上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
通ほりすがりさんからの情報です。コメントを引用させて頂きます。

引用開始

森田明彦先生のブログが凄いことに
「マイノリティの文化であるというだけで、すべての文化が等しく尊重されることを権利として求めることはできない」

「私たちがある特定の文化に向き合うときに、その文化を他の文化と平等なものと仮定して向き合うことを権利として要求することは出来るわけですが、その特定の文化が他の文化と対等なものとみなすことを権利として要求することはできません。
そのためには、他の文化と比較して、どの点において、その特定の文化が優れているのか、あるいは対等のものとみなされるべきなのか、説明して理解を得る必要があります」

だそうです。

アーリア人の優越を説いてユダヤ人を虐殺しまくったナチスとどこが違うのかと(w
ttp://fwge1820.spaces.live.com/blog/cns!6F2FFD241EC3D7CB!2332.entry

引用終わり

ヒトラー万歳!wこっちもどうぞ

この文章を見てまず私が思ったことは「男の娘も死あるのみ」ということだった。

とりあえず森田先生は一体どこの国に対して言及されているのか自覚して頂きたいと思いますが、日本での自由権とは『他者の自由(権利)を侵害しない限りにおいて、自由に行動・発言することができる権利』であり、決して文化の優劣等で権利が認められるわけではないのです。

言論・表現の自由と公共の福祉による人権の制限1:個人の自由(権利)と主体的倫理のバランス

基本的人権の限界

もしこれを知りながらこのようなことを訴えたのだとしたら、自由権の権利とは「世論或いは多数派が優れていると判断した権利」となってしまい、先生が法の理を根底から覆そうということになります。ああ、これが森田流人権論ってことなんですね(しかしこの定義と今日の情勢を比較するとあまり違和感を覚えないのはなんでだろうw)

で、当然のことながらコメント欄で指摘があってその質問に出された答えがこれ。


>しかし、子どもや女性を暴力で服従させ、搾取するような内容の(非実在の女性、子どもが登場する)創作物まで美少女キャラクター文化の一部であるという理由で社会的に容認すべきかどうかは、社会法益の観点から議論すべきことと思っています。
しかも、紙媒体が主流であった一昔前と違って、今はデジタル技術の発展によって、想像を絶するほど大量のポルノまがいの創作物がインターネット上を子ども達にもアクセス可能な形で流通しています。
やはり、この問題は、青少年の健全育成という観点から、実在の子どもを対象とした性的搾取を取り締まることを目的とする児童買春児童ポルノ等禁止法ではなくて、新規立法で対応すべきと私は考えています。

http://fwge1820.spaces.live.com/blog/cns!6F2FFD241EC3D7CB!2336.entry

え?社会法益?青少年育成? あのー、前日の文化の優劣とかいう話は一体どこにw
といってたら次の行にありました。

>なお、私はオタク文化についても、それが他者の自由や人権を侵害しない限りにおいて、他のマイノリティ文化と同様な精神的自由は当然認められると思っています。
したがって、自己鑑賞目的であっても、実在の子どもを性的に搾取・虐待しているポルノグラフィーの所持(単純所持)は具体的個人の人権を侵害しているという意味で犯罪であるというのが、私の立場です。

http://fwge1820.spaces.live.com/blog/cns!6F2FFD241EC3D7CB!2336.entry

は?実在の子ども?いやいや昨日は間違いなく創作物の文化のこと言ってたじゃん!(ちなみに単純所持が具体的個人の人権を侵害しているというのは意味が分からない)

ちなみに青少年健全育成が目的で、あなた方の理屈で法的に規制したいのであれば、フィルタリング(又はゾーニング)をすればいいだけの話であって表現自体を禁止する必要はありません。というかできません。(たとえの話であって私はフィルタリングの支持者ではないですよ)したがって表現を禁止したければ「他者の自由権を侵害している」という根拠が必要となるわけですが、あるんですか?

それともそんな根拠は必要なくてやはり「文化の優劣」で決めてしまえばいいとお考えなんでしょうか?うーん。さすがに人権論者は言うことが違うなあ。

しばらくエントリーが続くような気がするので今後も発言に要注目です。

(通ほりすがりさん、情報提供ありがとうございました)


【関連】

森田明彦『自遊日記』
国際化ということ
12月3日付の私の記事に対するsave childrenさんのコメントについて
なぜ、人権の基礎づけを求める必要があるのか?
近代という現象は多様なもので、近代に向かう経路も多様であるということ
児童ポルノ(18)児童ポルノ等禁止法改正に対する私見
児童ポルノ(19)子どもの権利の視点に立つと?
児童ポルノ(20)
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mudaken.blog103.fc2.com/tb.php/326-650f1151
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
元日本ユニセフ関係者で、現在「セーブ・ザ・チルドレン」のアドバイザーの森田明彦がブログで大暴走してました。 児童ポルノ(19)子ども...
2009/12/26(土) 15:00  表現規制について少しだけ考えてみる(仮)
コメント

毎日新聞でこんなニュースが。

 政府は22日、鳩山内閣発足以来初の犯罪対策閣僚会議を開き、児童ポルノ根絶に向けた総合対策を検討する「児童ポルノ排除対策ワーキングチーム」(議長・大島敦副内閣相)を設置した。児童ポルノ犯罪はインターネットの普及を背景に、検挙件数や被害児童数が過去最多を記録するなど深刻さを増しており、各省庁の連携は初めて。有識者やネット事業者らからの聞き取りも踏まえ、来年6月に報告書をまとめる。

 ワーキングチームは警察庁や総務省、外務省など関係9省庁の局長級で構成。「児童ポルノは絶対に許されない」という国民意識の醸成▽フィルタリング(閲覧制限)強化など製造、流通の各段階における被害防止対策▽被害児童支援の推進--などを検討する。
 会議で、鳩山由紀夫首相は「(ワーキングチームを)ただ作ればいいのではなく、いかに迅速に行動に移すかがすべてだ」と指示した。

いくつか問題点があります

①ワーキングチームは警察庁や総務省、外務省など関係9省庁の局長級で構成。
「児童ポルノは絶対に許されない」という国民意識の醸成。

警視庁と総務省が拘ってくるとロクなことになりません。

②▽フィルタリング(閲覧制限)強化など製造、流通の各段 階における被害防止対策

現在の法律でも、製造と流通は禁止されてます。
フィルタリングはろくなことにならないのが目に見えている。
利権目当てが見え見えです。

③有識者やネット事業者らからの聞き取りも踏まえ、来年6 月に報告書をまとめる。

一番危ないのがここです。
ユニセフやエクパットがしゃしゃり出てくる可能性あり。
これに対抗するためにも意見を送るべきだと思います。

それとこれは別のですが

http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009122201000300.html

>中井洽国家公安委員長は会議後の記者会見で、来年の通常国会での児童買春・ポルノ禁止法改正にあらためて意欲を示した。

やはり中井は危険です。
民主党内の慎重・反対派や社民党にストッパーになってもらうしかありませんね。

2009/12/22(火) 16:24 K.J URL [編集]

ユニセフやエクパットの介入に注意するのは勿論ですが、私はむしろユニセフやエクパットが、現政権に圧力を掛け続けた結果、党内で反対がないこともあり(多分に反対意見は表明しづらいのだろう。)組織が発足したのではないかと思う。この違いは結構大きい。後者の場合、創作物規制という目的を持って制度をスタートさせた事を意味するからである。
きつい言い方をするなら、漫画愛好家が“萌えて”いる間にもユニセフやエクパットは、目的達成の為に、政府に接近し続けていた、という事になる。

2009/12/22(火) 20:57 URL [編集]

K.Jさん 情報ありがとうございます

返信が遅くなりまして申し訳ありません。

K.Jさんの情報提供をエントリーにする予定だったのですが、時間がなくてエントリーにできませんでした。申し訳ないです。

ところでこのニュースは少し前にあった内閣府の「新たな人身取引対策行動計画」のパブコメのアレだと思うんですけど、やっぱりというか児童ポルノに絡めてきましたね。あとこのワーキングチームは中井センセイから提案があったようだとの情報もでていますね。これは今後も監視をしなければならないので年内までにエントリーを起こそうと思います。情報ありがとうございました。
2009/12/27(日) 06:29 mudan URL [編集]

2009/12/22(火) 20:57さん コメントありがとうございます

返信が遅くなりまして申し訳ありません。

まさしくおっしゃるとおりですよ。

http://www.npsc.go.jp/pressconf21/12_11.htm

>漫画愛好家が“萌えて”いる間にもユニセフやエクパットは、目的達成の為に、政府に接近し続けていた、という事になる。

おっしゃるとおり規制推進の中核である矯風会は50年以上も前から表現規制推進に向けて準備を進めて来ていますからね。ネットがない時代は情報伝達が十分に行き届かないために全国の漫画愛好家に情報伝達ができませんでしたが、今はネットのおかげでだいぶ情報が拡散できるようになりました。今は皮肉にもレイプレイ事件のおかげで規制に関する認知度が爆発的に広まったとみていいと思います。

であるならば、今の状態であっても反対の意思を示さない漫画愛好家はそれこそ確信犯的にあえて“萌えて”いることになるのかもしれませんね。ただ、それはそれでいいんじゃないかと私は思います。あとで後悔しても私は知りませんが・・・
2009/12/27(日) 06:51 mudan URL [編集]







非公開コメント
応援よろしくお願いします!
 
プロフィール
 

mudan

Author:mudan
元販売業のはず。なんの知識もなかったはずだが、なぜか店長をまかされるにまで至る。

とある事情があって業界から引退したはずだったが、本業とは別にその後もこっそりと知人の事業に関わったりしているようだ。

最近は冷却期間をおいたこともあって、また業界に返り咲こうと画策している。

野球が好き。

座右の銘は ”思い立ったが吉日”


どうも個人的なサイトではなくなってきたような気がするので、責任感を持たせる為にプロフィールを今までよりも少しだけ情報公開してみました。

当サイトはリンクフリーです。

YAHOO! ニュース
 
ココロ
 
ブログ内検索
 
ためになるリンク集
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。