上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
なぜ二次元規制と単純所持の罰則規定は、セットで反対しなければならないのか?


①立件数の増加を根拠に二次元規制を進めることが可能。
今回の単純所持の規制はシーファー大使の言葉がきっかけでした。アメリカで売買してる非合法組織の購入者が日本にもいるから捜査したい。だが日本では単純所持の罰則がないので購入者と思われる持ち物の検査ができない。なので日本に単純所持の罰則を追加してほしいというものでした。
それを聞いた規制推進派はなんとか一般市民を説得できないか考えました。そして思いつきました。
そうだ!数字を根拠にすればいいと。
そして内閣府の調査や5年前と比べて児童ポルノ法で検挙された人数などを根拠に規制に乗り出しました。
前者は知っての通り、面談形式での反対しにくい状態での回答。しかも4割は回答を拒否。後者は2004年に児童ポルノ法を改正して対象範囲を広めたため、立件数が増えました。
このことから、規制推進派は数字を根拠にして規制をしようとしているのが分かります。さてここで単純所持の話に戻します。彼らの最終目標は言論の規制かもしれませんが、その手前には二次元規制というものがあります。規制推進派は過去幾度も二次元規制を訴えました。しかし私たちは反論します。表現の自由とそもそも規制する根拠がないと。そういう過程で規制推進派の一部はこう思ったのではないでしょうか?
立件数が多くなればそれを根拠に規制に踏み込めるかもしれないと。
実は本当にこう考えていたら恐ろしいことなのですが、この問題に関わっていない人を説得するには十分です。さて問題点がお分かりいただけたでしょうか?
そうです。
今回の単純所持の罰則を通すと二次元規制の根拠にされるのは確実なのです。今回の単純所持の罰則で立件数は爆発的に増えます。世界の児童ポルノの犯罪数を調べている団体のデーターにも確実に増えたという証拠が残り、規制推進派は日本だけじゃなく世界の団体のデータを使い一気に二次元規制に乗り出すことは目に見えています。



②漫画家や表現者が逮捕されることによって起きる二次元規制のはじまり。
単純所持の罰則によって起きるもうひとつの可能性。それは漫画家や表現者が逮捕されることによって起きる二次元規制の波です。
単純所持の罰則によって、警察による恣意的運用がなされる可能性があるわけですが、警察はノルマ達成のためにまずは世間一般でいう子供に見える絵を描く漫画家に目をつけます。今の単純所持の罰則の解釈だと正当な理由なく逮捕できます。家宅捜索でもし写真がみつからなかった場合、その漫画家は釈放されますが児童ポルノで逮捕されたというレッテル貼りはずっとついてまわり、今後の人生に非常に悪影響を及ぼすことでしょう。写真がみつかったらさらに大変!今までの彼(彼女)の評判はガタ落ちし、住み場所をみつけるのだって危うくなります。
さてまずは当事者の問題を挙げてみましたが、これによって二次元業界にどんな問題があるのか?
まず逮捕されることにより同じ表現を生業としている漫画家は臆病になり表現を止めてしまうことが考えられます。会社や同人誌即売会などもその動きが加速し一瞬で表現が無くなるということが考えられます。規制推進派は法案を改正することなく表現を規制することを達成したことになります。ここで正当な逮捕だったかどうかの反発はでてくるとは思いますが、法案を改正させるのはかなり長い年月が必要でしょう。しかし次に紹介することがすべてを崩壊させてしまいかねない事態に発展してしまいます。
それは漫画家の家から児童ポルノが発見された場合です。こうなってしまっては言い訳は聞きません。しかもたちの悪いことに規制推進派がそのことで一気に畳み掛けることが予想されます。それは漫画家は児童ポルノ単純所持の犯罪予備軍であるという事を主張することです。こうなるともう終わりです。児童ポルノに二次元が入るのはそう遠くない未来で起こることでしょう。
そして二次元が追加された場合一つの表現がなくなることを意味します。単純所持の罰則規定は児童ポルノ法案の罰則の一部です。なので二次元が追加された途端それは描くことも許されなくなる未来です。描いた途端単純所持の罰則規定に含まれます。創作の自由までも奪いかねない事態へと発展してしまうのです。

単純所持で捕まるのはほとんどが冤罪者なのではないかと思っています。(これ以外にも単純所持罰則規定には多くの問題があります。それは別ページで記載されています)そうして作り出したニセのデータを根拠にしようとする暴挙は今回で終止符を打たなければいけません。
ぜひみなさんで二次元だけは反対と言ってる方に教えてあげて下さい。最後にもう一度


二次元規制と単純所持の罰則にはセットで反対を!
スポンサーサイト
コメント (2) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mudaken.blog103.fc2.com/tb.php/50-0c7d4b0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント

マンガ家を逮捕する法案が施行されれば、、、

1955年のマンガの焚書運動の際でも、
http://like700.hp.infoseek.co.jp/42.html#hogoikusei

まだ、マンガ家を逮捕する事態にまでは至りませんでしたが、
未青年者による強姦(レイプ)犯罪件数が倍増する
インパクトがありました。
(その5年後には、左翼過激派の運動も激しくなりましたね)

もし、単純所持罪でマンガ家を多数逮捕する事態がおこれば、
インドネシアのように、日本で国内テロが起こるかもしれません。
http://like700.hp.infoseek.co.jp/42.html#tero
2009/02/14(土) 21:51 ランナー URL [編集]

ランナーさん コメントありがとうございます。

>もし、単純所持罪でマンガ家を多数逮捕する事態がおこれば、インドネシアのように、日本で国内テロが起こるかもしれません。

これはありうるかもしれませんね。でも結局こういうのって左翼に政治利用させられてるだけなのでなんとも複雑な気分にさせられますが・・・そういえば最近P2Pで児童ポルノを流していたゲームソフト会社の人間が逮捕される事件がありましたね。今回のことで業界が一律に見られなければいいのですが・・・

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090212-00000573-san-soci
2009/02/15(日) 01:54 mudan URL [編集]







非公開コメント
応援よろしくお願いします!
 
プロフィール
 

mudan

Author:mudan
元販売業のはず。なんの知識もなかったはずだが、なぜか店長をまかされるにまで至る。

とある事情があって業界から引退したはずだったが、本業とは別にその後もこっそりと知人の事業に関わったりしているようだ。

最近は冷却期間をおいたこともあって、また業界に返り咲こうと画策している。

野球が好き。

座右の銘は ”思い立ったが吉日”


どうも個人的なサイトではなくなってきたような気がするので、責任感を持たせる為にプロフィールを今までよりも少しだけ情報公開してみました。

当サイトはリンクフリーです。

YAHOO! ニュース
 
ココロ
 
ブログ内検索
 
ためになるリンク集
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。