上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
どうやら、アグネスチャンの呼びかけで児童ポルノ法を二次元の範囲まで含めるよう、マイクロソフトとヤフーが賛同して署名活動をはじめるつもりらしいです。

ITmedia News
アニメ・漫画・ゲームも「準児童ポルノ」として違法化訴えるキャンペーン MSとヤフーが賛同

トラックバックが祭りになっています。アクセスランキングでも、もうすぐTOPになろうとしています。
とりあえず問題は二次元やさらに擬似児童ポルノ(18未満に見せかける)を罰則の対象にしていることです。なんというか単純所持どころの話ではなくなってまいりました。

しかし、これにビビる必要はまったくないといっていいでしょう。むしろ規制推進者が対象を二次元まで持っていったことで今まで単純所持に暫定的に賛成していた二次元愛好者やそれを生業としている企業などは無視できない状態に陥ったのではないでしょうか?

もちろん署名活動に対する対策は必要ではありますが、これで単純所持とアニメなどの関連性を持たせれば以前よりも勝算は見えてきたような気がしますがいかがでしょうか?

さてタイトルの裏の裏までよんでみるを開始したいと思います。これからは私の想像も含まれます。ひょっとすると消されるかもしれません。

マイクロソフトとヤフーの関連はなにか?

やはり消されるのがいやなので次の記事で書こうと思います(^^;

今回の記事の規制推進派の言い分はエセル・クエール博士の言論が元になっています。
一見もっともな意見のように見えますが、この方の意見は大事なところが抜け落ちています。それはアニメやゲーム等と犯罪の関連性です。これが実証されなければ、いくら言葉を並べ立てても規制する根拠には程遠いのではないかと思います。
あとエセル・クエール博士の反論にはこちらが参考になるかと思います。

もうひとつトラックバック先の方の意見に、「妄想なら許されるべき」という考えはグローバリズムに反するとかいう意見をみましたが、この方は日本国憲法を理解していないと思われます。とりあえず日本には思想の自由が補償されていますので。

さらにもうひとつ、こういうことは道徳的に許されないと言っているあなた。確かに道徳的には駄目なものだろうと思います。しかし大切なのは、いかに犠牲を減らせるか? これに尽きます。エセル・クエール氏も実際に被害に会うのは現実世界の子供たちと仰っています。ならば根拠がないまま、規制するということがいかに危険かお分かりいただけるでしょうか?これには2つの意見が存在します。ひとつはそういう表現は犯罪を助長するから規制しろという意見と性欲の捌け口になるから規制すべきではないという意見です。これは現時点ではどちらが正しいとはいえません。しかしもし規制したとして犯罪が増えてしまったらどう言い訳するのでしょうか?まさしく被害を受けるのは現実世界の子供たちというのはこういうことで、規制も例外ではありません。アメリカは規制をしてるのにも関わらず児童の被害は50%を超えています。規制をしたがために子供が被害にあうかもしれないのです。被害者が増えたからといって自分たちは関係ないとでもいうのでしょうか?自分のしたことに対して自分の子供が実際に被害にあってしまったらどうでしょうか?おそらく後悔するはずです。
大事なのはいかに子供を守れるかでしょう。道徳で取り締まって犯罪が増えれば本末転倒です。
あなたは公共良俗を守りたいのか?子供を守りたいのか?どちらですか?
スポンサーサイト
コメント (2) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mudaken.blog103.fc2.com/tb.php/44-dd4d39ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント

本気か?

 本気でこのような規制をかけようと言うのか。このままでは、ライトノベルやフィギュアにまで規制が及ぶのではないかと。フィギュアはさわれるものがそこに在るという点で、表現次第では「人権保護の対象だ」などと言い出すやつがでかねない。
 話は変わるが、この調子だと、「くりーんきーぱー」も買ったらヤバイかも。どうしよう?
2008/03/12(水) 21:21 INFANTRYTANK URL [編集]

コメントありがとうございます。

規制推進派の方たちは仮想の人物にも人権があるといっている方たちですので、当然フィギュアも対象に入っているでしょう。
今回の日本ユニセフのキャンペーンはけっこう言ってることが破綻しているので、強引に規制はできないかと思いますが反対しなければ議員立法で決められてしまうかもしれません。
まずは反対の声をあげることから始めたほうがいいでしょう。なかなか大変だとは思いますががんばりましょう。反対のやり方などはこのサイトやhttp://www7.atwiki.jp/2008jipohou/pages/1.htmlなどをご参照下さい。このほかにも色々ありますので自分で探してみて下さい。
ところで、「くりーんきーぱー」を見てみましたが、確かにあぶなそうです。児童ポルノ法の一文に
【性欲を興奮させ又は刺激するものを視覚により認識することができる方法により描写したもの】とありますのでアニメが含まれればサービスシーンなどが該当していると見なされ、逮捕される可能性があるでしょう。ただアニメなどを含む根拠などがかけており、そこをつければ突破口は見えてきます。とにかく処分をどうするかというより反対の声をあげることが最優先で行うことではないでしょうか?
ところでよくくりーんきーぱを任天堂がOKしたなと個人的には驚いています(^^;
2008/03/14(金) 04:39 mudan URL [編集]







非公開コメント
応援よろしくお願いします!
 
プロフィール
 

mudan

Author:mudan
元販売業のはず。なんの知識もなかったはずだが、なぜか店長をまかされるにまで至る。

とある事情があって業界から引退したはずだったが、本業とは別にその後もこっそりと知人の事業に関わったりしているようだ。

最近は冷却期間をおいたこともあって、また業界に返り咲こうと画策している。

野球が好き。

座右の銘は ”思い立ったが吉日”


どうも個人的なサイトではなくなってきたような気がするので、責任感を持たせる為にプロフィールを今までよりも少しだけ情報公開してみました。

当サイトはリンクフリーです。

YAHOO! ニュース
 
ココロ
 
ブログ内検索
 
ためになるリンク集
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。