーであってもレイプを社会問題として書かれる「フィクション」であっても同じことだと彼女は言います。その存在自体が許せないから、この世からなくなって欲しいと言いました。

しかし時が立つごとに彼女は少しずつ変わっていきました。(ただし原則的に治療を受けなければ回復する見込みはない)いえ、変わっていったというのは正確ではありません。落ち着きを取り戻してきたというべきでしょうか。

自分は被害者であるが、本当の苦しみというのは受けたものしか分からない。だからそれを強制したところで分かってもらえるとは思わない。

もちろんこれは被害にあってからこのような考えに至ったわけではなくて、元々このような考え方をする女性でした。




レイプという行為は存在自体許せないものだし加害者は真っ先に罰せられるべきであり、被害者の落ち度が裁判で認められている事自体おかしいとしか言いようがない。

奥村徹弁護士の見解
デリヘル女性に乱暴 強姦容疑で男再逮捕
《司法新時代》被害者参加で懲役4年
テレクラ利用の連続強盗強姦




マンガでのんきにレイプ描写をして楽しんでいる人達は、レイプの恐ろしさが分からないから、こういうことができるんだろう。でもこのようなことを平気で報道しているマスコミの人間だって受けたものの苦しみは分からないだろうし、同情して近づいてくる男(ほとんどは被害にあったことで遠ざけようとするらしい)には更に注意しなければいけないのも自覚している。結局は人の考えは多種多様で一人の人間が強制できるものではないんだ。そういうことを日々考えている男には嫌悪感さえ覚えるが、なるべくそういう人とは接触をさけていこうと考えてるよ。




あたしは被害者だが、その立場を利用されたくもない。マンガやアニメを法律で規制してそのあとどうするの?本当にそれだけのことでレイプがなくなると思ってるの?実行した加害者の厳罰化は訴えないの?ほんとうにあぶないのは平気でセクハラまがいのことを実行しつつ一気に距離感を縮めてくる男(これは個人の体験によって様々である)そういう男は自分が人を不快にさせているとは微塵も感じていないでしょ。だからそういう行為ができる。罵倒したところで(大体が泣き寝入りだ)自分が悪いことをしたなんて全く思っていない。ほんとは感じてるはずなのにとかワケワカラン理屈で通そうとする。バカとしかいいようがない。はやく○んでほしいわ。




アダルトゲームに女性も関わっていたなんて知らなかった。ふうん。まあ好きでやってんなら勝手にやってくれって感じだなあ。




前に人を不快にさせる云々って言ったことあるけど、強制的に従わせようとしたら誰だって不快に感じるでしょ?あたしはそういう目にあってきたのでよく分かるよ。あたしも気をつけているつもり。




彼女は今日も元気に生きています。ちなみに水平線は心境の変化を時系列順で区切っています。

では規制推進派は彼女のような被害者をどう捉えるのでしょう?


家父長制に犯されているからでしょうか?

男性的イデオロギーに支配されているからでしょうか?

「本当は主張したいけど今の社会では主張することで不利になるのではないか?」と思っているからでしょうか?

主張できない世の中になっている理由はレイプ描写のある創作物が蔓延っているからでしょうか?

許せないもののはずなのにそれを許してしまっている(法律的に)「被害者」を非難するべきでしょうか?

「被害者」のはずなのになぜそれを受け入れているのか理解できないと「被害者」に対して言及するのでしょうか?

同じ「被害者」なのに「文化」を受け入れるなんて恥を知れ!と「被害者」に向かって罵倒するのでしょうか?

ほんとはレイプを楽しんでいたからでしょうか?

hentaiの文化を実は「被害者」も楽しんでいるからでしょうか?

「あなたは悪くないんだよ」そう「被害者」に対して説得するのでしょうか?

「人権意識が低すぎる」そう「被害者」に向かって罵倒するのでしょうか?

「あなたは本当の被害者ではないからそんなことが言える!」と「被害者」に向かって罵倒するのでしょうか?

「そのような考えに至れたのはただ運が良かっただけ」そのように「被害者」に教えるのでしょうか?

「理解がある人が現れてくれて良かったね。でもあたしはそんなことはなかった。だから社会が悪い。国が悪い。そのような文化を作り上げた創作物が憎い」と「被害者」に向かって説教するのでしょうか?

「いや、女性蔑視そのものがレイプ作品を作りだす元凶だよ。だからレイプ作品を全てこの世から抹殺すれば女性差別はなくなるんだ。このようなものが蔓延っていてはならない」と「被害者」に対して説得するのでしょうか?

「レイプ作品こそが日本の性知識を堕落させる文化になってしまっているので、犯罪が起きている証拠及び犯罪が起きたあとの被害者の落ち度が裁判所で評価されてしまう」と「被害者」に対して説得するのでしょうか?

「レイプ行為が頭の中で展開されていること自体が許せない!そのおかげでどれだけ不幸を味わったことか。レイプは絶対悪だという認識がないから平気で考えていられるんだ。これはもう法律で人の頭を規制するしかない」そう「被害者」に対して説得するのでしょうか?

「本当にこんなこと言う被害者がいるの?信じられない」と考えるのでしょうか?

自分達こそが被害者の代弁者であり、これに当てはまらない者は被害者ではないと主張するのでしょうか?

「私達の意見に賛同しないのであれば、あなたを被害者とは認定しない」このように「被害者」に向かって発言するのでしょうか?

以上のことから「自分達の意に添わないレイプ被害者」を敵だと認定するのでしょうか?


ぜひ答えて頂きたいものです。

※当たり前ですが、これは全ての方に当てはまることではありません。症状は人によって違いがあります。間違っても規制推進派が言ってるような被害者ばかりではないということです。

※早期に治療を受けなければ大変なことになります。間違っても政治活動なんかに参加しないように。被害妄想スパイラルから抜け出せなくなります。




ところで、ゲーム業界には女性の方々もたくさんいらっしゃることかと思いますが、声をあてていらっしゃる女性も含めて、

女性の人権を蔑視

女性差別であることを意識していない

女性への暴力(モノ化)を推進している

よって、レイプを「し」、妊娠「させ」、中絶「させる」行為が平然とできるのは女性差別であり、人権侵害である。

以上のことを被害者のはずの女性自身が行っていらっしゃいます。なぜでしょうか?

女性というのは誰のことを言っているのでしょう?差別されているのは誰ですか?家父長制という「文化」が女性をそのような行いに駆り立てるのでしょうか?女性には意志がないのですか?

そろそろ、どちらが差別を行っているのか気づいてほしいですね。女性に自由意志は存在しないのですかね?

【関連サイト】

王様を欲しがったカエル
宇宙=女生徒からのメッセージ
AV女優が受けた撮影時の虐待。
児童ポルノの被害者と会いました。
精神病患者を政治活動にこき使う。
教育とマゾヒズム








個人的な理由で最近更新が滞ってしまって申し訳ないです。更新していない間、太陽の直射日光で日焼け止めを塗っていたにも関わらず顔や腕がすごいことになってしまって病院にいくハメに(あそびでこうなったんならあきらめもつくけどつД`)更にそこからなにかにあたったのか腹を下してしまって下痢や嘔吐の連発で死ぬかと思いました。そうこうやっているうちにいつのまにかダウンロード違法化が決定とかほんとにありえないですよ。兎園氏やりず氏がそのことを記事にしていらっしゃるのであとで読んでみようかと思っています。それとコメントの返信はまだ途中だったと思いますのでまた後日に返信させて頂きます。

チラシの裏(3周目)
ヤラセ国会の弊害
喜ぶのは利権寄生団体ばかり


無名の一知財政策ウォッチャーの独言
第177回:参議院文教科学委員会での馴れ合い出来レース審議、ダウンロード違法化を含む著作権法改正案の成立-一億総海賊時代の到来-

>これで来年の1月からダウンロード違法化が施行されることが確定した訳だが、このようなそもそもの根本から腐った法律は守られようも守りようもない。この国の議員や役人どもは、一億総クリエーターだの、一億総ユーザーだのと口先では調子の良いことばかり言いながら、結局、何のことは無い、国民全員を潜在的な海賊と見なして、ダウンロード違法化を強行し、一億総海賊時代を到来させたのである。この大海賊時代の到来を前に、私も1人の海賊であると、ここに宣言しよう。

このようなことを素直に言葉にできる方は本当にスゴイです。カッコイイですよ、マジで!
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mudaken.blog103.fc2.com/tb.php/294-cc31f935
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
応援よろしくお願いします!
 
プロフィール
 

mudan

Author:mudan
元販売業のはず。なんの知識もなかったはずだが、なぜか店長をまかされるにまで至る。

とある事情があって業界から引退したはずだったが、本業とは別にその後もこっそりと知人の事業に関わったりしているようだ。

最近は冷却期間をおいたこともあって、また業界に返り咲こうと画策している。

野球が好き。

座右の銘は ”思い立ったが吉日”


どうも個人的なサイトではなくなってきたような気がするので、責任感を持たせる為にプロフィールを今までよりも少しだけ情報公開してみました。

当サイトはリンクフリーです。

YAHOO! ニュース
 
ココロ
 
ブログ内検索
 
ためになるリンク集
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。