上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
うーむ、どうやらこのサイトも規制に入りそうです。というかここまで来たらネット自体を18以上の方のみ参加させる方式でかまわないのでは?

以下引用

残虐性が高かったり犯罪を誘発しかねない「有害情報」に、青少年(18歳未満)がインターネットで触れないようにする法案の原案が5日明らかになった。自民党が議員立法を目指すもので、サイトの管理者に対し、閲覧を18歳以上の会員に限るよう義務付ける。携帯電話会社には有害情報を遮断するフィルタリングサービスの利用を原則、青少年との契約条件に加える。違反した事業者への罰則も盛り込んだ。ただ、有害性の線引きを国に委ねることや規制自体に慎重論もあり、引き続き議論して今国会への法案提出を目指す。

 議員立法は、自民党の「青少年特別委員会」(委員長・高市早苗前少子化担当相)が検討してきた。

 法案は「有害情報」について(1)性に関する価値観の形成に著しく悪影響を及ぼす(2)残虐性を著しく助長する(3)犯罪を著しく誘発する(4)薬物乱用など健康を害す行為を著しく誘発する(5)特定の青少年へのいじめに関する情報で著しく心理的外傷を与える恐れがある(6)家出した青少年に非行などを著しく誘発する--と定義した。

 これをもとに、具体的な基準を作成するため内閣府に「青少年健全育成推進委員会」を新設し、ネット上の情報を「選別」する。

 その上で、基準に該当するとみなした情報が書き込まれたサイトの管理者には、閲覧を18歳以上の会員制にするよう義務付ける。インターネットの接続プロバイダーにも、サイト管理者に会員制化を促すよう求める。インターネットカフェには、18歳未満の客にフィルタリングソフト付き端末を利用させるよう義務付ける。

 さらに、総務相は、違反したプロバイダーや携帯電話会社に是正命令を出せると規定。従わない場合は「6月以下の懲役か100万円以下の罰金」とした。ただしサイト管理者は、「個人で運営し、サイトに書き込まれた情報をすべて把握できないケースがある」として罰則の対象から外した。

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080306k0000m010162000c.html

引用ここまで


しかしなんといいますか反対することに脱力感を覚えるのもひさしぶりです。正直議論されていることが幼稚すぎますね。本当にこれでいけると思っているんでしょうか?しかしこんなバカな(失礼)法案にも反対しなければ通ってしまいますのでとりあえずバカに(失礼)しながら反対したほうがよさそうです。

まずこれは日本国憲法に違反しています。(検閲の禁止)(検閲の歴史)

以下引用

第21条2項 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

どういうのが検閲にあたるのか・・・判例によると

 ①(政府などの)行政権が主体(中心)となって
 ②思想内容の表現物を、その発売前に内容を審査した上で
 ③不適当としたものを、発表(出版や公開)を禁止すること


引用ここまで

思いっきり被っている件はどう説明するのでしょう?説明して下さいよ 高市議員?

あとフィルタリングでこんなに騒がれてるのにあえてこの法案をもってくるのが意味分かりません。

>これをもとに、具体的な基準を作成するため内閣府に「青少年健全育成推進委員会」を新設し、ネット上の情報を「選別」する

ん?なんかこれと似たようなものがありましたよね?
ああ!そうだそうだ! さあみんなごいっしょに! せーの!

インターネットホットラインセンター!

なんかこれやるとインターネットホットラインの役割がとられちゃいますよね。しかしどうせやるなら同じように民間にしたらいいんじゃないですか?じゃないと情報公開法で見られちゃいますよ(笑)

どうやら高市議員はこの国を中国にしたいようです。

とりあえずバカ(失礼)にするのはこれぐらいにしといて、反対しないとヤバそうですのでしたほうが良さそうです。しかし松浦議員のおっしゃったように解散になる前にすべての規制を通したいようです。
記事では慎重論もあるようですが、ないとおかしいですよ。というか本当に暴走を止めていただきたいです。だいたい個人サイトは登録制システムをどう構築できるんですか? そんなお金ありませんよ?これでは中国となにもかわりません。あなた方はすべての情報を管理したいみたいですね。ならこっちもあなた方の行動を監視させてくださいよ。そっちができてこっちができないというのは不公平なんじゃないですか? ふう、言う(打つ)のも疲れる。とりあえず言えることはこれに賛同するものはほとんどいないということです。

抗議先↓
高市早苗公式ホームページ

児童ポルノ法はこちら

抗議先↓
森山眞弓公式webサイト
webmaster@mayumi.gr.jp
スポンサーサイト
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mudaken.blog103.fc2.com/tb.php/36-cf043523
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
応援よろしくお願いします!
 
プロフィール
 

mudan

Author:mudan
元販売業のはず。なんの知識もなかったはずだが、なぜか店長をまかされるにまで至る。

とある事情があって業界から引退したはずだったが、本業とは別にその後もこっそりと知人の事業に関わったりしているようだ。

最近は冷却期間をおいたこともあって、また業界に返り咲こうと画策している。

野球が好き。

座右の銘は ”思い立ったが吉日”


どうも個人的なサイトではなくなってきたような気がするので、責任感を持たせる為にプロフィールを今までよりも少しだけ情報公開してみました。

当サイトはリンクフリーです。

YAHOO! ニュース
 
ココロ
 
ブログ内検索
 
ためになるリンク集
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。