上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
「新たな人身取引対策行動計画(仮称)」(案)に対する
意見の募集(パブリックコメント)について


意見提出期限
平成21年12月3日(木)17:00(必着)(郵送についても、募集期間内の必着とします。)

意見募集対象
「新たな人身取引対策行動計画(仮称)」(案)【PDF形式】から抜粋


③ 児童の性的搾取に対する厳正な対応
児童に対する性的搾取について、「ゼロ・トレランス(不寛容)」の観点から対処することとし、児童買春・児童ポルノ事犯に対しては、国外犯規定の適用を含め、児童買春・児童ポルノ禁止法違反等により徹底的に取り締まるとともに、より一層厳正な科刑の実現に努める。また、児童ポルノ等の排除に向けた取組を強化する。(3ページ)

(2)国境を越えた犯罪の取締り

① 外国関係機関との連携強化
ICPO(国際刑事警察機構)を通じて、人身取引被害者の送出国や日本人による児童買春等が行われている疑いのある諸外国の捜査機関との間で人身取引事案及び児童買春・児童ポルノ事案に関する情報交換を必要に応じ実施する。また、人身取引被害者の送出国との間で、二国間の協議等(特に被害者が多い日比領事当局間協議、日タイ領事当局間協議及び日タイ共同タスクフォース)を通じて、人身取引事犯に関係した外国旅券・査証等の情報を交換し、人身取引の防止に向けた対策を講ずる。(4ページ)

② 国際捜査共助の充実化
外国当局が、当該国で児童買春・児童ポルノ事犯等の人身取引事犯に関与した日本人を訴追するに当たり、児童の権利に関する条約選択議定書において規定されている犯罪について我が国で双罰性が認められることも踏まえ、国際礼譲又は刑事共助条約等の関連する国際約束に基づいて我が国に捜査共助を要請してきた場合には、国際捜査共助法等の国内関連法に基づく積極的な共助を実施する。特に、共助件数の多い国との間については、刑事共助に関する条約の締結の可能性について検討する。(4ページ)


個人的に気になる部分は「児童の性的搾取に対する厳正な対応」で、ゼロ・トレランスの観点から日本の児童買春・ポルノ禁止法違反に沿って、徹底的に取り締まるという部分なんですが、日本の児童ポルノの定義は被害者が存在しない部分も多分に含んでいるため、ゼロ・トレランスの観点なんかでやってしまうと、「被害者なき犯罪者」を多量に生み出しかねない危険性をはらんでいます。

更に「外国関係機関との連携強化」「国際捜査共助の充実化」の部分では「刑事共助に関する条約の締結の可能性について検討する」の部分が非常にひっかかりますね。他国の警察と捜査協力としながらも、単純所持や、創作物規制を推進するようにやらかすのではないかと。あちらさんで創作物を規制している国はありますからね。

ちなみにこのパブコメは今日の17時までなので、提出される方はお気をつけ下さい。

参考サイトはこちらの方々です。


無名の一知財政策ウォッチャーの独言
第200回:「新たな人身取引対策行動計画(仮称)」(案)に対する提出パブコメ

月よお前が悪いから
内閣府で策定してる明日、3日までパブコメを募集してる『「新たな人身取引対策行動計画(仮称)」(案)』が児童ポルノ法反対運動的にひどいというのでとりあえず、書いてみました。
(コメント欄で教えて頂きました。ありがとうございました)
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mudaken.blog103.fc2.com/tb.php/323-3f72963a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
応援よろしくお願いします!
 
プロフィール
 

mudan

Author:mudan
元販売業のはず。なんの知識もなかったはずだが、なぜか店長をまかされるにまで至る。

とある事情があって業界から引退したはずだったが、本業とは別にその後もこっそりと知人の事業に関わったりしているようだ。

最近は冷却期間をおいたこともあって、また業界に返り咲こうと画策している。

野球が好き。

座右の銘は ”思い立ったが吉日”


どうも個人的なサイトではなくなってきたような気がするので、責任感を持たせる為にプロフィールを今までよりも少しだけ情報公開してみました。

当サイトはリンクフリーです。

YAHOO! ニュース
 
ココロ
 
ブログ内検索
 
ためになるリンク集
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。