上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
またもや締め切り間近になってしまいましたが、インターネット協会(インターネットホットラインもバリバリがんばってるよ!w)がパブコメを募集しています。

「青少年の安全なインターネット利用環境の整備を目指して関係者に望まれる取組みについて~書き込み可能なCGMサイト増加への対応~(中間とりまとめ)」に関する意見の募集について

今回のインターネット協会の中間とりまとめについて崎山氏がエントリーをたてていらっしゃいますのでご紹介します。

崎山伸夫のBlog
インターネット協会 SafetyOnline3.1 の問題点など
プリキュアは18禁であるべきなのだろうか?

見てると色々問題がありすぎるみたいです。とりあえず中間とりまとめが純潔思想に基づいているのは間違いないようですね。とりあえず
レイティング基準SafetyOnline3.1(PDF注意)についてのつっこみをしてみたいと思います。

カテゴリー:露出的な服装
キーワード:露出度の高い服装
キーワードの説明:露出度の高い水着を着用した姿態の描写


いったいどの程度の露出度が駄目なのかが全く書かれておらず、包括的に処理されてしまう可能性が危惧されます。

カテゴリー:性行為

これは崎山氏のブログでつっこまれています。

カテゴリー:性愛表現
キーワード:キス、抱擁、着衣のままの愛撫、擬児童性愛


これも崎山氏のブログでつっこまれていますが、そもそも性愛表現を18歳未満は閲覧禁止とするのが異常ですね。このぐらいの年齢って普通にキスぐらいするでしょ?っていうかこれを見せない理由がさっぱり分からないのですけど。あと一番よく分からないのがコレ。

擬児童性愛

なんじゃこりゃ?と思って説明をみてみるとこう書いてあります。

露骨な性愛表現としての児童をモチーフ(イラスト・コミック・アニメ等)にした描写や表現。

・・・
というかなぜこれを閲覧禁止にするのでしょう?性行為やヌードを閲覧禁止にしているからおのずと行為は限られてくるわけですけど、一体この人達はなにを想定してるんだ?と言わざるを得ないです。あと児童って18歳未満ですから「見た目」で判断するならほとんどかこれに該当するわけですが(笑)テレビで放映しているアニメはほとんどがネットでは観れなくなっちゃいますね。ありえないですな。

カテゴリー:性暴力、性犯罪
キーワード:児童ポルノ、小児性愛


まてまてまて、なぜ小児性愛がはいってるんですか?児童ポルノでいいでしょう。立派な差別なんじゃないでしょうか?もっともキーワードそのものもはっきり言って理解不能ですが・・・

カテゴリー:格闘
キーワード:格闘、ケンカ


おいおいおい、これはいったいどういうことだ?少年誌でも普通にやっていますけど・・・ なおこれは崎山氏のブログでもつっこまれています。

カテゴリー:恐怖表現
キーワード:ホラー、恐怖


これも禁止ですか(笑)普通にTVで見ることができるんですけど。あと少年誌でも。

カテゴリー:差別的表現・悪口表現
キーワード:放送禁止用語、差別用語・悪口、罵言


これでお笑いも閲覧できなくなっちゃいますね。ありえね~

カテゴリー:ギャンブル

崎山氏のブログでつっこまれています。

カテゴリーその他の禁止行為
キーワード:殺人依頼、脅迫、口座売買、携帯無断譲渡・その他の違法行為


崎山氏のブログでつっこまれています。これ予防策が書いてあるサイトも駄目なのでしょうか?


とりあえず感想としてはヒドイなと。しかし格闘表現も駄目とかすごいですね。ほんとに。しかも対象が18歳未満ですよ!というかコレにならえば、ひょっとしたら当ブログのような児童ポルノ法案に反対しているサイトも引っかかるんじゃないでしょうか?しかも何回か小児性愛者のことで書いているエントリーがありますから、カテゴリー・小児性愛に確定ですな(笑)

一番恐ろしいのは崎山氏もおっしゃってますけど、価値観の押し付けを行っているということです。これで一体どんな弊害があるのかといいますと、あくまで想像ですがあらゆる嗜好や行為に価値ができてしまい、これを口実に将来禁止されることもでてくるのではないかということです。特定の嗜好は個人を傷つけていることにあたるから個人的法益で禁止するということです。そんなバカなとお思いでしょうが、現実に児童ポルノ法案がそのような性質を持っていることから笑える話ではありません。(与党案は小児性愛という嗜好を持つものは生きる価値無しと遠まわしに言っています)児童ポルノという言葉も一種の価値だと言うこともできます。ちなみに準児童ポルノと子どもポルノも価値ですね。このように今回のインターネット協会のパブコメは無視してはならないような気がします。
コメント (4) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
本当は昨日のエントリーでお知らせするはずが今日になってしまいました。新たにパブコメのエントリーでまとめる時間もないので、このようなエントリーになってしまいましたが、どうかご了承下さい。

MIAUによると、文化庁の重要なパブコメが2つあります。いずれも本日締め切りです。

「法制問題小委員会平成20年度・中間まとめに関する意見」に関するパブリックコメント送付のご案内

文化審議会著作権分科会「過去の著作物等の保護と利用に関する小委員会中間整理」に関するパブリックコメント送付のご案内

上が「ダウンロード違法化」下が「著作権保護期間延長」です。

また小寺氏によると、
「過去の著作物等の保護と利用に関する小委員会中間整理」に関する意見募集では個人でパブリックコメントを出した場合にのみ、著作権に関する国民意識調査のアンケートが送られてくることになっているみたいです。なにか恣意的な香りがしないでもありませんが、保護期間延長を問題だと考えていらっしゃる方は送っておいたほうが良さそうです。

コデラノブログ
保護利用小委のパブコメは出すべき

以下に参考になるサイトを載せておきます。

無名の一知財政策ウォッチャーの独言
第127回:文化庁・過去の著作物等の保護と利用に関する小委員会の中間整理に対する提出パブコメ
第128回:文化庁・法制問題小委員会の中間まとめに対する提出パブコメ

ITmedia News
「ダウンロード違法化」ほぼ決定 その背景と問題点 (1/3)
21世紀型フェアユース論 (1/3)
著作権保護期間は「金の問題」? 中山信弘氏や松本零士氏が議論 (1/3)

※追記
ごめんなさい。急ぎすぎて参考になるサイトをひとつ忘れてました。

匿名希望の時事ブログ
DL非合法化問題 情報摂取の自由を守れ
読ませて頂きましたが、まったくおっしゃる通りです。

このことに関して与党に強く言っておきたいことがあります。

こんにゃくゼリーを問題にするならダウンロード違法化も問題にしなきゃ駄目ですよ!


※頂いたコメントは後日改めてご返信させて頂きます。
名も無き市民の会主催で公開勉強会が開かれるそうです。講師はMIAU幹事の中川譲先生を招待しての勉強会になるようです。以下掲載します。


【公開勉強会のお知らせ】

日頃より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
当「名も無き市民の会」では、来る11月3日(祝日)に、下記の通り公開勉強会を開催いたします。皆様のご参加をお待ち申し上げます。

==============

<名も無き市民の会・第一回公開勉強会>

テーマ:「青少年ネット規制法を考える 〜法規制の背景と規制技術の両面から〜」

講師:中川譲先生(MIAUインターネット先進ユーザーの会幹事、多摩大学情報社会学研究所研究員)

開催日:平成20年11月3日(祝日)

時間:15:00〜17:00

会場:東京都中央区銀座区民館(4号室)
http://www.pb-k.jp/city.chuo.7kuminkan/ginza.html

内容:先の通常国会で成立したインターネット規制法「青少年ネット規制法」を、中川先生の視点で「政治・社会背景」と「規制技術」の両面の観点から解説いただきます。その後で、参加者からの質問等を受け付けたいと思います。

入場料:メールで前日までに予約いただいた方は無料です。
予約なしの当日一般参加の方は500円を徴収させていただきます。

メール連絡先:okiあっとisland.dti.ne.jp(あっとを@に変換して送信して下さい)

定員:26名様まで。
ご用意できる座席の関係で、それ以上は立ち見をお願いする事になるかもしれません。開催の前日までにメール予約をお勧めします。

備考:「青少年ネット規制法」に対し、一貫して批判的な立場から発言を続けてこられた若手研究者を講師にお招きしての勉強会です。今年、インターネットユーザーを中心に非常に話題となった政治課題の一つを扱いますので、ご興味のある方は是非ご参集下さい。

主催:市民団体「名も無き市民の会」

==============

また、上記勉強会の開催日と同日同所にて、名も無き市民の会のオープンミーティングも開催いたします。今後の名無し会の活動方針などが話し合われる重要な会議となりますので、当会の活動にご興味・ご要望がおありの方は、上記勉強会と併せて、是非ご参加下さい。
(当会は、既にデモ団体から政策研究会に基本運営方針を転換しておりますので、今後はこうした会合の場で、支持者の皆様とのコミュニケーション促進をはかりたいと考えております)

会場:東京都中央区銀座区民館(4号室)
http://www.pb-k.jp/city.chuo.7kuminkan/ginza.html

開催日:平成20年11月3日(祝日)

時間:13:00〜14:30

参加費:無料

備考:飲み物等の差し入れ大歓迎です

==============

文化審議会著作権分科会「法制問題小委員会平成20年度・中間まとめ」に関する意見募集の実施について
意見募集中案件詳細
意見募集期間
平成20年10月9日(木曜日)~平成20年11月10日(月曜日)まで


今回のパブコメは、かなり重要な部分があります。

文化審議会著作権分科会法制問題小委員会平成20年度・中間まとめ(概要)から引用


>2、

○ インターネットを通じて私的領域でも大量・広範な複製が可能となっていること、契約や著作権保護技術等との関係を背景に、私的複製の範囲の見直しを検討。

○ 私的録音録画小委員会では、以下の形態を30条の適用除外とすべきと整理。
  ① 違法複製物等からの私的録音録画(ただし、一定の利用者保護が必要)
  ② 適法配信事業から入手した複物からの私的録音録画

録音・録画意外(プログラムの著作権物等)の取扱いも検討すべきとの指摘。

※ winnyによるファイルの流通状況は、映像関係:19%、音楽関連:13%に対して、プログラム関連:3%。ただし、一部ゲームでは国内販売ソフトの全種類が入手可能。

○ 録音録画以外でも、権利者の不利益が存在すると推察される分野はあるものの、利用者保護の取組等について、現時点で必ずしも明確といえる状況ではない。

○ 私的録音録画小委員会における検討の方向性も踏まえて、今後、利用者に混乱を生じさせないとの観点にも配慮して、検討の熟度に応じて段階的に最終的な取り扱いを判断していくことも視野に検討。


この部分を読んでいただけるとお分かりになるように、権利者、文化庁は「私的ダウンロード違法化」を推進しており、しかも今回パブコメの募集が終了する前に
「私的ダウンロード違法化」の方向性を決めてしまいました。

しかし幸いにも今回パブコメの対象となる資料の中にダウンロード違法化の記述がありますので、ダウンロード違法化に反対している意志を見せる為にも送っておいたほうが良さそうです。

意見を送る際の参考になるサイトをご紹介しておきます。

無名の一知財政策ウォッチャーの独言
第119回:文化庁・著作権分科会・法制問題小委員会の中間まとめと過去の著作物等の保護と利用に関する小委員会の中間整理に対する意見募集の開始

あと今回のパブコメとは関係ありませんが、非常に違和感を感じていることがあります。それは「文化審議会著作権分科会法制問題小委員会平成20年度・中間まとめ」の14ページ~15ページ「第2節 私的使用目的の複製の見直しについて」の(2)被害の現状①ファイル共有ソフトを通じた流通についてで、このようなことが書かれています。


>またプログラム関連ファイルのうち、特にゲームソフトについては、上記と別の調査日における24時間において、NintendoDS用ゲームROMプログラム(以下「NDSソフト」という。)の流通量を調べたところ、NDSソフトのファイルと思われるものが、27万5,979ファイル(1つのファイル内に複数ソフトが含まれているものもあるため、ソフト数に換算すると185万7,988本、また、種類では、国内で販売されているNDSソフトの全種類がダウンロード可能)が流通している旨が報告された。これを全額にすると59億4,556万1,600円相当であり、この額は国内のNDSソフト出荷額1,314億5,900万円(2007年間)の約4,5%に当たる金額とのことである。



つまりソフト会社に限って言えば、メーカ側がいう被害とは「無断で配布されている自社の製品は全てが売れていることが前提」だと言う事です。このような小委員会では被害を強調するためにこのような無断流通を被害総額として出しているのは分からなくもないですが、消費者にとっては疑問に感じるのではないでしょうか?これはたぶん消費者相手に直接取引を行っていないのが原因なんじゃないかと思っています。まあ、いわゆる出荷本数とかいう奴ですね。けど前述したとおりしょうがない部分はあるのですかね?一応該当記事をご紹介しておきます。
アキバのアニメ店舗はネットとどう“戦う”か
たぶんショップさんで働いてる方々は記事に書いてあるような感覚に近いのではないかと思っています。




※いつも情報を頂いてる阿愚根巣さんからの情報です。(いつもありがとうございます)
青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律施行令(案)に対する意見募集
意見募集中案件詳細
意見募集期間
平成20年11月16日(日)まで


今回は施行令案に対するパブコメ募集ということで、なにか意見がある方は送ると良いでしょう。ちなみに自作パソコンはフィルタリングの適用除外となるようです。参考サイトはやはりこちらが詳しく書かれています。

無名の一知財政策ウォッチャーの独言
第121回:青少年ネット規制法の施行令案パブコメ募集

なお今回ご紹介したパブコメについて大変参考になるであろうことが予想される公開勉強会が開かれます。主催は市民団体 名も無き市民の会です。トップページに【公開勉強会のお知らせ】の詳細が書かれていますので是非アクセスしてみて下さい。講師は、MiAUの幹事を務めていらっしゃる中川譲先生です。

市民団体 名も無き市民の会
テーマ:「青少年ネット規制法を考える 〜法規制の背景と規制技術の両面から〜」

ITmedia News
「エロゲーは危険な社会を作り出す凶器」――規制を求める請願、衆議院に

>「アダルトゲームで青少年は心を破壊され、人間性を失う」「ランドセルを背負った小学生の少女をイメージしているものが多く、幼い女の子にとって極めて危険な社会を作り出す凶器となる」――アダルトゲームやアニメ、雑誌の規制を求める請願が衆議院に提出されている。

 「美少女アダルトアニメ雑誌及び美少女アダルトアニメシミュレーションゲームの製造・販売を規制する法律の制定に関する請願」で、10月3日に受理された。紹介議員は村井宗明議員(民主党)。

 アダルトアニメゲーム・雑誌は「幼い少女達を危険にさらす社会を作り出していることは明らかで、表現の自由などという以前の問題」と指摘し、製造・販売について罰則を伴った法律の制定を求めている。1万449人の署名も添えられている。

 一方、児童ポルノ禁止法について、新たに単純所持の禁止などを追加する改正の動きに対し、慎重な議論を求める請願も、255人の署名とともに衆議院に提出されている。紹介議員は保坂展人議員(社民党)。

 児童ポルノ画像や映像の所持・取得に罰則を設けることは「多くのえん罪事件や捜査権の乱用、プライバシー侵害や行き過ぎた監視国家化が引き起こされる」と主張し、新たな罰則を設けないよう求めている。児童ポルノの定義を明確なものにすることや、イラストを同法に含めないことも求めている。



ちゃんと保坂議員のほうも紹介されていますね。良かった良かった。って良くない!
相変わらずカスパルさんに引っかかる議員があとをたちませんね。しかも民主党w

この議員さん。泉健太議員の秘書だったらしいですね。
回の請願騒動が早速ウィキペディアに書き込まれています。

さてこのあとにご紹介するニュースはもっとショッキングなニュースです。
新しい「青少年育成施策大綱」策定に向けたご意見募集
意見募集中案件詳細
1 意見募集期間 
平成20年7月25日(金)から平成20年8月24日(金)まで
予想される弊害は
こちらをご覧下さい。
意見募集は終了致しました。意見を送って頂いた皆様どうもありがとうございました。




携帯電話事業者が提供する「特定分類アクセス制限方式(いわゆるブラックリスト方式)」におけるアクセス制限対象カテゴリー選択基準に関する意見書(案)に関するご意見を募集いたします。
※アクセス制限対象カテゴリー選択基準に関する意見書(案)

(どちらもPDFデーターなので直リンクはせずEMAの該当ページに飛ぶようにしました。)
平成20年8月21日(木)から平成20年9月1日(月)まで
予想される弊害は崎山氏のブログがそのことについて詳しいのでご紹介致します。
意見募集は終了致しました。意見を送って頂いた皆様どうもありがとうございました。

崎山伸夫のBlog
日本における政治的フィルタリングの例
フィルタリングって文化戦争の一環なんだよね
URLフィルタリングによって生じうるセキュリティの問題

またこのパブコメについては意見を送る際の注意事項や、どういった意見を送ればよいかは、こちらのパブコメの情報提供をして下さった阿愚根巣氏のコメントを参考にして下さい。(阿愚根巣さん情報提供ありがとうございました。)





「「インターネット異性紹介事業」の定義に関するガイドライン案」及び「インターネット異性紹介事業者の閲覧防止措置義務(いわゆる削除義務)に関するガイドライン案」に対する意見の募集について
意見募集期間
平成20年8月22日(金)から平成20年9月5日(金)まで
意見募集は終了致しました。意見を送って頂いた皆様どうもありがとうございました。
インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律施行規則の一部を改正する規則案に対する意見の募集について
意見募集期間
平成20年8月22日(金)から平成20年9月20日(土)まで
意見募集は終了致しました。意見を送って頂いた皆様どうもありがとうございました。
予想される弊害はこちらをご覧下さい。
警察庁その他のパブリックコメントはこちらです。
王様を欲しがったカエル
第7回東南アジアにおける児童の商業的・性的搾取対策に関するセミナーにおける傍聴者の募集について

なにやら規制派のウソ話が警察庁の公認を得るというトンデモないイベントが開催されるようです。その傍聴者を募集していますので傍聴される方は鳥山氏のブログ(上記リンク)に募集方法が書いてありますので、そちらを読んで応募して下さい。私は、時間的にも距離的にも無理のような気がします。申し訳ありません。

それと鳥山氏によると、メディア倫理審査機構が児童ポルノ成立を睨み加盟メーカーに「児童に見える」作品を自粛させるよう動いているとのことです。熟女がセーラー服を着てるだけでも駄目らしいのでかなりキツい対応だと言わざるを得ません。

あと、このメディア倫理審査機構は創作物の18禁ゲームの審査も行っています。主な有名加盟メーカーには、ちよれんでおなじみの、age(アージュ)Nitro+(ニトロプラス)Overflow(オーバーフロー)がありますが、もし基準が同じであれば、これらのメーカーの以前の作品は、ほとんどの作品が基準に引っかかる可能性があり、今後このような作品は全く製作できなくなってしまうでしょう。これはコンピュータソフトウェア倫理機構が実行している「5頭身規制」よりも数倍厳しい規制だと言わざるを得ません。これはメーカーにもユーザーにとっても厳しい対応を迫られそうです。このことが児童ポルノ法成立の口実に、むしろ向かわなければ良いのですが・・・
応援よろしくお願いします!
 
プロフィール
 

mudan

Author:mudan
元販売業のはず。なんの知識もなかったはずだが、なぜか店長をまかされるにまで至る。

とある事情があって業界から引退したはずだったが、本業とは別にその後もこっそりと知人の事業に関わったりしているようだ。

最近は冷却期間をおいたこともあって、また業界に返り咲こうと画策している。

野球が好き。

座右の銘は ”思い立ったが吉日”


どうも個人的なサイトではなくなってきたような気がするので、責任感を持たせる為にプロフィールを今までよりも少しだけ情報公開してみました。

当サイトはリンクフリーです。

YAHOO! ニュース
 
ココロ
 
ブログ内検索
 
ためになるリンク集
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。