上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
昨日は概要だけだったので、今日は本文を取り上げようと思っていたら、すでに本文を取り上げて解説されている方がいらっしゃいましたので、ご紹介しておきます。

無名の一知財政策ウォッチャーの独言
第201回:東京都青少年問題協議会答申素案に対するパブコメ募集

パブコメを出す参考になると思いますので、一度提出する前に是非読むことをオススメします。

さて、この答申素案ですが、「第2章 児童を性の対象として取り扱うメディアについて」の項目の順番は、いつもの規制推進派の手口で、児童ポルノの定義を、「児童を性の対象とする製作物」とし、このカテゴリーに入るものを「児童が描写されている全ての創作物」(さらに創作物の定義を漫画等としている)と誤認させるように誘導されており「児童ポルノはこんなに酷い虐待物だから、創作物を排除するべし」というように説得力を持たせるように配置されています。

それは、この本文の項目の順番を見て頂ければお分かり頂けるものと思います。

本文の順番は、


第2章 児童を性の対象として取り扱うメディアについて

1 現状と課題

(1)「児童ポルノ」及び児童を性の対象として取り扱う図書類を巡る状況

(2)法律や条例の適用対象及び限界
 ア 児童ポルノの単純所持
 イ 幼児や小学生が半裸・水着姿でポーズを取らされた写真集等(いわゆる「ジュニアアイドル誌」)
 ウ 児童の性的行為などを描写した漫画等
 エ 条例における規制

(3)国や他道府県、社会の動き
 ア 国会の動き
 イ 奈良県における児童ポルノの単純所持を禁止する条例の制定
 ウ 日本ユニセフ協会、ECPAT/ストップ子ども買春の会等による児童ポルノ法改正を求めるアピール活動

2 児童を性の対象として取り扱うメディアの現状を改善するための方策等

(1)児童ポルノを所持し楽しむことが「自由」とされていることにより児童ポルノがインターネット上等において蔓延していることについて

(2)いわゆるジュニアアイドル誌が自由に販売等されていることについて

(3)児童の性的行為などを描写した漫画等が自由に販売等されていることについて

(4)児童・生徒の性行為を描写した小・中学生を対象とする「ラブ・コミック」等について


となっておりますが、このうち創作物に言及があるものは、赤色で表示すると、


第2章 児童を性の対象として取り扱うメディアについて

1 現状と課題

(1)「児童ポルノ」及び児童を性の対象として取り扱う図書類を巡る状況

(2)法律や条例の適用対象及び限界
 ア 児童ポルノの単純所持
 イ 幼児や小学生が半裸・水着姿でポーズを取らされた写真集等(いわゆる「ジュニアアイドル誌」)
 ウ 児童の性的行為などを描写した漫画等
 エ 条例における規制

(3)国や他道府県、社会の動き
 ア 国会の動き
 イ 奈良県における児童ポルノの単純所持を禁止する条例の制定
 ウ 日本ユニセフ協会、ECPAT/ストップ子ども買春の会等による児童ポルノ法改正を求めるアピール活動

2 児童を性の対象として取り扱うメディアの現状を改善するための方策等

(1)児童ポルノを所持し楽しむことが「自由」とされていることにより児童ポルノがインターネット上等において蔓延していることについて

(2)いわゆるジュニアアイドル誌が自由に販売等されていることについて

(3)児童の性的行為などを描写した漫画等が自由に販売等されていることについて

(4)児童・生徒の性行為を描写した小・中学生を対象とする「ラブ・コミック」等について


となっていて、わざと創作物が書いてある項目とそうでない項目を混同させるようにして、直接創作物の言及がない項目に児童ポルノが世界からあるいは国から批判されることによって、創作物禁止はやむなしという流れになっているように印象付けていることに注意する必要があります。

いうまでもなく創作物は児童ポルノではありませんし、児童が創作物によって虐待されている事実もありません。全て嘘っぱちです。答申素案の本文を読む際にはこの点に注意して下さい。

(ただ、以上のことはこのブログを日々読んで下さっている皆様には、分かりきったことを言うなっていわれそうです。)


カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの虚業日記
東京都第28期青少年問題協議会パブコメ募集

>なお、「東京都民でなければ意見を送れない」と錯覚している向きが多いようだが、

東京都は日本の出版印刷業メディア産業のほとんどが集約されています。そのメディア政策は私にも深く関係します。よって以下の意見を送ります。

と、一行目に書けば、他県民でも送って問題ない。条例に対し他県民が批判しそれがプレッシャーになることはよくあることだ。我々は賢明な形で東京都にプレッシャーを与えるべきである。政治とはしないよりしたほうがマシなことの積み重ねである。


コンテンツ文化研究会
東京都へパブリックコメントを送るよう呼びかけます

>都民からとありますが、鳥取の人権条例の際には県外からの批判も大きなプレッシャーになっています。
この件で意見のある全ての方々は、都民でなくとも送ることを当会は推奨致します。


仰るとおり、他県民の方が出しても効果があると思います。

昨日は時間がなかったので、今日書こうと思っていたのですが、仰ることに追加して、あくまで私の予想ですが、現在東京都以外に在住している方で今後東京都内に創作物のコンテンツを扱う予定のある方か、コンテンツを扱う業者(又は団体)に従事している方か、又は従事する予定のある方、東京都内にコンテンツを開催する予定のある方や、それに参加する予定のある方(例を出すと、コミケットの参加者や、東京ゲームショウに参加している方、都内のネット販売に参加している方等)は他県民であっても更に説得力が増すのではないかと思っています。(カマヤン氏が書いて下さった定型文なんかはまさにそれに則っている、あるいは解釈もできるかと)


更に鳥山氏のブログで規制問題等で的確に指示を出されていて、当ブログでもお世話になったnazo-氏がコメントで重要なことを仰っていらっしゃるので、誠に勝手ながらこちらで引用させて頂きます。(問題があれば消します。)

>他の道府県にお住まいの場合は、雑誌の編集部やゲームメーカー、業界団体宛に提出を呼び掛けて注意喚起することが出来ます。クリエイター個人の場合は、東京都在住であることを明示している場合は問い合わせてみても良いかも知れませんが、決して感情的になったりせず冷静にお願いします。

>設置根拠の条例そのものを廃止すれば可能。と言っても、それはかなり現実離れしているので「予算を削って無力化する」「次の知事がトップダウンで委員を入れ替える」と言った対処が現実的でしょう。もう少し先のことにならざるを得ませんが。

それから、現在の都議会議長である田中良議員は先の総選挙で党派を超えて保坂展人前衆議院議員の選対本部長に就任していました。従って、パブコメ提出と並行して保坂事務所への情報提供も行うべきでしょう。

(引用元は王様を欲しがったカエル「石関貴史議員への規制反対派による対応方法。」のnazo-氏が発言されているコメント欄から)


なんと東京都議会議員の田中良氏は、保坂展人氏の選対本部長に就任していたようです。保坂事務所から田中良氏へのアプローチができるのかもしれません。パブコメと並行して保坂事務所への情報提供も同時に行っていきましょう。

その他に東京都の企業にパブコメの存在を知らせる方法もあります。正直パブコメを募集する期間が極端に短いために、その存在すら知らないまま終わる企業はかなりの数に上ると予想されます。募集終了まであまり時間がないので、知り合いの業界関係者等に優先的に知らせてから、動いてくれそうな企業に積極的に知らせていくようにすればいいのではないかと思います。ただ、パブコメ終了以降もまたチャンスは訪れると思いますので、来るべき時の為にできるだけ企業に対して注意喚起を続けるのがいいかと思われます。


(則るという意味はひょっとすると使い方が間違っているかもしれませんので、もしうまく伝わらなければ申し訳ないです)

(あとコメント返信できていなくて申し訳ないです。後日改めて返信させて頂きます)
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mudaken.blog103.fc2.com/tb.php/321-bd7a9a1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
第28期東京都青少年問題協議会答申素案及び都民意見の募集について 1 意見募集内容 第28期東京都青少年問題協議会答申素案 「メディ...
2009/11/29(日) 11:26  表現規制について少しだけ考えてみる(仮)
コメント







非公開コメント
応援よろしくお願いします!
 
プロフィール
 

mudan

Author:mudan
元販売業のはず。なんの知識もなかったはずだが、なぜか店長をまかされるにまで至る。

とある事情があって業界から引退したはずだったが、本業とは別にその後もこっそりと知人の事業に関わったりしているようだ。

最近は冷却期間をおいたこともあって、また業界に返り咲こうと画策している。

野球が好き。

座右の銘は ”思い立ったが吉日”


どうも個人的なサイトではなくなってきたような気がするので、責任感を持たせる為にプロフィールを今までよりも少しだけ情報公開してみました。

当サイトはリンクフリーです。

YAHOO! ニュース
 
ココロ
 
ブログ内検索
 
ためになるリンク集
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。