上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
早川議員の特に重要だとおもわれるコメントを引用させていただきます。


以下引用

まず与党プロジェクトチームが推進派で構成されている、というのは誤解です。
それまでの議論に参画していなかった議員を含めて総合的な見地から与党としての政策を取りまとめよう、というのが与党プロジェクトチームの役割です。

長年この問題に取り組み、様々な資料に接してこられた方と、法務部会の部会長代理の立場で今回検討の場に出ることになった私とではどうしても情報の格差があります。この問題について熱心に議論に参加されている皆さんにとっては常識でも私にとっては初耳のことも当然あります。

法務委員会は法務省の所管の法律を審議しますので、法務委員会に係る法律案については私は他の議員よりも情報を持っております。
しかし、議員連盟や自民党の小委員会で熱心に取り組んでいる議員立法などについては、具体的な法案の形で示されないと分からないことが多いのです。
えっ、こんなことが議論されていたの。
これはダメだよ。
なんでこんな条文になっているの。
などと思うことがしばしばあります。

しかし、一人で全てのことを担うことは不可能である。
そう思っております。
ですから、自分に役割が与えられたときに勉強し、的確に判断、対処していくほかないのです。

奥村弁護士から、現行法にはまだまだ問題があります、とのコメントが寄せられておりました。
ありがとうございます。
しかし、私の手元には現行法の問題点を具体的に指摘した資料は届けられておりません。
したがって、それが本当に立法上の解決を要する問題なのか、それとも法の運用上の問題かも分かりません。
大事な問題ですと弁護士会から沢山の意見者が寄せられますが、現在まで私のところには何の意見書も届いておりません。
まだ法律実務家の間でも意見が纏まっていないためではないかと思われます。
以上、念のため。


次のコメント

新聞記者の方々はいわゆる壁耳で様々な部会の審議状況を聞いております。
面白い発言があると誰の発言か出席者に確認して個人名を出して記事にします。
記者がこういう記事にしたい、と思って特に大きく取り扱うこともあります。
与党プロジェクトチームはまだ2回しか開催されておらず、初回には公明党の富田副座長が欠席という状況でした。
富田議員に代わって公明党の検討状況を報告された丸谷議員はご都合で2回目以降出席されません。
ということで、自民党の高市議員が青少年問題対策委員会として取りまとめられた案と公明党でまとめられている考え方の報告をしていただき、検討を要する論点の整理をしているところです。
それぞれの場で事前に十分の検討を経て提出されたものである、という前提で審議を始めますので、誰からも疑問が出されない場合は、一つ一つの論点について事実上の合意が出来たようにみなされます。
しかし、それはあくまで誰からも異論が出ない程度に咀嚼されたものである場合であって、ヒヤリングや意見交換の中で疑問点が明確になれば、議論を繰り返すことになります。
法務部会長や部会長代理の私どもが与党プロジェクトチームの議論に参画するというのは、それまで検討されてきた内容が与党としての正式の成案にできるかどうかということを審議するためです。
全く問題点の指摘がどこからもないものと、こうして多くの皆さんから声が上がるものとは自ずから取扱いが異なってきます。
今まではマスコミも特に問題点を指摘しておらず、私どものところにも何らの働きかけもない問題の少ない法案のように思っておりましたが、現時点では法律家の視点からなお検討を要する案件であると理解しております。
勿論座長が取り纏めをされますので、最後は座長の判断次第ということになりますが、いずれにしてもまだ正式に与党プロジェクトチームとしての結論が出されているわけではありません。
会議の後の記者ブリーフで審議状況の説明がなされますが、記者の方々は早く記事にしたいため、結論を急いだり、観測記事を書いたりします。
新聞報道は間違いが多い。
大事なことはちっとも報道しない。
自分たちの記事にしたいことだけ大きく取り上げる。
そういうものだということを、痛感しております。


引用一端終了

早川先生も書かれていますが、マスコミの記事というのは、個人もしくは会社の思考が多分に含まれていまして、事実と予想が入り混じってあまりにも事実とかけはなれた記事になることがあります。マスコミも営利目的でやっていますので、注目されれば注目されるだけ評価されるんですね。だから、アニメやマンガに絡めて事件を報道してみたり、青少年の事件とか女子高生の性の乱れとかを記事にしてみたりとかネットの規制は必要だとかいろいろ書いてみたりするんですね。はるかに交通事故のほうが死者は多いのに、滅多におきない愉快犯の犯罪を報道したりするのはそうしたほうが視聴率がとれるからに他ならないからです。さらにアニメなどの犯罪に絡ませると巨人戦の視聴率なんかお話にならないぐらいの視聴率をたたき出すわけです(笑)
さて今回の与党プロジェクトの報道もやはり事実と違うことが早川先生のコメントで明らかにされています。ほんとマスコミにはこまったものなのですが、こと児童ポルノ法だけに限れば、こうした過熱報道を続けることによって、反対の声を沈静化、あるいはあきらめさせようという狙いもあると見ています。最近は読売新聞が
ネット規制や、児童ポルノ単純所持違法化を社説で唱えていたりとご執心のようですね。ちなみに警察と絡んでいる記事なんかもありますので注意が必要です。
早川先生もこうしたマスコミの動きにいろいろ苦言を呈しています。ただ私たち国民はマスコミを通してしか国会の様子は伝えられないので信用するしかないわけです。なのでそういう事情も汲んでいただければ幸いです。
ただ、日ごろマスゴミと煽っている方々がなぜかこういう記事は全面的に信用してしまうのが私にはちょっと不思議です。たしかにソースが記事以外にないというのもあるとおもうのですが、冷静に考えて、対応策を練ったほうがいい結果になるんではないかと思います。たとえばこういう記事によって「もうだめだ」と思っている人を「まだできる」というふうに誘導させてあげるようなことを書いてみるとかまあ色々できるんじゃないかと思います。
ちなみにこのブログをずっと見て下さってる方はもう分かってるんじゃないかと思いますが、管理人は結構腹黒い所がありますので確信犯的にやってるところが多々あります。でもそれは頭がすっきりしている状態の時だけでそれ以外の時には単純思考ですので暴走してしまう時のほうが多いです。ですのでもしとち狂ってることを書いていたら遠慮なく突っ込んでいただければ幸いです。あとネット上でも現実の付き合いでも愚民どもとかそんなことを思ったことは一度たりともございませんので、誤解のなきようお願いいたします。そういう腹黒いという意味ではありませんので念のため(^^;
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mudaken.blog103.fc2.com/tb.php/87-5db71553
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
応援よろしくお願いします!
 
プロフィール
 

mudan

Author:mudan
元販売業のはず。なんの知識もなかったはずだが、なぜか店長をまかされるにまで至る。

とある事情があって業界から引退したはずだったが、本業とは別にその後もこっそりと知人の事業に関わったりしているようだ。

最近は冷却期間をおいたこともあって、また業界に返り咲こうと画策している。

野球が好き。

座右の銘は ”思い立ったが吉日”


どうも個人的なサイトではなくなってきたような気がするので、責任感を持たせる為にプロフィールを今までよりも少しだけ情報公開してみました。

当サイトはリンクフリーです。

YAHOO! ニュース
 
ココロ
 
ブログ内検索
 
ためになるリンク集
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。