上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
前のエントリーでは頭に血が上ってしまい、冷静さを欠く内容となってしまいました。しかし子供を守るという名目でやってる以上はこういうことこそキチンと対応してくれなくてはこまります。姑息な手段を使って子供を助けたとしてもはたしてその子供は心のそこから笑うことができるようになるのでしょうか?いやむしろそのような行為ははたして助けたことになるのでしょうか?しかしその答えを聞き出せるチャンスが訪れたようです。

ITmedia News
「準児童ポルノの根拠は」──MIAUがユニセフ協会に公開質問

上記内容を見てもらったら分かる通り、私たちの一番聞きたかったことが質問状として提出されています。日本ユニセフの今後の対応に注目です。
ところで日本ユニセフはこの質問状を無視できないと思われます。こうやってニュースサイトに掲載され、さらにヤフーとマイクロソフトが応援企業として名前を連ねていることが理由です。正直に答えなければヤフーとマイクロソフトにも被害が及びます。まあホームページと同じような答えが返ってくる可能性はありますが・・・

ちなみにトラックバックされている方の中に「なぜ、ポルノを全否定するような活動をするのか?」という記述がありましたが、答えはこちらのHPに記載されています。合わせてご紹介します。

王様を欲しがったカエル
児童ポルノを撲滅しようと画策している団体は、内部で児童にポルノを鑑賞させている。

日本ユニセフの主張に賛同してる団体の中に「ECPAT/ストップ子ども買春の会」があります。
この団体は日本キリスト教婦人矯風会のダミー団体との指摘があることから本来の方針は、【酒、たばこの廃止、生殖目的以外の性行為を禁止】ということになります。ということはこの団体は始めから性行為を禁止する目的で実行しているということになります。【詳しくは上記HPにて】

ところで最後の方のECPAT/ストップ子ども買春の会が未成年にポルノを見せてた事実があるというのには驚きました。もしそれが本当ならば警察は相当なダメージを受けるに違いありません。インターネットホットラインどころか生活安全局までもが、解体の危機に晒されることになるでしょう。

あと日本ユニセフの主張を冷静に分析してる方がいらっしゃいます。

崎山伸夫のBlog
日本ユニセフ協会の言い分に突っ込んでみよう
ユニセフ協会に緊急にメールしてみる
児童ポルノの定義拡大問題について(3)
児童ポルノの定義拡大問題について(2)
児童ポルノの定義拡大問題について(1)
(最新の日付からリンクしてるので順番は逆になってます。)

反対派の方は特に読むことをおすすめします。新情報満載ですので。
スポンサーサイト
コメント (2) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mudaken.blog103.fc2.com/tb.php/55-e0281133
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント

アーサー・C・クラーク追悼記念。

「高度に発達した科学は、魔法と見分けが付かない」byアーサー・C・クラーク

「高度に発達したジャパニメーションは、現実と見分けが付かない」by日本ユニセフ協会
2008/03/20(木) 07:49 ゲッターピジョン URL [編集]

コメントありがとうございます。

というよりも稚拙な記号でもそういう行為を含んでいれば誘発する恐れがあるので禁止という主張をしているんだと思いますね。ただ後藤啓二弁護士は写実的なものだけは規制するといってますが、ユニセフのホームページに載っているエセル・クエール博士の主張だと犯罪との関連性がないわけじゃないから禁止と発言してて両者がまったく食い違う理論を展開しています。もうこの時点でユニセフはとにかくそういう表現を禁止したい!似てるとか似てないとかそういうのは関係ない!とにかく禁止だ!誰がなんと言おうが禁止!禁止!  というような思考があるのではないでしょうか?(^^
ということで「高度に発達したジャパニメーションは、現実と見分けが付かない」と主張しているのはたぶん後藤啓二弁護士一人だけなんだろうと思いますがいかがでしょうか? まあけどユニセフとその仲間たちがおかしなことをしてるのはもう誰が見てもあきらかなのですが(^^;
2008/03/22(土) 02:55 mudan URL [編集]







非公開コメント
応援よろしくお願いします!
 
プロフィール
 

mudan

Author:mudan
元販売業のはず。なんの知識もなかったはずだが、なぜか店長をまかされるにまで至る。

とある事情があって業界から引退したはずだったが、本業とは別にその後もこっそりと知人の事業に関わったりしているようだ。

最近は冷却期間をおいたこともあって、また業界に返り咲こうと画策している。

野球が好き。

座右の銘は ”思い立ったが吉日”


どうも個人的なサイトではなくなってきたような気がするので、責任感を持たせる為にプロフィールを今までよりも少しだけ情報公開してみました。

当サイトはリンクフリーです。

YAHOO! ニュース
 
ココロ
 
ブログ内検索
 
ためになるリンク集
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。