上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
ネットから児童ポルノ遮断、接続業者に義務化…与党改正案 以下引用

インターネット上から児童ポルノを排除するため、自民、公明の与党プロジェクトチーム(PT)は、国内のネット利用者が児童ポルノサイトに接続できなくなる「ブロッキング」制度を、児童買春・児童ポルノ禁止法の改正案に盛り込むことを決めた。

 プロバイダー各社に対し、ネット利用者による児童ポルノサイトへの接続を遮断するよう努力義務を課す方向で最終調整に入っており、大手プロバイダーも導入に前向きの姿勢を示している。与党PTは連休明けにも同法改正案をまとめ、今国会中の成立を目指す。

 ネット上の特定サイトに接続を禁じる措置が法制化されれば国内初。

 ブロッキングは2004年以降、英国やスウェーデン、イタリアなどで導入され、ネット上からの児童ポルノの締め出しに効果をあげている。警察などが作った児童ポルノサイトの「ブラックリスト」をもとに、プロバイダーなどが専用ソフトを使って対象サイトへの接続を遮断する仕組みで、サイト開設者がプロバイダーから削除されないよう海外のサーバーを使っている場合も、利用者は閲覧ができなくなる。

 現行の児童買春・児童ポルノ禁止法は児童ポルノの売買や譲渡は処罰の対象としているものの、ネット上から児童ポルノをパソコンや携帯電話に取り込む「単純所持」は処罰されない。警察庁の委託を受けた団体が削除要請をしているが、強制力はなく、応じないケースも多い。

 与党PTは、同法改正案に単純所持に罰則を科す方針を打ち出していた。しかし、これだけでは単純所持の摘発対象者が多すぎて捜査が追い付かず、児童ポルノを見ようとする利用者も減らないため、与党PTは、サイトそのものを見られなくする措置が必要と判断した。改正案は、プロバイダーに努力義務を課す方向で調整している。与党PTは2日に大手2社の意見を聞くなど具体的な実施方法の検討に入る。

 ブラックリストは、憲法が保障する「表現の自由」に抵触しないよう児童ポルノサイトに限定する方針。

読売社会部

プロバイダー協力不可欠

ネット上の児童ポルノサイトを「見ることだけで罪」と明確に規定している欧米に比べ、日本は事実上、野放しのままで、「対策後進国」と国際的な批判も受けている。
問題は、違法画像が児童ポルノサイトに掲載されると、不特定多数の利用者がコピーを繰り返し、画像が無数に広がる点だ。ブロッキングが導入されれば、こうした負の連鎖にも歯止めをかけることができる。
この制度の普及にプロバイダーなど民間の協力は不可欠。特に中小のプロバイダーに徹底できるかどうかがポイントになる。多少でも漏れがあれば違法画像はネット空間に流出する。ネットビジネスの健全な発展のためにも、業界あげての取り組みが求められる。



>与党PTは、同法改正案に単純所持に罰則を科す方針を打ち出していた。しかし、これだけでは単純所持の摘発対象者が多すぎて捜査が追い付かず、児童ポルノを見ようとする利用者も減らないため、与党PTは、サイトそのものを見られなくする措置が必要と判断した。


効果があるかどうかも分からないんじゃやめて下さい。弊害のほうが圧倒的に多いので。ちなみに捜査がおいつかないような、増して効果があるのかどうかすらも分からないような法案を作るようではほんとに子供を守ってるとは到底言えません。
むしろ批判されてもおかしくないですよ?

あとやはりこのブロッキング制度は問題があります。理由は崎山氏のブログが詳しいです。

中国の国家フィルタリングを他所の国のことと思えるのは今のうちだけかもしれない

さらに追加
http://bloglive.blog16.fc2.com/blog-entry-857.html

とりあえず社会部の方はもう少し勉強したほうがいいかと思います。事実上野放しになっているとおっしゃってますが、これは児童ポルノ法を理解していないか、それとも警察の手がそこまで回らないことをおっしゃっているのか、もし後者ならなおさら閲覧罪、単純所持をやるべきではありません。

※少し本文を訂正しました。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mudaken.blog103.fc2.com/tb.php/82-f7f341e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
応援よろしくお願いします!
 
プロフィール
 

mudan

Author:mudan
元販売業のはず。なんの知識もなかったはずだが、なぜか店長をまかされるにまで至る。

とある事情があって業界から引退したはずだったが、本業とは別にその後もこっそりと知人の事業に関わったりしているようだ。

最近は冷却期間をおいたこともあって、また業界に返り咲こうと画策している。

野球が好き。

座右の銘は ”思い立ったが吉日”


どうも個人的なサイトではなくなってきたような気がするので、責任感を持たせる為にプロフィールを今までよりも少しだけ情報公開してみました。

当サイトはリンクフリーです。

YAHOO! ニュース
 
ココロ
 
ブログ内検索
 
ためになるリンク集
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。