上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
どうやらこの方もユニセフには疑問を持っているようです。

せと弘幸Blog 「日本よ何処へ」
ユニセフ協会とは何ぞや?

今回のユニセフの支援者の中に公明党がいます。公明党=創価学会なのでなぜ創価が関係してるのかと疑問に思っておられます。
せとさんの話だと前にも小平ユネスコという団体の構成員が実は公明党と在日で埋め尽くされていたというのです。【詳しくはリンク先のホームページで】
そしてこうも言っておられます。

>「人権擁護法案」の推進派やネットの規制を推進する勢力は、誰もが反対できない、18歳未満の人に対するアダルトの規制案や児童ポルノ規制案を同時に推進しています。
未成年に害を与えるようなものであれば、これを厳しく取り締まることにはまったく異論はありません。しかし、その推進しているところが、次のような組織であるということへの不信感を持つのは果たして私一人でしょうか?

いいえ一人ではないですよ。たぶんほとんどの反対派の方はそう思っているはず。
正直私も日本ユニセフの声明を見て、「え?なにをいってるんだ。この方たちは」と素直に思いましたよ。まさか公然とウソを垂れ流すなんて思ってもみませんでした。いえ研究結果とかそんなのじゃなくて言葉のトリックを用いてウソをついたことに対してです。子供を守るといっておきながらウソを平然と尽く、そういう態度はどうなんでしょうかと。
もしこの団体に言い逃れできないすごい情報が出てきた場合、公明党や警察関係者、ヤフーやマイクロソフトなんかはどういう態度を示すんでしょうかね?今から楽しみです。

しかし規制推進派は写真を持ってるだけで人権侵害だとよくいってらっしゃいますが、規制した場合、アンダーグラウンドが活動拠点になってしまうことは間違いないです。ならアンダーグラウンドで被害にあっている子供たちはどうなんですか?と問いたい。当たり前ですが非合法の売買というのは規制されているからこそ儲かるのです。規制することによって非合法組織が儲かる仕組みが出来上がるのです。この図式により規制推進派の皆様は非合法組織の活性化のために力を注いでいることになるわけです。
これを如実に表しているのが「関西援交シリーズ」です。過度な規制によりこのシリーズは生まれたのです。
もちろん虐待はいけないことです。犯人はゆるされるべきではありません。ただ許可を得ている単なる裸などはどうなんだろうと。児童は自分で判断できる年齢ではないのでそういうことをすること自体が人権の侵害にあたるとお偉いさんたちは言います。確かにそれは分かるのですが、なら非合法組織の問題はどうなるんでしょうか?。買う側にも責任があるといいますが、非合法組織は無くなりません。根絶させることは事実上不可能です。とすれば規制すればするだけ購入者が増え、非合法組織も潤います。売ってる側は金儲けのためにやってるので小児性愛とはかぎりません。しかし購入者はソースはありませんが90%は小児性愛者なのではないかと思っています。小児性愛は一種の病気だと言われています。なにかのきっかけで発病するらしいのですが詳しいことはわかりません。きっかけというのも裸の写真や性行為の写真だけじゃなく、その辺で歩いている児童や家族関係などで発症するという方もいます。つまり小児性愛者を無くすには子供の存在を消してしまわなければならなくなります。もちろんそんなことは不可能です。なら購入者を減らすこと。この対策をしなくてはいけません。
規制をすることにより非合法組織に買い手は集まります。なら買い手を減らすにはある程度合法にして市場を拡大するしかありません。もちろん虐待などは禁止ですよ。子供の不利益になるようなことは絶対にしては駄目です。
別にガスぬき論を支持するわけではないのですが、単に裸を見たい人がいるのであれば合法にしてみましょう。それだけで非合法組織はその対象の購入者を失ってしまうことになります。いちいち危険を冒してまで買う人はまずいないと思います。別に小児性愛者みんなが虐待を望んでいるわけではないと思いますので(個人的な感想ですが)児童が了解してくれているのならば(モデル等)別にかまわないと私は思うのですが・・・
まあコレにより非合法組織は衰退するところもでてくるでしょう。もうからなくなれば被害者もいなくなる。一石二鳥なんじゃないですか?
もともと児童虐待に絞っていれば児童が被害者になる数も増えていなかったのです。関西援交シリーズなんかもそんなに売れていなかったでしょう。裸で我慢できる人は今の法律が裸までも禁止なため関西援交シリーズなんかを購入してしまいます。内容は虐待ものらしいのですが(見たことがないので違うのかもしれません)やはり自分の気持ちは抑えきれずというのが本音なのではないでしょうか?とりあえず写真もってたら虐待とか虐待じゃないとかそんなことを話し合う前に虐待をしている人をなんとかするべきじゃないんですか?今回の改正の検討にはそんな話はまったく聞こえてきません。単純所持がどうとか児童ポルノにアニメを含むとかそんな話ばっかりです。規制推進派はこのブログを読んでるかどうかはわかりませんが、ここまで読んできて自分は見当違いの話をしてるんだなっていうことを自覚して下さい。あと日本ユニセフも同じですよ。あなたたちは子供の人権を守っているんすか?それとも子供の被害を無くそうと思っているんですか?子供の人権を守るだけでは被害者は減少しませんよ。そんな検討違いのキャンペーンをしてるヒマがあったらもっと被害者を減らす運動をして下さい。

とりあえずまとめると

非合法組織は無くならない
非合法組織は規制をすることで儲かる
儲かるのは購入者がいるからだ
購入者は禁止されてるものがほしいので非合法組織で購入する
購入者のニーズに合うものを合法化する
購入者は非合法組織で買う意味がなくなる
非合法組織が衰退する
被害者も同時にいなくなる


ちなみにこのパターンは今回の問題に当てはまるだけであって全ての事象に当てはまるわけではないことをここに記しておきます。もう一度いっておきますが私は虐待やポルノを推進してるわけではありません。ただ人間の本能というものを考えて見たときこういう方法がいいのではないかと思っています。法律で本能は縛れません。ならうまく誘導させることこそが真に平和を守るということなのではないですか?(言い方は悪いですが) どうも規制推進派のいってることは
アリストテレス的な思考だと言わざるを得ません。もし本気でそう思ってるのならばもっと勉強して下さい。そしてそれ以外の野心的な方は称賛に値します。このような理論で大多数の人を誘導できるのですから。あなた方は神です。マスコミや一部の議員を味方にしてこういうことができるのですから。選民思想はかくも人をひきつけるものですね。ただ私たちも負けません。最後まで抵抗しますのでそちらも気を緩めないことですね。

蛸壺アイドルの蛸壺ビジネス
スポンサーサイト
コメント (4) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mudaken.blog103.fc2.com/tb.php/57-cae317b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント

そもそもアメリカが児童ポルノの事をいい始めたのは非合法組織の撲滅の意味もあったみたい。そうですね児童ポルノにかぎらずポルノをなくしたら性犯罪か減るのかそこから始めるべきだと思う。人は誰でも性欲をもっているわけだし。この問題は日本ではポルノをどう位置付けかの問題だと思う
2008/03/20(木) 08:58 大神ミカ@ミューラジオ URL [編集]

仰る通りです。

今の児童ポルノの位置づけが取り締まる側の恣意的な判断でポルノだと認定されるこの基準をまず直さなくてはいけないと思います。というよりポルノを取り締まる法律が二つあるというのがそもそもおかしいですね。なにも児童用と大人用とわける必要はなく一つでいいのではないでしょうか?児童の性行為の年齢の基準はすでに現行法にありますので児童買春、ポルノ法にいれる必要がありません。(妊娠という身体的危険性を考えると18未満は性行為はすべきではないという説もあります)問題は児童買春、児童虐待を取り締まる法律がなかったからこの法案がつくられたのに、ポルノなんかを含んでしまったために児童虐待に関してはまったくこの法律で取り締まれないという矛盾が発生しています。そしてポルノという基準が曖昧なために現時点で色々な問題が発生しているのでしょう。
別に子供の裸が芸術などというつもりはございませんが、ただ単に脱いでいるだけの行為を禁止するのも変な話です。風紀を乱すというのならば大人はなんで脱いでるの?っていう話になります。脱がされたのならば児童虐待としてつかまえればいいわけで、それ以外は別にかまわないかと思いますがいかがでしょうか?
そもそもこの話はFBIの偉い人?(よくわからないですが)が非合法組織で購入した人の持ち物やパソコンの中身を検査できないからできるようにしてくれといわれたのが発端で、それをシーファー大使が単純所持罰則にすればそれ以上の効果が期待できるだろうということで外圧をかけてきています。ほんとにはた迷惑な話でシーファー大使には自国の冤罪事件なんかまったく見えていないんでしょうね。市場にインパクトが与えられていいとかいってるんですが、確かにインパクトはあるでしょうね。冤罪というインパクトが(笑)
2008/03/22(土) 03:39 mudan URL [編集]

まったくです。

この法案は法の本来の目的と手段がずれすぎです。
そしてその結果として発生する事態の重大さを考えれば非常に危険なものを感じます。

平成の治安維持法に化ける畏れのある法案です。
児童保護を第一に考えながらも国民の自由を侵害しないような法の検討を切に望みます。
2008/03/24(月) 14:47 通りすがり URL [編集]

ありがとうございます。

このままいくと江戸時代の踏み絵と同様の法案が可決されてしまいます。それだけは絶対に阻止しなければなりません。問題はこの法案は議員立法で可決しますので国会議員の良識ある判断が必要不可欠なのですが、国会議員の中にはこの法案の中身自体知らない人が多いと聞きます。私たちがそのことを手紙で教えることが今の反対派のやれる行動ですので、よければご協力下さいませ。
ttp://jbbs.livedoor.jp/news/648/
ttp://www7.atwiki.jp/2008jipohou/pages/1.html
2008/03/25(火) 07:41 mudan URL [編集]







非公開コメント
応援よろしくお願いします!
 
プロフィール
 

mudan

Author:mudan
元販売業のはず。なんの知識もなかったはずだが、なぜか店長をまかされるにまで至る。

とある事情があって業界から引退したはずだったが、本業とは別にその後もこっそりと知人の事業に関わったりしているようだ。

最近は冷却期間をおいたこともあって、また業界に返り咲こうと画策している。

野球が好き。

座右の銘は ”思い立ったが吉日”


どうも個人的なサイトではなくなってきたような気がするので、責任感を持たせる為にプロフィールを今までよりも少しだけ情報公開してみました。

当サイトはリンクフリーです。

YAHOO! ニュース
 
ココロ
 
ブログ内検索
 
ためになるリンク集
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。