上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »

日本ユニセフの問題及び単純所持罰則規定の問題で非常に分かりやすい記事を書いていらっしゃるサイトさんをご紹介します。

Gigazine
児童ポルノの単純所持禁止にアニメ・マンガ・ゲームは含めるべきか否か?

この記事を書いた方はGJだと言わざるをえません。問題点を指摘し要領良くまとめられています。この記事によって反対意見を非常に書きやすくなったことは確かです。

注目すべきところは、日本ユニセフとユニセフの違いを非常に分かりやすくまとめているところでもそうですが、エセル・クエール博士の引用を意図的に自分たちの言い分に持っていったというところを指摘しているところが特にGJなのではないでしょうか?(私が鈍かったというのもありますが・・・)
そして単純所持の話では単純閲覧まで最終的に効果が及ぶことなど長年この問題に首をつっこまないとわからないことまで書いてあるのはすばらしいとしかいいようがありません。
ぜひこの記事を参考に意見を書いてみようと思います。

さてあと個人的に見つけたいくつかのサイトをご紹介します。

きなこ餅コミック
ビデ倫・児童ポルノ・エロについて伊集院光氏のまとめ

伊集院光氏がラジオでおっしゃったことをまとめられてるサイトです。見ていただければ分かりますが大多数の方が伊集院氏に納得できるのではないでしょうか?まったく持ってこういうことをいいたいわけです。
ただ対策wikiで書いたように根拠を意図的に作る可能性があるのでそれも含めて対策を練ったほうがよさそうです。

閑寂な草庵 - kanjaku -
児童ポルノ法改正問題を考える 番外編

この方は、誰に対しての保護法益なのかということを明確に述べています。あと日本ユニセフとシー・シェパードの意外な関連(関係ではない)についても述べています。

飽きたら消すよ。
準思想弾圧

日本ユニセフの主張してることが法案で認められた場合どうなるかということが詳しく書かれています。見てみると分かるのですが、どれもそんなわけないだろうというような内容です。ですが、ジュニアアイドルの水着の逮捕でも始めはそんなワケないとみんなが笑い飛ばしていたのにも関わらず一時は児童ポルノの容疑で逮捕されたのです。(今は児童福祉法に切り替わりました)
児童ポルノ法はいくらでも恣意的な運用が可能なように作ってあるため、常に最悪な事態を想定して考えていかなければならないのです。

たまごまごごはん
オランダのペドフィリアについてしらべてみた。

オランダという国は麻薬も売春も合法です。なのに麻薬中毒者や人身売買が少ないという点を分かりやすく解説されています。日本もこういう考えを取り入れなければならない時期に来ているのかもしれません。主観でものを見るということがいかに自己責任を伴うことなのかということを真剣に考えてみる必要があります。
ただ、オランダは反日国家です。しかも外国人参政権問題など色々な問題を抱えています。さらに児童ポルノにいたっては単純所持罰則規定や閲覧なども禁止です(ただ児童ポルノという基準が日本とは比べられないぐらい狭い)決して手放しでは喜べない国ですが、地下に潜らせるより表に出して管理するという考え方はいいのではないかと思います。

みなさまもぜひ反対運動をお願いします↓
規制推進派政党と議員名簿

スポンサーサイト
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mudaken.blog103.fc2.com/tb.php/47-6b2c5aeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
応援よろしくお願いします!
 
プロフィール
 

mudan

Author:mudan
元販売業のはず。なんの知識もなかったはずだが、なぜか店長をまかされるにまで至る。

とある事情があって業界から引退したはずだったが、本業とは別にその後もこっそりと知人の事業に関わったりしているようだ。

最近は冷却期間をおいたこともあって、また業界に返り咲こうと画策している。

野球が好き。

座右の銘は ”思い立ったが吉日”


どうも個人的なサイトではなくなってきたような気がするので、責任感を持たせる為にプロフィールを今までよりも少しだけ情報公開してみました。

当サイトはリンクフリーです。

YAHOO! ニュース
 
ココロ
 
ブログ内検索
 
ためになるリンク集
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。