上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
GIGAZINE
違法ダウンロードユーザーがインターネットから強制切断へ、政府が海賊版対策を強化

この動きはもう少し後になるかと思っていましたが、早くも仕掛けて来たようです。

まあしかし海賊版は確かに取り締まらなければいけないとは思うんですが、私個人の見解として権利者がここまでしつこく主張している意図って「お店の商品が売れないのはa○azonのせいだ!だからa○azonを国の力でなんとか規制して下さい」っていうのが本音なわけですよね?(a○azonはタトエです、たぶん)

日経に書いてある「海賊版の利用に歯止めをかけ、制作者の著作権を保護して収益を得られるように支援する。」ことが目的であれば、ダウンロードユーザーだけではなく、ヤフーオークション業者及びユーザー(購入者含む)や中古業者及びユーザー(購入者含む)も規制しなければ筋が通らないのですが、なぜかそういうことは言いません。それはなぜでしょうか?

答えは簡単で「ダウンロードユーザーが日本の国に守られていないだけだから」これだけです。

更に付け加えると、ダウンロードユーザーを遮断したところで利益が増えるとは限りません。なぜならダウンロードユーザーはダウンロードオンリーのユーザーだからです。

これは意図的に隠されているとしか思えませんが、新品オンリー、中古オンリー、ダウンロードオンリーというオンリーワンユーザーは必ず存在します。a○azonでしか購入しないというユーザーもいますよね?それと同じことです。

新品オンリーユーザーは新品しか購入しません。中古をもし利用することがあるとすれば、新品が市場に出回らなくなったときです。

中古オンリーユーザーは中古しか購入しません。新品をもし購入することがあるとすれば、中古が市場に出回らなくなったときです。ですが新品オンリーユーザーと違うのは市場に中古がなくなっても基本的に新品には手を出しません。中古ユーザーには「急いで購入する理由がない」からです。(中古は新品とは違い、いつでも入荷されます。又金銭的理由もあります。その他人によって様々です)

オークションユーザーも基本的には中古ユーザーと同じです。

となると当然ダウンロードユーザーも存在するわけです。ダウンロードでの利点があればダウンロードオンリーのユーザーがいてもおかしくはありません。実際にこのような統計結果もあります。

ダウンロード違法化しても CD 購入頻度は変わらない――アイシェア調べ

「3割はそもそも楽曲購入せず」「罰則規定で大きな年代差」 ~ ダウンロード違法化に関する調査

このようにそれぞれのユーザーは存在するわけですが、ここで新たな事実が浮かび上がってきます。それは「新品オンリーユーザーと中古オンリーユーザーは対立する」ということです。いえ、もう少し具体的に言うと「新品オンリーユーザーが中古ユーザーになることはあっても中古オンリーユーザーは新品ユーザーになることはない」です。そして中古ユーザーにおいては、同じ中古という属性(っていうのかどうか分かりませんが、カテゴリー化すると)に連なる「オークションユーザー、ダウンロードユーザー」にもなることができます。

ここまででお分かり頂けたと思いますが、ユーザーを遮断したところで権利者の利益が大幅に増加することはまずありません。ただし中古業界やオークションを殲滅すれば「利益」は少しは増加すると思います。売上げではなく利益だけですが・・・(パーセンテージという意味で)

著作権法というのは、個々の会社の事情だけで決まるものではありません。そこには私達インターネットユーザーの権利というものが必ず存在します。ダウンロード違法化は様々な問題を抱えており、また他の法案にも密接に結びつく根拠となりえるものです(共謀罪、児童ポルノ法、ブロッキング、非親告罪など)政府が推進する海賊版対策は人権問題として反対する意味があると思います。幸い文句を言えるところはまだ残っておりますので、この問題に関心がある方は是非とも反対しておきましょう。

ハトミミ.COM
平成22年2月17日(水)正午まで(締切必着)

【関連サイト】

P2Pとかその辺のお話@はてな
「著作権侵害はISPにも責任あるから、ユーザの通信を監視せよ」ってことだよね

無名の一知財政策ウォッチャーの独言
第210回:表現の自由の一般論(その1:表現の自由の意味と関係する基本的な権利)
第214回:表現の自由の一般論(その2:表現の自由に関する違憲基準)


鳥山氏のブログが更新されています。

王様を欲しがったカエル
『第28期東京都青少年問題協議会答申素案及び都民意見の募集について』には二段階攻勢で対応をお願いします。(完結編)

是非ともご協力をお願い致します。

また東京都の意見に関しては、水無月氏が非常に良いまとめをされておりますので、こちらもチェックのほうお願い致します。

表現規制について少しだけ考えてみる(仮)
「メディア社会が拡がる中での青少年の健全育成について答申」について都議会議員さんに反対意見を送ってください!

あと森田明彦氏が所属しているセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンが声明を発表したようです。詳細は「反ヲタク国会議員リスト」メモさんの所で紹介されています。相変わらずな内容のようです。

「反ヲタク国会議員リスト」メモ
子供の人権>>>>(越えられない壁)>>>>キモヲタの人権



また更新が滞ってしまって申し訳ありません。

リアルのほうがかなり忙しく、あまり手をつけられないのが現状です。次の更新はいつになるか分かりませんが、規制反対運動はスキを見てやっていきたいと思っております。とりあえず3月になれば多少はマシになると思います。このエントリーも急いで書いたものなので誤字脱字があるかもしれません。そのときは何卒ご容赦下さいませ。あとコメント返信できなくて申し訳ありません。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mudaken.blog103.fc2.com/tb.php/339-d565dc5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/02/17(水) 22:48 [編集]







非公開コメント
応援よろしくお願いします!
 
プロフィール
 

mudan

Author:mudan
元販売業のはず。なんの知識もなかったはずだが、なぜか店長をまかされるにまで至る。

とある事情があって業界から引退したはずだったが、本業とは別にその後もこっそりと知人の事業に関わったりしているようだ。

最近は冷却期間をおいたこともあって、また業界に返り咲こうと画策している。

野球が好き。

座右の銘は ”思い立ったが吉日”


どうも個人的なサイトではなくなってきたような気がするので、責任感を持たせる為にプロフィールを今までよりも少しだけ情報公開してみました。

当サイトはリンクフリーです。

YAHOO! ニュース
 
ココロ
 
ブログ内検索
 
ためになるリンク集
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。