上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
コンテンツ文化研究会
東京都に対して要望書を提出しました

情報源はカマヤン氏から

カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの虚業日記
[政治][情報統制]東京都青少年・治安対策本部青少年課への要望書

コンテンツ文化研究会の皆様、お疲れ様でした。


さて、国で新たな法律を作る場合、議決の権限は国会にあるわけですが、今回のように地方の条例として制定する場合、議決の権限は議会にあります。

ですから、最終的に議会であの電波条例案を否決させる為には、都議会議員の方々が重要になってきます。

都議会のあらまし(目次)
議決
議案の成立まで

ただ、議決の前に本会議への議案の提出の審議というものがありますから、そこで審議されたものが否決となった場合は、議案は議会へ提出できません。

今回の電波条例案を審議する管轄は解説を見る限り、総務委員会となっています。

委員会の所管

今回コンテンツ文化研究会の趣旨にご賛同された議員は西沢けいた都議あさの克彦都議と書かれておりますが、あさの克彦都議は総務委員会に所属されているようです。又、西沢けいた都議は財政委員会に所属となっております。

常任委員会名簿

本会議へ議案の提出をさせない為には、総務委員会のメンバーで味方の議員を一人でも多く作っておかなくてはいけませんが、今回のコンテンツ文化研究会の行動で電波条例案を審議される所管の委員の一人が、反対にまわってくれたのは非常に心強いことだと思います。

今回は東京都の条例ということで、東京都民以外の方も意見やアプローチを送るに越したことはありませんが、たぶんあまり効果がないのではないかと思っています。ですから解散総選挙の時の保坂議員の選挙の時のようにもう一度東京都に向かって東京都民の方々がアプローチを仕掛けていくのがベストだと思います。

同じサイトですが、以下の都議会議員名簿にリンクしておきます。

議員名簿
選挙区別議員名簿(意見をするなら自分の住んでる選挙区の議員に意見をするのがいいのではないかと思います)


ついでに、電波条例案が検討されている第28期東京都青少年問題協議会議事録都議会議員の名簿の党の所属と委員会の詳細を書いておきます。


村上英子(自)(文教委員会)
遠藤 衛(自)(文教委員会)
花輪ともふみ(民)(公営企業委員会)
松下玲子(民)(環境・建設委員会)
伊藤興一(公)(経済・港湾委員会)
古館和憲(共)(総務委員会)

続きを読む »
応援よろしくお願いします!
 
プロフィール
 

mudan

Author:mudan
元販売業のはず。なんの知識もなかったはずだが、なぜか店長をまかされるにまで至る。

とある事情があって業界から引退したはずだったが、本業とは別にその後もこっそりと知人の事業に関わったりしているようだ。

最近は冷却期間をおいたこともあって、また業界に返り咲こうと画策している。

野球が好き。

座右の銘は ”思い立ったが吉日”


どうも個人的なサイトではなくなってきたような気がするので、責任感を持たせる為にプロフィールを今までよりも少しだけ情報公開してみました。

当サイトはリンクフリーです。

YAHOO! ニュース
 
ココロ
 
ブログ内検索
 
ためになるリンク集
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。