上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »

 『機動戦艦ナデシコ』(1996)などで知られる佐藤竜雄の監督最新作であるテレビアニメ『シゴフミ』の第3話における表現の一部が修正あるいは自主規制されるらしいとの一報をわたしが受けたのはほんの数日前のことであった。 当初は聞き流しておこうと思ったのであるが、テレビ放送における産業的芸術作品の表現の自由やメディア論のいくつかの公準、芸術作品と犯罪行動の因果関係についての考えを確認しておきたい衝動に駆...
テレビアニメに関わる表現の自由・規制・犯罪についてのノート



テレビアニメの規制や表現の自由などの観点で、するどいツッコミをなさっています。現状のテレビアニメなどの過度な規制に対する具体的な対抗策を演じられないアニメ業界にも危惧されているようです。

後半に表現の自由のお話が出てくるのですが、実に的を得ています。詳しくはリンク先を見ていただくとして、規制と言う概念も、政治的、経済的、法的、社会的諸関係と見ることができるので、そもそも規制で表現の自由を止められることはできないのです。つまり表現の自由を止めたいのであれば、自由の定義を細かく決めることこそがもとめられるのではないでしょうか?(と解釈しています)
表現の自由には責任を伴うというのはまさにそこで、他人が勝手にきめられるものではないと考えます。

まあしかし国家主導の規制自体が別の観点でもう矛盾してますけどね。日本国憲法は言うまでもなく立憲主義の下で生まれています。国家はいつでも国民を支配できる力をもっています。その国家を監視(抑制)するために憲法ができるのです。つまり今行われている単純所持やダウンロード違法化、インターネットの規制などはすべて憲法違反だということです。形だけの憲法ならばその存在価値はないに等しいでしょう。何度もいってますが、これらの法案が一つでも通れば日本もめでたく中国共産党主義国家です。規制推進派が否定しようがそれはずっとついてまわることでしょう。
スポンサーサイト
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mudaken.blog103.fc2.com/tb.php/42-e87439bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
応援よろしくお願いします!
 
プロフィール
 

mudan

Author:mudan
元販売業のはず。なんの知識もなかったはずだが、なぜか店長をまかされるにまで至る。

とある事情があって業界から引退したはずだったが、本業とは別にその後もこっそりと知人の事業に関わったりしているようだ。

最近は冷却期間をおいたこともあって、また業界に返り咲こうと画策している。

野球が好き。

座右の銘は ”思い立ったが吉日”


どうも個人的なサイトではなくなってきたような気がするので、責任感を持たせる為にプロフィールを今までよりも少しだけ情報公開してみました。

当サイトはリンクフリーです。

YAHOO! ニュース
 
ココロ
 
ブログ内検索
 
ためになるリンク集
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。