上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
Запретная Зона
APPがCLANNADも攻撃対象に

以下引用します。

792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/13(土) 22:50:14 ID:3B0DFRTn
http://idiagdia.com/wiki/index.php?Think%2F%E3%82%A8%E3%83%AD%E3%82%B2%E6%84%9B%E5%A5%BD%E5%AE%B6%E8%80%83%E5%AF%9F
APP研(ポルノ・買春問題研究会)メンバーのwiki

近年になって、テレビ東京などでは「ToHeart」「クラナド」などの「エロゲ」をテレビアニメ化して、視聴率を確保しています。
これまでの主人公は男性、攻略する客体が女性であったセックスゲームを、改変して、主人公を女性、
もしくは主人公の恋人が女性とし、テレビ用に客体を昇格させてる事によって「美少女ゲーム」を「少女漫画」という位置づけでテレビ放映が可能になりました。

それでも、男性側は「一般的な男性像」であり、女性側は「天然キャラ」として可愛がる、守られるべき存在であるという差別の構図は残ったままです。


あーあ、ついに頭がおかしくなっちゃいましたか、って元からでしたね(笑)しかしCLANNADってエロゲーになったことありましたっけ?確かないですよね?

しかしこれを読むとAPPの美少女ゲームの定義が良く分かりますね。

>これまでの主人公は男性、攻略する客体が女性であったセックスゲームを、改変して、主人公を女性、もしくは主人公の恋人が女性とし、テレビ用に客体を昇格させてる事によって「美少女ゲーム」を「少女漫画」という位置づけでテレビ放映が可能になりました。

お分かりでしょうか?この「美少女ゲーム」を「少女漫画」という位置づけでテレビ放映が可能になったという文章の中でAPPが「美少女ゲーム」をどう認識しているのかが良く分かりますね。つまり、

「美少女ゲーム」とは「エロゲー」のことであり、「エロゲー」とは「レイプレイ」のことです。

そしてAPPからすると「エロゲー」とは、主人公が男性、攻略する対象は女性が常であり、また、

男性側は「一般的な男性像」であり、女性側は「天然キャラ」として可愛がる、守られるべき存在であるという差別の構図は残ったままです。

という文章から、女性は常に男性に搾取される存在となります。以上のことからAPPが訴える規制対象とは、

女性が常に男性に搾取される存在になっている創作物全てだということになります。

ここで「性的」搾取になっていないことに注意して下さい。つまりAPPが訴える規制はエロかどうかは関係ないということです。

もちろんエロの描写がない純愛であっても「女性が常に男性に搾取される存在」になっているのなら規制対象です。ぶっちゃけ攻略対象に女性が含まれていれば規制対象に含まれます。うん、はっきりいって完全に頭がイッちゃってるよホント。


眼光紙背
「陵辱ゲーム規制」とはプロパガンダだ!(以下抜粋)

>日本ではエロゲーをプレイする人がいることによって本当に「女性が性的に搾取されている」のだろうか。

>このこと自体はかなり疑わしく、はっきり言えば嘘だ。もし「エロゲーをプレイすれば女性をレイプする」という命題が正しいのならば、その対偶は「レイプしない人はエロゲーもプレイしない」ということになる。

仰る通りです。実際はレイプをしない人もエロゲーをプレイしているので(当たり前でありますw)規制推進派が嘘をついているのは疑う余地のないところです。

>だが、こうした統計や論理を用いた主張を繰り返しても、エロゲーを規制したい人達の耳に届くことはない。なぜならそうした主張をする人たちの主な目的は「実際に犯罪をなくすこと」ではなく「自分達の理想の価値観を社会に広める」ことだからだ。そのためにエロゲーという叩きやすいメディアをダシにして「日本では女性が搾取されている」というプロパガンダを打っているのである。

これ重要な部分ですから是非とも何回も目を通しておいて下さいね。規制推進派は「規制をするために理論を組み立てる」ので、こちら側が規制推進派に対話をしようとしても無意味なんです。それだけではなくテンプレのような反対理論を想定しながら組み立ててもいるので、更にやっかいなことこの上ないです。理論は統計に勝つんです。だから統計を絶対視してはいけません。相手はそれすらも利用しているのですから。

>昨今、日本のマスメディアが「マスゴミ」などと揶揄されている。それはマスメディアが事実ではなく、単に読者の喜ぶ情報を伝達しているということが明らかになってきているからだ。「ネットやゲームは子供に良い? 悪い?」などといった単純な二元論で叩かれがちなのも、視聴者にそれがウケると彼らが信じているからだ。本当にエロゲーやネットを規制することで子供を守ることができるのか。それを検証する責任がマスメディアにはあるのだが、現状を見る限りあまり期待することはできないだろう。

中略

>メディアに中立的な立場でこの問題を取り上げさせるには「一方的な表現規制を押し進めるような記事は読者にウケない」ということを理解させる必要がある。表現規制の波は今のところエロゲーやSNS、ケータイといった「一部」にとどまっているが、表現規制とは、突き詰めればマスメディアに対しても適用されるものだからだ。ただでさえ、マスメディアが金融危機によって力を失っている今、マスメディアを去勢させることを「理想」とする勢力が時を見てマスメディア規制論をうまくプロパガンダしたら、彼らも対岸の火事ではいられなくなる。

これも重要です。今は規制のプロバガンダが需要(金)になっているからよってたかって報道しているだけであって、これが需要(金)にならないと分かれば掌を返してくるでしょう。信じられないかもしれませんが、今のメディアを見ていれば良く分かります。最早信念だけではどうしようもなくなってきてるのが今のマスメディアです。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mudaken.blog103.fc2.com/tb.php/295-10a7b29c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント

お久しぶりです。最近はどうも何をやっても手につきません・・
APPの件、ならば、どうすればいいんでしょう。
彼等は昔と違って政権与党にも深くコミットしている。
他の表現規制反対のWEBページを見ても、危機感を訴えつつも終戦ムードが漂いはじめて・・
いくらキチガイとネットで叫んでも、法案を通されたらそこまで。無力感に襲われっぱなしですよ・・
2009/06/18(木) 21:10 湯偽不 URL [編集]

彼らの論理では、女性が主導権を持たないあらゆる関係は「差別」(非平等)なんですね。そういう独自な意味で「差別」的な関係を描写した表現を、「集団としての人権論」を媒介として、なんとか人権侵害と結び付けようと試みているわけで。
2009/06/19(金) 03:22 Civilliberties URL [編集]

APP研究会としては、アダルトゲーマーの人たちに、なにがしかの「加害者意識」を引き受けさせたいと思っているのでしょうね。そうすればいくばくかは男性の能動性が萎縮させられて、「差別」の解消に結びつくだろうと。

APP研究会が代弁しているという「被害者」の視点というものは、性犯罪者のせいで植えつけられてしまった「人間不信」を含んでいると思うのですが、そういう人間不信を一時的な錯覚として克服していくのではなく、永久的な前提として受け入れて利用しなさいというのがAPP研究会のメッセージのようですね。

2009/06/19(金) 03:47 Civilliberties URL [編集]

私はクラナドのアニメをみましたが要所だけ引っこ抜くと。
学生の主人公は女の子と恋愛関係になり卒業、プロポーズ、結婚して女の子は妊娠して子供を生みます。
絵柄やキャラクターはロリっぽくてオタク向けですけどそれも絵柄ですし全体で見るとごくありふれた恋愛模様です。
後調べたのですが元々18禁要素のないゲームみたいですよ。
これすら規制になるなら映画もドラマも全ての創作物を規制する事になります。
2009/06/21(日) 01:26 URL [編集]

情報統制が始まった

このテレビアニメーションが規制される理由が理解できない。
規制派の国会議員が、種々の規制に成功した(と思った)ので、
(国民に理解できない自分たちだけの都合(何かの隠ぺい?)のために言論を規制する)
次の段階に進みはじめたのかもしれません。

例えば、googleは、
結構、「規制」の要請を受け入れているように思います。
中国では、googleは、中国政府の要請(証拠は無いが)によると思われますが、
「チベット」というキーワードで
チベットでの人権侵害に反対するサイトをヒットさせないようにしています。

日本のgoogleでは、
同じく証拠はありませんが、
「怪しい児童ポルノ」
というキーワードでgoogle検索すると、
「怪しい児童ポルノ規制法案」
http://like700.hp.infoseek.co.jp/42.html
のサイトが検索結果に出てきません。
(完全にブロックされたわけでは無く、「怪しい児童ポルノ規制法案」で検索すると、まだヒットしますので、完全に検索がブロックされたわけではなさそうです。)

更に、
「ヒーロースクール」
というキーワードでgoogle検索すると、
「ヒーロースクールは統一協会です」
http://like700.hp.infoseek.co.jp/18.html
のサイトが検索結果に出てきません。

これらは、googleに団体(カルト宗教)や国会議員が要請すればできる規制のように思われます。
既に、そういう規制の要請が多数googleに受け付けられているように思います。

中国政府の要請と同様な要請によるものと思われます。

多分、児童ポルノ規制を批判することは、
チベットの人権侵害を批判することと同じく
重罪なのかもしれません。

児童ポルノ規制法案が更に悪化すれば、
もっと多くの規制が国民にかかってくると思われます。

まさか、以下のようなことはやらないのではないかと思っていたのですが、
「新聞・ラジオ・雑誌の検閲と、そして、貧乏」
http://like700.hp.infoseek.co.jp/38.html
クラナドのアニメを規制するくらいなら、
この言論規制も始めるかもしれませんね。
「貧乏」も始まっていますし、、、
2009/06/21(日) 06:45 ランナー URL [編集]

湯偽不さん お久しぶりです。コメントありがとうございます

返信が遅くなりまして申し訳ありません。

とりあえずAPP自体はどうにもなりません。又APPが改心することもありえません。なぜなら改心してしまったらAPPの存在理由がなくなってしまうからです。話せば分かると言ってる人達はまずこのあたりが理解されていないかと思われます。

そうですね、国会議員だけに的を絞るのでしたら今はAPPのことは無視して引き続き児童ポルノ法案に全力を尽くすというところでしょうか。児童ポルノ法案の趣旨は個人的法益なので、今回の性暴力騒動とは関係がありません。

あと私自身はAPPの主張はすんなり社会に受け入れられるものとは思っておりません。今社会に受け入れられてるように錯覚させられている原因は、マスコミの過剰報道と過剰な自主規制とそのおかげで業界の関係者(消費者含め)が騒いでいるのが原因でしょう。ほとんどの国民と国会議員はそんな騒動には興味がありませんしね。

>いくらキチガイとネットで叫んでも、法案を通されたらそこまで。無力感に襲われっぱなしですよ・・

逆に考えましょう。法案を通さなければいいのです。勝負事というのは先にキレるかあきらめたほうが負けます。あきらめないという意思表示はとても大切ですよ。味方も増えますし、相手にプレッシャーを与えることもできますし。

「勝つことより負けぬことを考えよ」

勝つというのはすごくハードルが高いように感じますが、負けないようにしようと思えばハードルが下がった気がするでしょう?

あとキチガイ(狂ってる)という事実は動かしようがありませんのでキチガイとちゃんと公の場で発言することはとても大事だと思っています。もちろんキチガイの理由がちゃんと存在するのでただのヘイトスピーチでもありませんしね。こういうことを堂々と言えるのは間違いなく鳥山さんの功績によるところが大きいでしょう。

まあなんにしてもネガティブ思考はご自身を破滅させるだけなので、できるだけポジティブな思考で日々を過ごして頂ければ幸いです。ネガティブ思考は連中にも喜ばれるだけですし。あいつらのことで体調がおかしくなるなんてバカらしいでしょ?

2009/06/24(水) 07:17 mudan URL [編集]

Civillibertiesさん コメントありがとうございます

返信が遅くなりました。申し訳ないです。

>彼らの論理では、女性が主導権を持たないあらゆる関係は「差別」(非平等)なんですね。

仰るとおりですね。そして少なくとも彼らが使う「レイプ」という言葉はそういう意味で使われているのだと思います。つまり現実に性交(強姦)が行われている行為ではなくて、家父長制のシステムがレイプそのものだということですね。ですから

>男性側は「一般的な男性像」であり、女性側は「天然キャラ」として可愛がる、守られるべき存在であるという差別の構図は残ったままです。

「天然キャラ」として可愛がる、「男性にとって」守られるべき存在であるということそのものが「男性にレイプされている」とAPPの中では認識しているのではないかと思います。

>そういう独自な意味で「差別」的な関係を描写した表現を、「集団としての人権論」を媒介として、なんとか人権侵害と結び付けようと試みているわけで。

全く仰る通りですね。彼らが使用する言葉は必ずしも日本で言うところの「強姦」ではなくて「差別的」な意味合いを含んでいる意味での「人権侵害=レイプ」になるわけで、逆にこちらが認識するレイプは「強姦」であり、法律用語でいうところの個人的法益として認識してしまっていることになりますね。ハハハ・・・
2009/06/24(水) 08:40 mudan URL [編集]

2009/06/21(日) 01:26さん コメントありがとうございます

クラナドって舞台が学園だけじゃないんですね。ああ、だから「クラナドは人生」なんですね。今更ながら理解しましたよ(^^;

たぶん規制されない内容があるとしたら女性が主人公で男に全く頼らないで生きて行く内容でしょうね。少しでも女性らしさが感じられるようになれば駄目でしょうね。

18禁かどうかは関係ないのでしょうね。このエントリー内の別の方の返信でも書かせて頂きましたが、どうやら差別をレイプ(強姦)と摩り替えているみたいなんですよ。

なのでこの世の差別は全てレイプとして認識してしまうみたいなのです。脳内変換とはかくも恐ろしいものですね。
2009/06/24(水) 09:16 mudan URL [編集]

水無月 真純さんのところでも書いているんですが、私のよく知る人物が猛烈な質問量のメールを書いていました。

質問が多すぎると目にも入らないぞと警告してやったんですが、奴の幸運を祈ってやってください。

…まぁ、何もしないよりは健全でしょうけど
2009/06/24(水) 12:31 訳アリの匿名希望 URL [編集]

ランナーさん 情報ありがとうございます

>このテレビアニメーションが規制される理由が理解できない。

そうですね。全く理解できません。というか理解できるような人がいたら、ネ神と呼ばせて頂きますよ(笑)

まあ、規制する理由は理解できなくとも規制しようとしている屁理屈は理解できてしまっています。だから余計ヤバイいんですけどね。色々な意味で。

あとgoogle先生は、国の御用達企業だったらヤバイんですけど、目立つところでストリートビュー論争を見ている限りではそんなことはなさそうですね。もうひとつのネット図書館化の問題も色々波紋を広げてるようですし。

色々な意味で言論を封じたいのは恐らく警察庁でしょう。ポルノはセックスヘイターのお仕事ですし。ああ、ソウカさんもソウカもしれませんね、なんちゃって(あ、ぶたないでw)

>児童ポルノ規制法案が更に悪化すれば、
もっと多くの規制が国民にかかってくると思われます。

これは仰る通りだと思います。だから今止めておかないとけないのですね。
2009/06/25(木) 01:10 mudan URL [編集]

訳アリの匿名希望さん コメントありがとうございます

質問の内容にもよりますね。でも大抵あんまり多いと返信を期待するのは難しいかもしれませんね。

私も何度か質問みたいなのを送ったことがあったのですが、返信はなかったですからね。まあ、例外なく質問の相手は規制推進派議員だったので当然といえば当然かもしれません。

ただ、上から目線はまず返信はこないでしょうから、ひたすらお願いの立場でやってみるといいですね。お願いするけど妥協はしないってな感じで(笑)
2009/06/25(木) 02:29 mudan URL [編集]

情報統制の追加

こんばんわ。

最近は、「怪しい児童ポルノ規制法案」
というキーワードでYahoo検索すると、
「怪しい児童ポルノ規制法案」
http://like700.hp.infoseek.co.jp/42.html
のサイトが検索結果に出てきません。
2009/09/10(木) 21:50 ランナー URL [編集]

ランナーさん コメントありがとうございます。

お返事が遅れて申し訳ありません。

こちらでも調べて見たところ、一応表示されているようですね。

ttp://search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%80%AA%E3%81%97%E3%81%84%E5%85%90%E7%AB%A5%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%83%8E%E8%A6%8F%E5%88%B6%E6%B3%95%E6%A1%88&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=

ソフトバンクは別所直哉という規制推進派がいることですし、これからも監視が必要ですね。ランナーさんのサイトももしかすると一時期にフィルタリングされていたのかもしれません。

最近ではイクオリティ・ナウが活動を再開したようですね。どうやらソフ倫の対応に対してCSA(旧メディ倫)の対応をこころよく思っていないようです。なんにしても政府の人間や国会議員が懐柔されないように支援していかなければいけませんね。あと規制反対派を障害者呼ばわりしていることも話題になっていますね。これはまた記事にしようかと思っています。といっても現状はまだちょっとブログを書くのは厳しそうです。
2009/10/04(日) 23:44 mudan URL [編集]







非公開コメント
応援よろしくお願いします!
 
プロフィール
 

mudan

Author:mudan
元販売業のはず。なんの知識もなかったはずだが、なぜか店長をまかされるにまで至る。

とある事情があって業界から引退したはずだったが、本業とは別にその後もこっそりと知人の事業に関わったりしているようだ。

最近は冷却期間をおいたこともあって、また業界に返り咲こうと画策している。

野球が好き。

座右の銘は ”思い立ったが吉日”


どうも個人的なサイトではなくなってきたような気がするので、責任感を持たせる為にプロフィールを今までよりも少しだけ情報公開してみました。

当サイトはリンクフリーです。

YAHOO! ニュース
 
ココロ
 
ブログ内検索
 
ためになるリンク集
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。